【ブログ初心者向け】SEO(検索)に強い記事の『正しい』書き方

ブログ

  • ブログってどういう記事書けばいいの?
  • 「キーワード」って良く分かんないんだけど…
  • どうすれば「PV」って増えるの?

という悩みに、この記事はとても役立ちますよ!

『SEO(検索)に強いブログ記事の書き方』の手順は下記の「6つ」です。

  1. 記事のテーマ(キーワード)を決める
  2. 最後のまとめ(結論)の内容を決める
  3. 本文の「冒頭」の内容を決める
  4. 目次を作る
  5. 目次の中で書けるところから書く
  6. タイトルを決定する

では、記事作成の手順を説明していきます。

 ※この記事は「ブックマーク」していつでも見れるようにしておくと、記事作成の際に便利ですよ!

  1. 【1】記事のテーマ(キーワード)を決める
    1. 仮の記事タイトルを決める
    2. 「キーワード プランナー」を開く
    3. ブログ記事タイトルの付け方
  2. 【2】最後の「まとめ」(結論)の内容を決める
  3. 【3】本文の「冒頭」の内容を決める
    1. 「冒頭」の役割
  4. 【4】目次を作る
    1. 「ラッコキーワード」を開く
    2. 空欄にキーワードを入力
    3. キーワードの入った目次を作る
    4. SEO(検索)効果もアップ!
  5. 【5】「目次」の中で書けるところから書く
    1. 想像するのが苦手な方は…
    2. 文章が苦手な方へ…
    3. 【重要】文字数は多い方が良い?
  6. 【6】タイトルを決定する
    1. 1、文字数は全角「27文字」前後
    2. 2、選定した「キーワード」を入れる
    3. 3、検索者の気持ちになって考える
    4. 4、他にない「インパクト」で目を引く
    5. 【おすすめ記事】
  7. ■画像作成
    1. 超おすすめ! 無料「画像加工ツール」と「写真素材」
  8. ■推敲
    1. 1)記事タイトル
    2. 2)本文の冒頭
    3. 3)「強調」
  9. 【重要】スマホ画面チェック
    1. 【重要】スマホ対応してるか確認しましょう!
  10. ■ 70~80%の出来でアップ(公開)する
    1. メタ情報の入力確認
    2. すぐ「インデックス登録」をリクエスト!
    3. アクセスアップに重要なのは新記事作成より「更新」!
    4. 70~80%にした方が良い…本当の理由。
  11. ■この記事を読んだ感想いただきました
  12. ■ 最後に
  13. 【まとめ】

【1】記事のテーマ(キーワード)を決める

まず最初に、記事のテーマとなる「キーワード」を決めましょう。

 ▼まだ「キーワード」が決まってない方は、こちらを見て「キーワード」を決めましょう。
→ 自分で考えても絶対に出ない「SEO(検索)に強いキーワード」の見つけ方
https://xn--9ckkn0019c8wwb.jp/treasure-key-words

仮の記事タイトルを決める

まず、選んだ「キーワード」をもとに仮タイトル」を決めましょう。

※ あとでまたお話ししますが「タイトル」はブログ記事において非常に重要です。「タイトル」次第でPV数が変わる!と言っても過言ではありません。

ですので、記事作成の最後に「タイトル」は決定しますが、仮でもタイトルがあった方が記事が書きやすいので最初に「仮のタイトル」を決めましょう。

例えば、「キーワード」が

  • 「アディダス サッカーソックス」

の場合…

「キーワード プランナー」を開く

「キーワードプランナー」を開きます。
 → キーワードプランナー

「キーワード プランナー」はすごく便利で、下記のように「月間平均検索ボリューム」を表示してくれます。

サッカーソックス

「サッカー」では 「ソックス」のことを「ストッキング」とも呼ぶんですが、「キーワードプランナー」を使えば、「サッカー ストッキング」が「100~1,000」の検索ボリュームに対し、「サッカー ソックス」だと「1,000~1万」も検索ボリュームがある…!というように…。

どの「キーワード」に「検索ニーズ」があるのか?を教えてくれます。

他にも、

サッカーソックス1

「アディダス」は出てきますが、「adidas」は全然出てきません。

つまり、「アディダス」の方が「検索ニーズ」があると教えてくれます。

 

さらに、「サッカー ソックス」で検索すると、

サッカーソックス1

激安」というキーワードが目につきますね。

このように、「キーワード プランナー」はとても便利です。Googleの公式サイト」にも下記のように書かれています。

読者が求めているものを把握して提供する

ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。そのトピックについてよく知っているユーザーは、よく知らないユーザーとは異なるキーワードを検索クエリで使用するかもしれません。

たとえば、長年のサッカーファンは「国際サッカー連盟」の略語である「fifa」というキーワードで検索し、新しいファンは「サッカー プレーオフ」のようなより一般的なクエリを使用するかもしれません。

検索行動におけるこのような違いを予測し、(キーワードの語句を上手く取り入れて)コンテンツを記述するときに考慮すれば、良い結果をもたらす可能性があります。

Googleには、新しいキーワードのバリエーションを発見し、各キーワードのおおよその検索ボリュームを確認できる、便利なキーワード プランナーがあります。

引用:Googleヘルプより

ブログ記事タイトルの付け方

キーワード プランナーで調べた情報をもとに「仮タイトル」を決めましょう。

今回は、

  • 「アディダスのサッカーソックスならamazonが激安でお勧め」

にします。

【2】最後の「まとめ」(結論)の内容を決める

記事構成の「最後」に、

  • 【まとめ】

という項目を作って、記事の内容を分かりやすく簡潔にまとめましょう。

例えば、下記のように『箇条書き』にすると分かりやすいです。

また、
下記のような『記事内容の要約』も分かりやすいですね!

読み手が、記事の最後でこれを読むと、
「頭の中がスッキリ」し読み手の満足度が上がります。

この記事、分かりやすい!

って思ってもらえたら、「おすすめ記事」と紹介してる別の記事を読んでもらえるかもしれませんし、 ブックマークして、また後日ブログに来てくれるかもしれません。

 ※実際に私が「検証」してみたところ…「まとめ」の下に「おすすめ記事」を紹介したらPVアップしたよ!

【3】本文の「冒頭」の内容を決める

ここまでの手順は、

  1. 記事のテーマ(キーワード)を決める
  2. 最後のまとめ(結論)の内容を決める

でしたね?

つまり、「記事のテーマ」と「その結論」を考え終えた状態です。

次は、『本文の「冒頭」の内容』(書き出し部分)を決めるのですが、内容は先程考えた「まとめ(結論)」の内容とほぼ同じ内容で構いません。理由はあとで説明します

「冒頭」の役割

検索者が「クリック」したくなる「タイトル」を作成することも重要なのですが、 クリック後に読み手が最初に目にする「冒頭の数行」も非常に重要です。

なぜなら、この冒頭の数行を読んで 「このページには私の知りたいことが書いてあるかも…」 と思わないとユーザーはすぐにページを閉じてしまうからです。

あなたも経験ありませんか?検索してクリックしたページの冒頭を読んで 「あれっ、なんか違うな?このページじゃないな…?」 と感じてページを閉じたことが…。(ありますよね?)

■「検索者」の知りたい事を書こう!

すぐにページを閉じられないために私が「おすすめ」するのは…、

  • 記事のテーマ(キーワード)の「答え」

『冒頭に書く』ということです。

例えば、

  • 「アディダス サッカーソックス」
  • 「サッカーソックス 激安」

という「キーワード」で検索してくる人を想定して、

サッカーソックス6

「冒頭」の文章を下記のようにしました。

もし、アディダスのサッカーソックス(ストッキング)を買うならamazonでの販売価格が激安なのでお勧めです。

たまに、売れ筋ではない白やオレンジの場合、amazonより2~3円安く売っているサイトを見かけますが、サイズ切れの場合が多く、実質アディダスのサッカーソックスを激安で買うならamazonが一番です。

どうですか?

  • 記事のテーマ(キーワード)の「答え」

が書かれてますよね…?

これなら、そのまま画面をスクロールして読み続けてくれますよね?

【4】目次を作る

今回の事例では、下記のような「目次」の構成を考えていました。

  • アディダスのサッカーソックスがおすすめの理由
  • ネットだと実はamazonが安くておすすめ!
  • しかもamazonなら在庫も豊富
  • いつ買うと安い?
  • まとめ

あなたも、上記のような感じで「目次」をざっくり作ってみて下さい。

もし、「目次が全く思いつかないんだけど…」となっても焦ることはありません!

文章を書くのが苦手な人の場合、ここから先が進まない…んですよね!(私も最初のころ、そうでした…)

そこで、おすすめの方法があります!ぜひ、やってみてくださいね!

「ラッコキーワード」を開く

→ 「ラッコキーワード」 を開き「右上」の『新規登録』をクリック。
新しい「ブラウザ」か「タブ」で開いた方が便利です!

「メールアドレス」を入力し「登録」をクリック。

入力した「メールアドレス」宛に確認メールが届きますので、確認して下さい。

空欄にキーワードを入力

ログイン後、空欄に「キーワード」を入力し検索すると画面が変わります。

※今回は「アディダス サッカーソックス」と入力)

この画面に表示された「キーワード」は、「アディダス サッカーソックス」に関連する「キーワード」の中で、Googleでよく検索されている「キーワード」です。

つまり、ここに表示された「キーワード」を目次や記事本文に入れると、Google検索経由でアクセスが集まりやすいという事です。

キーワードの入った目次を作る

では次に、「キーワード」を含んだ目次を作りましょう。

この「目次」というのは「記事の小見出し」の部分のことです。
 ※タグで言うと「h2」の部分になります。

例えば、
「青」を下記のように取り入れてみたり…。

サッカーソックス4

 

「キッズ」「ジュニア」「サイズ」を…。

下図のように取り入れてみたり…。

SEO(検索)効果もアップ!

こんな感じで、キーワードを含んだ「目次」を作ると「SEO(検索)効果」もアップします!

なぜなら、「目次(小見出し)」の下に書く文章は、当然「目次(小見出し)」に関する内容になりますよね…?

検索者が「検索したキーワード」=「知りたい内容」ですから、この手順で記事を書けば、あなたの記事は自然と「検索者が知りたい事」が書かれた記事になるはずなので、検索評価も高まりアクセスアップが期待できる!ということです。

【5】「目次」の中で書けるところから書く

「目次(小見出し)」ができたら、本文を書きましょう。

本文には、その「キーワード」で検索した人が知りたいだろうな思われる内容を、できるだけ分かりやすく伝えることを意識して書いてください。

例えば、先程の「サイズ」「キッズ」の「目次(小見出し)」の下に、私はこのように書きました。(参考に読んでてみて下さいね!

この例の場合、

  • サッカーソックス サイズ
  • サッカーソックス キッズ

という「キーワード」で検索した人の顔を思い浮かべながら、 その人が知りたいだろうな…思われる内容…。

例えば、

『何cmを買えば良いの…?』
『耐久性は…?』
『どこで売っているの…?』

という「疑問を持つ読者の様子」を想像しながら…。

その疑問の答えを、その人に話しかけるような気持ちで出来るだけ分かりやすく書くと効果的です…。

想像するのが苦手な方は…

もし、「疑問を持つ読者の様子」を想像するのが難しい…!という場合は…

「過去のあなた自身」に話しかけるように書く

と上手く書けますよ!

過去の(例えば1年前の)自分に対して「教えてあげる」つもりで文章を書けば良いのです!

そうすると、上手く書けますよ!(これっ、おすすめ!)

文章が苦手な方へ…

あと、もう1つ重要なのが「目次の順に書く必要はない!」ということです。

文章苦手だった私でも、そこそこ文章がかけるようになった「秘訣」は…「とにかく書けるところから書くようにした」…という事です。

 ※とにかく、書き方は自由なので気楽に「書けること」から書いていきましょう。最後に余ってしまった「目次」の項目で「やっぱ、書く内容無いわ…」なんて時もあります…。私はそんな時…、迷わずその目次の項目ごと削除しちゃいます!

 ※書き方にルールなんてありません。あなたの書きやすいやり方で構いません。そして書けば書くほど…あなたの得意なパターンが分かってきますので…安心して下さい!(私もそうでした…!)

最終的に読者が読みやすい流れになっていれば良いので、文章を書く順番は自由です!

【重要】文字数は多い方が良い?

一般的には、文字数が多い記事の方が検索で上位に表示されると言われていますが、最近のGoogleの傾向を見ていると変わってきています。

 ▼最近の傾向をまとめた記事はこちら。

→ ブログ記事は「1,000文字」以下でも大丈夫!SEOに文字数は関係ない!

ブログ記事は「1,000文字」以下でも大丈夫!SEOに文字数は関係ない!
ブログ記事は1000文字以下でも上位表示は可能です。SEOに文字数は関係ないので、1000文字以下のブログ記事でもGoogle検索で上位表示できますよ!

【6】タイトルを決定する

最後に、「タイトル」を決定しましょう。

 ※最初に「仮の記事タイトル」を決めましたが、その後、「まとめ」「冒頭」「目次」…そして本文を書くうちに「タイトル」の方向性が変わる場合が多いので…。私の場合、全く違う「タイトル」になることが多いです。

タイトルを作る際の、ポイントは「4つ」です。

  1. 文字数は全角「27文字」前後
  2. 選定した「キーワード」を入れる
  3. 検索者の気持ちになって考える
  4. 他にない「インパクト」で目を引く

順番に説明すると、

1、文字数は全角「27文字」前後

なぜ、「27」文字かという言うと、Googleで検索表示された時に表示される文字数が「27」文字だから。

例1)

このように、

【ブログ初心者向け】SEO(検索)に強い記事の『正しい』書き方

という「タイトル」だと「全角30文字程度」ため、Googleの検索結果では途中で切れてしまいます。 (※「半角2文字」は「全角1文字」換算)

2、選定した「キーワード」を入れる

「検索者」の目線で考えると…検索結果の「タイトル」にキーワード(クエリ)が入っていた方がクリックしやすいですよね?

 (※ただし、キーワードを詰め込んで日本語として不自然なタイトルにするのは逆効果

3、検索者の気持ちになって考える

もし、あなたが…「タイトル」を見た瞬間に、

この記事に俺の知りたい「答え」が書いてありそう!

って思ったら「クリック」しますよね…?

なので、「検索者の気持ちになって考えて」タイトルを付けましょう!

4、他にない「インパクト」で目を引く

これはどういう事かというと、

  • 目を引く言葉
  • クリックしたくなる言葉
  • 具体的な数字

を「タイトル」に入れることを意識するということです。

詳しい「やり方とコツ」をまとめた記事を作りました。「PVが増えたタイトル」事例を紹介してるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【おすすめ記事】

→ PVが10倍!記事タイトル変えただけでPV増えるって知ってた?

PVが10倍に増えた!ブログ記事タイトルの付け方とコツ
ブログ記事の『タイトル』が悪いのが原因で全然『PV』が増えないっ!って方がたくさんいます。あなたの記事の「PV」が増える『記事タイトル』の付け方とコツをまとめたので、この記事を読んで実践してみてくださいね!

■画像作成

 ※画像が「不要」な記事の場合、この作業はいらないです。

画像作成の手順ですが 「Canva」という「フリーソフト」を使うと簡単です。

私の場合、こんな感じで、
枠をつけたり、矢印や文字を記載して分かりやすくします。
 ↓↓↓

サッカーソックス2

超おすすめ! 無料「画像加工ツール」と「写真素材」

私が使っている、超おすすめの無料「写真素材」と「画像加工ツール」をこちらの記事で紹介してますので参考にしてみて下さいね。

→ おすすめ「無料画像&ツール」

ブログ【収益化】に役立つおすすめツール12選と無料画像
ブログ【収益化】に役立つおすすめの「ブログツール」を紹介します。ツールを活用すれば、限られた時間の『副業ブログ』でも収益化することが可能なブロガー必須のツールです。

■推敲

そして最後に、全体をチェックします。

「初心者」の方は、いろいろやることが多いと大変なので…最初は、この「3つ」だけチェックすれば大丈夫!

  1.  記事タイトル
  2.  本文の冒頭
  3.  強調

1)記事タイトル

  • 「キーワード」が含まれているか?
  • 目を引くタイトルか?
  • 思わずクリックしたくなるか?

をチェックしましょう!

2)本文の冒頭

検索者の知りたい事が「冒頭」に書かれているか?

(※もしくは、「このあとの本文に書いてあるよ!」と読者にちゃんと伝わっているか?)

3)「強調」

ブログの文章で『特に読んで欲しい!』ところは、

  • 太字
  • 赤字
  • 黄色のマーカー

を使おう。

ただし「重要な箇所」にだけ使うこと。使いすぎると画面が「真っ赤」「黄色でテッカテカ」になり、逆に読みづらい。

 ※1つの見出し(h2、h3など)に2~3箇所が適量。それ以上だと逆効果。

では、実際に効果を確認してみましょう!

『×』… 強調『無し』

文字だけだと…内容が頭に入ってこないでしょ…?

『×』… 全て「黄色マーカー」!

「目立つ」けど…逆に見づらいよね…?

『◎』… これが「正解」!

  • 太字
  • 赤字
  • 黄色のマーカー

が「ちょうど良い」バランスで読みやすいでしょ?

【重要】スマホ画面チェック

実は…ブログのアクセス数の「70~80%」は、スマホからのアクセスって知ってましたか…?

ですので、パソコン画面だけでなく、スマホ画面であなたの記事がどう見えてるか、ちゃんとチェックしておきましょうね…!

  • 文字が小さくないか…?
  • 変なとこで改行されて読みづらくなってないか?
  • 画像が小さすぎて見えなくなってないか…?

など…『レイアウトがぐちゃぐちゃ』に崩れてると、すぐ記事を閉じられてしまうので、いつまでたってもGoogle検索で上位表示されません…。

■パソコンで「スマホ画面」チェックできる便利技!

「スマホ」を持ってなくても大丈夫です!

「Chrome(ブラウザ)」を開いて、キーワードの「Ctrl+Shift+I」ボタンを押すだけで「スマホ画面」でどうみえるか簡単にチェックできますよ!(下記参照

【重要】スマホ対応してるか確認しましょう!

あなたのブログの「テーマ」は「スマホ対応」してますか?

Googleは公式に「スマホ対応していないブログは検索順位がダウンする」と発表しているのをご存知ですか?

「Google公式サイト」にも以下のように書かれています。

最近は、ほとんどの検索がモバイル デバイスから行われるようになっています。ウェブサイトのコンテンツを最適化して、どのデバイスでもすばやく読み込めるように、またどの画面サイズでも適切に表示されるようにしましょう。ページがモバイル フレンドリーかどうかをテストしてください。

(引用:Google 検索セントラル

上記の通り、『モバイル(スマホ)端末』での画面表示確認をGoogleも推奨しています。

 

私のブログ、スマホ対応(モバイルフレンドリー)かな…?

…って不安な方は、こちらの記事をみてチェックしておきましょう!

→ 「スマホ対応」しないと検索順位が下がる…

■ 70~80%の出来でアップ(公開)する

「100%満足行く記事にするまで公開しない!」という気持ちで頑張っていると、いつまでも記事を公開できなくなります。

ですので、70~80%ぐらいの出来で公開しましょう。

メタ情報の入力確認

最後に「メタ情報」(下記の3箇所)に入力したら記事を「公開」しましょう!

ここが『空欄』だと「PV」増えないよ!

AFFINGER5メタキーワード

何を「入力」すれば良いの…?

って方は、こちらの記事を確認ください!

→ 「メタ情報」の入力方法

すぐ「インデックス登録」をリクエスト!

記事を「公開」したら、すぐ!に「URL検査ツール」を使って「インデックス登録」をリクエストしましょう!これを忘れると、Google検索順位の上位表示を逃してしまいますので忘れずに!

→ 「URL検査ツール」で早く「インデックス登録」される方法

【ブログ初心者】Googleにインデックス登録をリクエストする方法
Googleにインデックス登録をリクエストする方法を解説。サーチコンソールの「URL検査ツール」を使ってgoogleにインデックスさせることでSEOで検索上位表示される可能性が増えますよ。

アクセスアップに重要なのは新記事作成より「更新」!

勘違いしている人が多いのですが、
新規記事作成するだけで ブログがアクセスアップするわけではありません…

実は、ブログのPVアップに重要なのは、

  • 過去に作成した記事を後日「更新」する事

なのです。 (※実は、これをやっていないブロガーが圧倒的に多い!

 ▼ブログは「更新」しないとアクセスは増えないって知ってました?
→ 【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

【月間2万→10万PVへ】ブログ過去記事リライト・修正7つのコツ
【月間2万PVから10万PVへ】ブログがアクセスアップした過去記事リライト(更新)の7つのやり方と修正のコツをまとめました。もし、あなたが ブログPV増やしたいなら、このブログ記事更新(リライト)を試してください。

70~80%にした方が良い…本当の理由。

上記の通り、記事の更新をすることで、Googleで「検索上位」に表示されるようになり、アクセスアップするので70~80%ぐらいの出来で記事をどんどん公開して、その後の記事更新をする箇所(余白)を作っておきましょう。記事は「更新」しながら内容を100%に近づければ良いのです。

将来、記事更新する頃には、あなたの知識量も今より増えていますので今よりも内容の濃い記事が書けるようになりますしね…。

とにかく、ある程度の記事が書けたらどんどん「公開」しましょう!

■この記事を読んだ感想いただきました

■ 最後に

この手順に沿って記事を書けば、あなたも質の高い記事が書けますよ!頑張ってみてくださいね!

ただし、ブログのアクセス数を増やすには「記事の書き方」はもちろん、それ以外にも…

  1. Googleのルールに沿った「ブログ設定」
  2. 最新の「SEO対策」
  3. 「ジャンル選び」を間違えない

ことがとても重要です!

私がこれまでに見た「250名」のブログのうち、なんと『82%』!の人が何らかの『間違い』が原因で「アクセス数」が増えなかったのです…。

あなたも今すぐこちらの記事を読んで「上記の4つ」の間違いをしてないか…?チェックしてみてくださいね。

 → あなたは大丈夫…?『8割』以上のブロガーが間違っている『4つ』の問題と解決策

あなたは大丈夫…?『8割』以上のブロガーが間違っている『4つ』の問題と解決策
もし、あなたが… 『ブログ頑張ってるのに成果でないな…』 と思ってるなら…。 この記事を読めば解決するかも知れません。 なぜなら… あなたのブログは『このまま続けたら確実に失敗する…』!...

【まとめ】

SEO(検索)に強いブログ記事の『正しい』書き方の手順は下記の「6つ」です。

  1. 記事のテーマ(キーワード)を決める
  2. 最後のまとめ(結論)の内容を決める
  3. 本文の「冒頭」の内容を決める
  4. 目次を作る
  5. 目次の中で書けるところから書く
  6. タイトルを決定する
 ※この記事は「ブックマーク」していつでも見れるようにしておくと、記事作成の際に便利ですよ!
「記事の書き方」って人それぞれ。書き方にも「得意なパターン」があるんだよね。でも最初はそれが分かんないから大変…。
でも、30記事ほど書くと自分の「得意な型」が見つかるから記事を書くってすごく大事!スポーツの基礎練みたいなもの。

つまり、上記の手順があなたにとってベストじゃないかもだけど、ブログ初心者の方は、まずこの手順で記事書いてみると良いと思うよっ!書いてるうちに、自分の「得意な型」が見つかってくるから!

 

 

 

コメント

  1. ハウオリ より:

    初めまして。ブログランキングから来ました。SEO対策ってよく聞きますが具体的にどうやるのかわからなかったのでとても参考になりました。実践したいと思います。ありがとうございます。