トヨタ自動車株 14期分の配当金と配当利回り、株価推移

トヨタ自動車配当利回り2

以前の記事、
 トヨタ自動車の株を7年間持っていた結果。配当金の合計は?
を見た方から、

  • トヨタ自動車株の「配当金」「配当利回り」「株価」って7年間どうだったんですか?
  • リーマンショック後に株を購入する時はどんな気持ちだったんですか?

という質問を受けたので、
当時のことなどを思い出しながら14期分の 配当金と配当利回り、株価推移 をグラフにまとめました。

トヨタ自動車株の配当金、株価、配当利回りの推移(過去14期)

日付 1株当たり配当金(円) 株価(円) 配当利回り(%)
2010/12 20 2,998 0.67% 
2011/6 30 3,350 0.90% 
2011/12 20 2,688 0.74% 
2012/6 30 3,570 0.84% 
2012/12 30 3,040 0.99% 
2013/6 60 4,860 1.23% 
2013/12 65 6,270 1.04% 
2014/6 100 5,826 1.72% 
2014/12 75 6,463 1.16% 
2015/6 125 8,383 1.49% 
2015/12 100 6,971 1.43% 
2016/6 110 5,952 1.85%  
2016/12 100 5,779 1.73% 
2017/6 110 6,042 1.82%

※上記の株価は権利確定日頃(9月末、3月末)の終値です。

 

トヨタ自動車株 14期分の配当金推移グラフ

表だと分かりづらいので、グラフを作ってみました。
  ※ このグラフは エクセル(Excel 2010)で作成しました

トヨタ自動車株の「1株当たり配当金」の推移をグラフにしました。 

エクセルグラフ7

エクセルで簡単にグラフが作れます。分かりやすくまとめた記事はこちら。
  → 【図解】小学6年生でもできる「エクセルで2軸グラフ」作成

過去にはトヨタ自動車株の配当金でも厳しい時期が…

2010年12月(2010年9月末の中間配当金)から2012年12月期(2012年9月末の中間配当金)までは配当金20円~30円と厳しい時代が続きましたが、 2013年6月(2013年3月末の期末配当金)に60円に乗せると、その後は順調に配当金は伸びていきました。

2015年6月(2015年3月末の期末配当金)に「1株当たり配当金」が125円になってからは、配当金は100円以上で安定していますね。

私自身はトヨタ自動車の関係者ではありませんが、株価が上がり配当金が上がり、配当利回りもアップしたことに関してなんか感慨深いものがあります…。
ずっとトヨタ自動車の株を持っていて良かった。と嬉しい気持ちになります。

トヨタ自動車株 14期分の株価推移グラフ

当然ですが、「1株当たり配当金」は「株価」とリンクしていますね。
グラフにして比べると良く分かりますね。

トヨタ自動車配当利回り1

トヨタ自動車株の上昇とともに配当金もアップ

私は、2010年から現在まで7年以上、トヨタ自動車の株を保有していますが、今思えば、 リーマンショックの後に(今考えれば)安い株価でたまたま運よく購入できたようです。

こうやってトヨタ自動車株のチャートを見て、今振り返れば「買い時だったね」って話ですが、 当時購入を決断した時は心臓バクバクものでした。

株価が下がって含み損で塩漬けでも配当金はもらえる

株価がもっと下がるんじゃないか…と不安でしたし、トヨタ自動車株のチャートを見ての通り、 株価は2012年12月頃まで、つまり私がトヨタ株を購入してから丸2年以上もの間、 上昇する気配もなく、約2年ぐらいの期間、株価が購入額を下回っており、私の購入したトヨタ自動車株は含み損を抱えていました。

そのうち株価も上がるだろう…と頑張って耐えていましたが、そんな我慢の中、配当金がもらえたのは嬉しかったですね。やはり株価が下がっていてももらえる、株の配当金は魅力的ですね。

トヨタ自動車株 14期分の配当利回り推移グラフ

こちらはトヨタ自動車株の「配当利回り」の推移のグラフです。 

トヨタ自動車配当利回り2

トヨタ自動車株の配当利回りは魅力

銀行に預けても低金利の時代ですから、 現在の1.8%以上の配当利回りはめちゃくちゃ美味しいですよね。
 
しかも、これって半年分の配当利回りですからね。

数字だけの話をすれば、
低金利時代の今、2010年の頃の0.67%も決して悪い配当利回りではありません。
当時でも年間にすれば、1%の配当利回りを余裕で超えているわけですからね。

配当金と配当利回りの高さが長期投資に魅力

ただ、株式の場合は株価が大きく下がって含み損をかかえるリスクがありますので、 購入するタイミングが重要ではありますが、 配当金は株価が高い低いに関係なくもらえる(もちろん配当金の額は異なります)ので株というのは長期投資としては本当に魅力的です。

もちろん「トヨタ自動車株」と言えども、過去には配当金の額が厳しい時代もありました。例えば、2010年12月頃は「1株当たり配当金」は20円でした。しかし、4年半後の2015年6月には「1株当たり配当金」が125円になり、それ以降は、100円以上で安定しています。

このように「トヨタ自動車株」のような株式を購入し、10年規模の長期投資として考えるのであれば 有効な資産運用先だと個人的には思っています。配当利回りも高く安定していますからね。これから、どこの株を買おうかな?と迷っている方であれば、配当金と配当利回りのチェックを忘れずに。

まぁ、そんな事言えるのも、私がたまたまラッキーな安値で買えたからっていうだけなんですけどね…。 はっきり言って、まぐれですが…。

トヨタ自動車の株価推移は?

トヨタ自動車株価出典: トヨタ自動車(ヤフーファイナンス)

現時点だと最低購入資金は64万円から

トヨタ自動車株の購入単位は100株からとなっていますので、 現時点での購入額は、

6,446円(株価)×100株で、644,600円となります。

トヨタ自動車の株価予想と見通し

近年は、株価5,000円を底に安定している感じですので、
今後、株価が6,000円を下回る瞬間があったらトヨタ自動車株の購入を決断する良いタイミングかもしれませんね。 

【まとめ】トヨタ自動車株 13期分の配当金と配当利回り、株価推移

今期も絶好調のトヨタ自動車株ですが、リーマンショック後は株価も低迷し、 なかなか業績も回復せず、配当金と配当利回りもあまり良い状態ではなく当時の私も正直「大丈夫かな…?」と不安に感じていました。

面白いもので、過去の株価チャートを見ると 「あぁ~、もっと買っときゃよかったなぁ~」なんて思ったりするもんですが 当時の心境で言えば清水の舞台から飛び降りるような感覚。この株価で買って大丈夫かな?もっと株価下がるかもな…もう少し株価下がったら買おうかな…。と迷ったものです。

トヨタ自動車株はネット証券で購入したんですが、 なかなか「購入ボタン」をポチっと押せなかったのを覚えています。 手がプルプル震えちゃってましたからね。さすがに、amazonで日用品を買うのとは、わけが違いますから…。

高配当金、配当利回りが続くトヨタ自動車株

そんなトヨタ自動車株も現在では株価も上昇し、高配当金、高配当利回りが続いています。正直、トヨタ自動車株を購入した時は、ここまでの配当金と配当利回りになるなんて想像していませんでした。株価も当時予想していた株価を大きく超えています。

この結果を見ると、
やはり「株の長期保有ってスゴイなぁ…!」と感心してしまいます。

私のような人間でも、これだけ配当金がもらえるのですから、 ソフトバンクの孫さんをはじめ 自社の株を大量に所有している方々は、  毎年、配当金だけでウハウハな収入を得ているんだな。 という事が、よ~く分かりました。

私が7年間持っていたトヨタ株の配当金総額についてまとめた記事です。
結構な不労所得になっていてビックリしました…
 → トヨタ自動車の株を7年間持っていた結果。配当金の合計は?

配当金だけでなく、株主優待が優れものの三越伊勢丹株もおすすめです。
 → 三越伊勢丹の株買って良かった!株主優待も凄いぞ!
 → いつでも10%オフ!三越伊勢丹の株主優待カードは凄いぞ!

トヨタ自動車株 関連記事

 → トヨタ自動車の株を7年間持っていた結果。配当金の合計は?

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*