最新!ネットのお得情報まとめ

注目の米地区連銀経済報告、マイナス要素もドル円はやや円安へ

米地区連銀経済報告

注目の米地区連銀経済報告はドル円にとってマイナス要素で、本来は円高方向に動くはずでしたが何故かやや円安へ。

本日の相場は110.8円から111.1円とかなり狭いレンジ相場ですが、110.5円の下値抵抗線が感じられ、強気の円安転換の予兆が感じられます。

今後のドル円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

トランプ大統領ロシアゲート疑惑 8日のFBI長官証言に注目

トランプ大統領FBI

為替市場で注目の トランプ米大統領のロシアゲート疑惑  ですが、コミー前FBI長官証言が6月8日となりそうです。

そうなれば、英国議会選挙と重なるため要注目の1日になるかも知れません。

トランプ大統領のロシアゲート疑惑は円高材料のため、急な円高変動には注意が必要です。

その辺りの影響について詳しく解説します。

続きを読む

ポンド円143円へ回復も今後の英国議会選挙報道の急変に要注意

英国議会総選挙

昨日31日の英国議会選挙に関する予測報道を受け、ポンド円は141.75円近辺へ急落。

しかし欧州時間に突入後、一気に143円を急回復。この急騰の理由が全く市場には出回っていないだけに不透明感が大きいポンド相場。今後もまだまだ不安定な動きが予想されるだけに仕掛けのタイミングにはくれぐれもご注意ください。

今後も「6月8日の英国議会選挙」の前には、このような突発的なニュースによる相場の急変動が予想されますので、慌てずポンド円の仕掛けのタイミングを待ちましょう。

その辺の仕掛けのタイミングについて詳しく解説します。

続きを読む

米ナスダック指数が過去最高値を更新…その秘密とは?

ナスダック指数

現在の米国の株価上昇をけん引するのは「第4次産業革命」を担うAI(人工知能)などを中心とした10年に1度の「世界的ハイテクブーム」と言われています。

すでに過熱感が警戒されるも米ナスダック指数は過去最高値を更新し続けています。

アメリカのナスダック指数が過去最高値を更新したその秘密について詳しく解説します。

続きを読む

ポンド円急落141円台 英国議会選挙の保守党議席不足報道

英国議会選挙保守党

今朝の6時半頃、ポンド円は英国議会選挙に関する「英保守党、過半数に16議席届かない可能性」との報道を受け、大きく反応。
1円近い急落で、141円台をつけました。

今後も「6月8日の英国議会選挙」の前には、このような突発的なニュースによる相場の急変動が予想されますので、慌てずポンド円の仕掛けのタイミングを待ちましょう。

その辺の仕掛けのタイミングについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド円予想 英国議会選挙意識して急変動リスクに要注意

英国議会選挙

ポンド円は英国議会選挙を意識した急変動リスクに今後も注意が必要です。

今後、ポンド円を仕掛けるタイミングは選挙前」です。

選挙の事前調査結果がニュースとして発表されるタイミングで為替相場は選挙結果を選挙前に織り込んでしまいますので、実際の選挙結果が発表された後は相場の変動は実はあまりないのです。ですので、選挙前の絶好のタイミングを狙いましょう。

その辺のコツについて詳しく解説します。

続きを読む

トランプ大統領ロシアゲート疑惑 コミー前FBI長官証言に注目

トランプ大統領ロシアゲート

米国の為替市場では トランプ米大統領のロシアゲート疑惑  に注目が集まっています。中でも要注目はコミー前FBI長官の議会証言。早ければ30日、もしくは6月5日以降の実施が見込まれています。

先週あれだけの円高要素がありながら、狭いレンジ相場にとどまったのは円安反転の前兆。一気に円安に加速するサイン。今週はついにレンジ相場を抜けて113円をターゲットに円安が進むと予想します。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む