SEOに文字数は関係ない?1000文字以下でも上位表示は可能!

seo文字数

SEOに文字数は関係ない!1000文字以下でも上位表示は可能です。

実際に、Googleで検索していると500文字も無いのに検索で1位に表示されているキーワードというのをよく見かけます。

では、1000文字以下でも上位表示されるキーワードって何なのでしょうか?



■SEOに文字数は関係ない?1000文字以下でも上位表示は可能!

Googleが検索順位を決定する2つの最重要項目とは

  • 1.「コンテンツ」
  • 2.「被リンク」

Googleのアンドレ・リパセフ氏(Googleアイルランド上級ストラテジスト)が公表し話題となっています。

  ※「コンテンツ」とは、あなたのブログに書かれた「記事の内容」の事です。
  ※「被リンク」とは、あなたのブログや記事(ページ)に他サイトから貼られたリンクです。

それを受け、
SEO対策では、コンテンツの文字数が重要とネット上では言われていますが本当なのでしょうか?

■Googleには文字数のアルゴリズムは無い…

先日、Googleが

  • 「検索順位決定のアルゴリズムに文字数は含まれていない」

と発表し大きな話題となっています。

しかし、実際にGoogleで検索して上位表示されるページを見ると、文字数が多いページが上位に表示されているような気がします…。

Googleは検索順位に文字数は関係ないと発表しているにもかかわらず、実際には文字数の多いページがSEOで有利な傾向があるように感じるのはなぜでしょうか?

「単一ワード」は文字数が多くなって当然…

これまでは、SEOの考え方として文字数が多いブログ記事の方が、検索で上位に表示されると言われていました。

例えば、
「生クリームダイエット」
というキーワード(クエリ)があったとします。
 ※「生クリームダイエット」というのは説明用に私が適当に作った言葉です。

この場合、Googleの検索結果で上位表示されるサイトには、
「生クリームダイエット」の、

  • 「やり方」
  • 「効果」
  • 「費用」
  • 「痩せる」

などの内容が詳しく書かれた「文字数」の多いページ(ブログ記事)が上位表示されるはずです。

なぜかと言えば、

「生クリームダイエット」

という「単一ワード」であれば、当然含まれる情報が多くなるため、記事の文字数も必然的に多くなるからです。

文字数1000以下のブログ記事でもGoogleで上位表示される!

しかし、例えば、

「生クリームダイエット 芸能人」

という「複合キーワード」の場合は、
「生クリームダイエット」を紹介した「芸能人」について書かれたページが上位に表示されるはずで、
「生クリームダイエット」の

  • 「やり方」
  • 「効果」
  • 「費用」
  • 「痩せる」

などの内容が細かく網羅されているページは逆に上位に来ない。

最近のGoogleの傾向を見ていると、「文字数」が多いというよりは、
ユーザーの検索キーワード(クエリ)の答えに「的確」かつ「簡潔」に回答しているページの方が上位に表示されているようです。

つまり、
「生クリームダイエット 芸能人」
ということを知りたくてユーザーは検索したのだから、
その答えを「簡潔」にまとめたページが検索上位に来る
という傾向があります。

ブログ記事の文字数とSEOは関係ない!

これまでの考えだと、
「生クリームダイエット」の「芸能人」に関する情報だけでなく、

  • 「やり方」
  • 「効果」
  • 「費用」
  • 「痩せる」

などの内容も詳しく書かれている「文字数」の多いページ(ブログ記事)の方が、Googleの検索では上位に表示されていたのですが、最近はこの傾向が変わってきています。

話を整理すると、
記事には、検索キーワード(クエリ)への回答が書かれている事が重要であり、それ以外の内容が書かれていて「文字数が多い」ページは検索上位に表示されにくい傾向のようです。

ですので、
文字数に関して議論することは、あまり重要ではない
ことが分かっていただけると思います。

■1記事1000文字も必要ない「キーワード」とは?

ですが、1つのキーワード(クエリ)に対する答えを文章にまとめると、だいたい「1,000文字以上」にはなるというのが私の感覚です。もちろん、500文字もあれば十分というキーワード(クエリ)もあって、

Googleで検索していると500文字も無いのに、
検索で1位に表示されているキーワード(クエリ)というのをよく見かけます。

例えば、

  • 長い説明が必要のないキーワード
  • ライバル(競合サイト)が少ないキーワード

であれば、1記事1000文字も必要ないでしょう。

ですので、無理やり文字数を増やそうとして、キーワード(クエリ)と関係のない内容を増やしても意味がありません。

ユーザーの視点に立って、

「私が知りたいのは●●の情報」

の「●●」の部分だけが分かりやすく
簡潔に書かれているかを注意してみて下さい。

「●●」というのが、
ユーザーが検索した「キーワード(クエリ)」です。

その「キーワード(クエリ)」の答えに「的確」かつ「簡潔」に回答している記事を作成してみて下さい。

例えば、
「生クリームダイエット 芸能人」
というキーワード(クエリ)であれば、
「生クリームダイエット」を紹介した「芸能人」についてだけを書く!

そして、

  • 「やり方」
  • 「効果」
  • 「費用」
  • 「痩せる」

などの内容はあまり書かないようにして下さい。

もちろん全く書かないとなると、キーワードによっては記事を書きづらい場合もあるでしょうから、ゼロにする必要は無いです。

とにかく無駄に、あれもこれもと内容を詰め込んで記事の文字数を膨らませることは逆効果になる傾向がありますので、是非注意して下さいね。

何度も言いますが、
ダラダラとキーワード(クエリ)と関係の無い話題を書いて文字数を5000文字…、1万文字…と増やしたところでSEO効果は無い
と思ってください。

【まとめ】SEOに文字数は関係ない?1000文字以下でも上位表示は可能!

「ブログ記事の文字数は 1,000文字以上ないとSEO効果がない!」という噂がネット上では存在しますが、

実は…
「ブログ記事の文字数とSEOは関係ない」

という傾向がGoogle検索でも出ていて、
実際にGoogleで検索していると500文字も無いのに検索上位に表示されているキーワード(クエリ)というのをよく見かけます。

記事作成の際に大切なのは文字数を増やす事では無く、
ユーザーの視点に立って、

「私が知りたいのは●●の情報」

の「●●」の部分が分かりやすく簡潔に書かれているということです。

例えば、

  • 長い説明が必要のないキーワード
  • ライバル(競合サイト)が少ないキーワード

であれば、1記事1000文字も必要ないでしょう。

ブログ アクセスアップ関連記事

 → ブログ100記事で検索からアクセス数増えるって噂は本当?

 → ブログ記事更新すると何日ぐらいでアクセス数は増えるの?

 → 私が実践して効果大だったブログアクセスアップ3つの方法

 → ブログでどんな記事を書いたらアクセス10倍に増えるか分かった!

 → ブログのアクセス数が激減し困ったら…今すぐ何すれば良い?

 → ブログ100記事書いて変わったこと悪い事も正直に書きます

Google 検索上位表示テクニック 関連記事

 → 初心者必見!過去記事更新で続々と検索上位表示される2テク

 → どうすれば1円も払わずに検索上位表示されるか知ってる?

 → Googleに1秒でも早くインデックス登録される方法

 → ブログ初心者必見!Fetch as Googleでインデックス登録を早める方法

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*