WordPressで記事の「メタ情報」を入力(設定・編集)する方法

AFFINGER5メタキーワード ブログ

「メタキーワード」や「メタディスクリプション」の欄って
何を「入力」すれば良いの…?

って方のために、この記事を作りました!

ここが『空欄』だと、いつまでたっても「PV」増えないよ!

だから…記事作成したら必ず「メタ情報」忘れずに入力しましょうね!「WordPressブログ」では「メタ情報」を入力することで、検索からの「アクセスアップ」が期待できます。

 

 

■「メタ情報」の入力方法

AFFINGER5」をお使いの場合は、Wordpressにログイン後、各記事の「投稿を編集」画面の下の方に下記のように「3つ」の入力欄があります。

AFFINGER5メタキーワード

  1. titleタグ
  2. メタキーワード
  3. メタディスクリプション

それでは順に説明します。

1)titleタグ

ここには「記事のタイトル」と同じものを入力します。

WordPressタイトル

 

「Googleの検索結果画面」では、 下図のように表示されます。

google検索結果1

2)メタキーワード

「メタキーワード」の欄には「キーワード」を必ず入力しましょう。

「2つ」以上ある場合は「カンマ(,)」区切りで入力します。

例えば、

ブログ PV,ブログ アクセスアップ

のように入力します。「キーワード」は最大でも「3つ」程度にしましょう

3)メタディスクリプション

記事の内容を要約した説明文を入力します。最大でも「120文字」程度が理想です。当然、上記の「メタキーワード」に入れたものが含まれるようにしましょう。

例えば、

メタディスクリプション

のように入力します。

「メタディスクリプション」に入力した内容は「Googleの検索結果」では下図のように、タイトルの下に表示されます。

google検索結果2

「検索した方」がここに記載された文章を読んで「クリックするか?」を判断することがあるので、「メタディスクリプション」に何を書くかは非常に重要です。

そこで、私が「おすすめ」するのは「2つ」。

  1. 記事の「冒頭」部分の内容
  2. 最後のまとめ(結論)の内容

の「どちらか」を入れることです。

【補足】

「メタキーワード」に関しては、2009年9月に「Google」は「メタキーワードを検索順位を決定づける要素として利用していない」と回答しています。

しかしながら、下記のような回答も掲載されています。

Q: Does this mean that Google will always ignore the keywords meta tag?
A: It’s possible that Google could use this information in the future, but it’s unlikely.

Googleが将来この情報(メタキーワード)を使用する可能性はあります。可能性は低いですが…。

実際のところ、私が最近「テスト」した結果ではSEO効果があるように感じています。(偶然かも知れませんが)いずれにしても、将来突然Googleの「方針」が変わることもあるので「メタキーワード」も入力しといた方がよいかなぁ~と思ってます。(そんな面倒な作業じゃないしね)

【まとめ】

ここまで読んで気づいたと思いますが、3つの「メタ情報」

  1. titleタグ
  2. メタキーワード
  3. メタディスクリプション

に入力する際に共通かつ『重要』なのは「キーワード」です。

「メタ情報」には必ず「キーワード」を入力してくださいね。

【おまけ】

「メタ情報」はいつも「空欄」のままです!という反応が「ツイッター」で多かったので、この記事を作成しました!

 

フォロワーさんの声が「きっかけ」でこの記事が誕生しました!

ありがとうございました!

 

 

 

コメント