スポンサーリンク

競合サイトが強いか?弱いか?…簡単に分析する方法(見分け方)

競合サイト分析 検索結果 ブログ

【2019年8月23日 更新】

ブログ記事を作成する時、キーワード選びの際に「競合サイト」が強いか…?弱いか…?の分析を間違えると、Googleの検索で上位に表示されず、なかなかPVが増えず…記事を書いた労力が無駄になってしまう事があります。

そこでこの記事では、競合サイトが「強いか?弱いか?」…を簡単に分析する方法(見分け方)を紹介します。

■検索上位に表示される競合サイトをチェック

Googleであなたのブログ記事が検索結果の何位に表示されるか?は、簡単に言ってしまうと競合サイトとの比較になります。

つまり、競合サイトの内容が弱い場合…、上位表示を狙うのは比較的簡単ですが、その逆もあるという事です。

あなたがこれから記事を書こうと思っている「キーワード」で、今、Googleで検索したときの上位10位までのブログ記事をチェックしてみて下さい。

それらの記事よりも

  • 「ユーザーに喜ばれる内容」
  • 「ユーザーが知りたい内容」

を書ければ上位表示される可能性が高くなります。

■キーワードをチェック

例えば、「卒園式 スーツ ママ」という「複合キーワード」の場合…。

競合サイトキーワード分析

 

Googleを開いて、「卒園式 スーツ ママ」で検索して上位に表示される「競合サイト」をチェックしてみましょう。

すると…、

競合サイト分析 検索結果 競合サイト分析 検索結果

 

上位に表示されたサイトを見てみると…。

ほとんど「通販サイト」で、個人ブログが1つだけ…。

Googleの検索結果の上位の競合サイトが「強いか?弱いか?」を判断する基準としては、記事の内容はもちろんなのですが、

それ以上に、

  • Amazonや楽天など「通販サイト」
  • 大手上場企業の「公式サイト」

が上位に並んでいる場合は、避けた方が良いです。(それらのサイトより上位に表示するのは難しいので…

ですので、今回の例に挙げた「卒園式 スーツ ママ」で記事を作成しても検索上位表示は難しいです…。逆に、検索上位のサイトに「個人のブログ」などが多い場合は、かなりチャンスあり!です。

■競合サイトが「弱い」場合とは…?

「競合サイト」が「弱い」というのは、どういう場合かというと…。

例えば、

「卒園式 スーツ パパという「複合キーワード」を見てみましょう。

 ※先程は、「卒園式 スーツ ママ」でしたが、今回はパパです。

早速、検索して上位に表示される「競合サイト」をチェックしてみましょう。 

すると…、

競合サイト分析 検索結果

このように、「卒園式 スーツ パパ」だと、検索上位のサイトが「個人のブログ」ばかりなので、かなりチャンスあり!です。(1件だけ、企業「ベネッセ」の運営しているブログでした…)

ただ、最初は「競合サイト」の分析と見極めについては、なかなか判断が難しいと思うので、そういう場合は、いつでも遠慮なく質問して下さいね。

【まとめ】競合サイトが強いか?弱いか?…簡単に分析する方法(見分け方)

もし、あなたがGoogleで上位表示された「競合サイト」よりも内容の充実した記事を書けば、半年どころか、3カ月程度…、もしかしたら、それよりも短期間であなたの記事が上位に表示される可能性もあります。

ただし、ブログ始めたばかりの方は、まずは「記事を書く事」を優先して、最初はあまり競合サイトの事は気にせず、好きなことを自由に書いても構いません。

記事作成に慣れてきたら「競合サイト」の事も少しずつ意識する…という感じでも大丈夫です。

 

■ブログ アクセスアップ 関連記事

● → 【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

● → ブログ100記事で検索からアクセス数増えるって噂は本当?

● → ブログ記事更新すると何日ぐらいでアクセス数は増えるの?

● → ブログでどんな記事を書いたらアクセス10倍に増えるか分かった!

● → ブログ100記事書いて変わったこと悪い事も正直に書きます

● → 【アクセス数アップ】するブログ記事の書き方とタイトルの決め方

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました