Gmailアドレスを簡単(5秒)に追加する方法【超便利】

gmailアドレス追加方法

最近、ツイッターで複数のアカウントを持ったり、アメブロなどの無料ブログを複数作る人が増えているようです。

しかし、複数持つためには、アカウント毎に異なるメールアドレスが必要になる場合が多く、
フリーメールアドレスを何個も作るのが面倒
という声を最近チラホラ聞きます。

そんな中、先日、偶然にも知人から
Gmailならメールアドレスを一瞬で、しかも無制限に増やせるよ」
と教えてもらい、調べてみるとその仕組みにビックリ!
さすがGmailさん。

あまりにも便利すぎるので早速皆さんにもシェアしなきゃ。
ということで、まとめました。

やり方は2種類あります。
まずは、1つ目から…。

 

メールアドレスを一瞬で増やす方法 1

Gmailでは、ユーザー名の後に「+任意の文字列」を付け加えて使用できます。

例えば、あなたが既に「abc@gmail.com」を使用している場合、ユーザー名である「abc」の後に「+任意の文字列」を付け加えるだけで、「abc+任意の文字列@gmail.com」のようなメールアドレスを使用できるようになります。

例えば、このようなメールアドレスです。

abc+blog@gmail.com
abc+tokyo@gmail.com
abc+123@gmail.com

上記の赤字部分を変えれば、いくらでも、それこそ無制限にメールアカウントを追加できるのです。

ちなみに、これらのメールアドレス宛てに届いたメールは全て「abc@gmail.com」に届きます。

 

それでは実際に試してみます

本来のメールアドレスに「+test」を付けたメールアドレスに対してメールを送信してみます。

gmail送信テスト

 

Gmailに届いたメールを開いて「宛先メールアドレス(下記画像の赤線を引いた部分)」を確認してみます。

すると、先程、宛先に入力した(「+test」を付けた)メールアドレスのまま届いています。

gmail受信画面

 

このように、
あなたが既に使っているアドレスに「+任意の文字列」を付け加えるだけで、追加作成した全く新しいメールアドレス同様に使用することができます。

ですので、例えば、あなたがツイッターアカウントを追加したい場合、新しいGmailを取得する必要は無く、

abc+twitter1@gmail.com
abc+twitter2@gmail.com
abc+twitter3@gmail.com

のように、
上記の赤字部分を変えれば、いくらでも、フリーメールを簡単に(ものの数秒で)作ることができるのです。

これは、めちゃくちゃ便利っ!!さすがGmailさん!

追加テクニック

これまで説明したとおり、
下記の、メールアドレス宛てに届いたメールは全て「abc@gmail.com」に届きます。

abc+twitter1@gmail.com
abc+twitter2@gmail.com
abc+twitter3@gmail.com

もし、あなたが、
「abc+twitter1@gmail.com」に届いたメールと
「abc+twitter2@gmail.com」に届いたメールを混同したくない場合は、
メールアドレス毎にフィルタルールを作れば「振り分け設定」ができますので、メールが混同する心配もありません。

詳しくは、こちらの公式ヘルプを参考にしてください。
 ↓↓↓
Gmailヘルプ(メールのフィルタルールの作成方法)

 

それでは次に、もう1つの方法です。

メールアドレスを一瞬で増やす方法 2

Gmailではメールアドレスの「@」以前の箇所において、ピリオド(ドット)の数や位置が異なっても同じメールアドレスとして扱われます。

例えば、Gmailで取得したメールアドレスが「johnsmith@gmail.com」の場合、
次のアドレス宛てのメールはすべて同じ「johnsmith@gmail.com」に届きます。
(私はこの事実を知った時、マジで驚きました…)

johnsmith@gmail.com
jo.hn.smith@gmail.com
john.smith@gmail.com
j.o.h.n.s.m.i.t.h@gmail.com

この方法の場合、
先程のユーザー名の後に「+任意の文字列」のように無制限にと言うわけにはいきませんが、便利な方法であることは間違いありません。

Gmailのヘルプを見たら分かったんですが、この仕組みはそもそも、メールを送る側がアドレスの「.」の場所を間違えてメールアドレスを誤入力してもメールが届くように。というお助け便利機能だったんですね。さすがGmailさん!

 

Gmailヘルプより
 ↓↓↓

gmailヘルプ画面

 

ここで、1つ疑問が…!

じゃあ、もしかして、ピリオド(ドット)を間違えて入力したら、他人宛のメールも受信しちゃうってこと?それって「個人情報●●」じゃない?ヤバくない?
そう思って、試してみたんです。

私の場合、
メールアドレスは下記画像の通り、ピリオド(ドット)なしです。

gmailアカウント画面

 

で、Gmailの新規アカウント取得画面にて、
ピリオド(ドット)入りのアドレスが取得できるか試したところ…。

gmail新規登録画面

あっ、なるほど!

さすがGmailさん!素晴らしい。
ピリオド(ドット)の数や位置が異なっても同じメールアドレスとして扱われるので、取得不可になるんですね!あ~良かった。(そりゃそうか…)

 

ただし注意点が2つ

ただし、ピリオド(ドット)は

  • 連続して使ったりできない
  • 「@」の直前には使用できない

ので、
下記画像のように、そもそも新規で取得できないようになっています。
ご注意ください。

gmail新規登録画面エラー

 

gmail新規登録エラー画面

 

まとめると…

頭がごちゃごちゃになりそうなので、整理しましょう。

下記のように、ピリオド(ドット)は連続で使用しなければOK。
あと「@」の直前でなければOKです。

johnsmith@gmail.com
jo.hn.smith@gmail.com
john.smith@gmail.com
j.o.h.n.s.m.i.t.h@gmail.com

ですので、下記はNGです。

john..smith@gmail.com
john.smith.@gmail.com

 

【まとめ】Gmailアドレスを簡単(5秒)に追加する方法【超便利】

さすがGmailさん。という感じの驚きの機能でした。実に素晴らしい!!

あなたもGmailを早速作りましょう!

「Gmail」の取得方法を図解でわかりやすくまとめました。
 → 無料でメールアドレスを取得する方法(Gmail作成方法)

もし、あなたが
ツイッターで複数のアカウントを持ったり、 アメブロなどの無料ブログを複数作る場合には、
この機能って、とっても便利ですよ。

他にも、

  • ブログやSNSなどネットで公開しても良いアドレス
  • 資料請求や無料サンプル申し込み用
  • Webサービスやツールなどの登録用
  • 無料レポートやメールマガジンなどの登録用
  • アンケートモニターのアンケート回答

にはプロバイダメールアドレスを使わずに
Gmailを使うとスパムメールや迷惑メールに悩まされることもなく凄く便利です。

使うサービスごとに

「abc+blog@gmail.com」
「abc+melmaga@gmail.com」

というように使い分けると、
それぞれのサービスから送られてきたメールが混ざらないので便利ですよ。

そのあたりの使い分けのポイントを分かりやすくまとめた記事はこちら(人気記事です
 → 【プロ直伝!】賢いメールアドレスの使い分け

 

Gmailでの一斉配信について

【追記】2017年1月26日

「Gmail」でメールを一斉配信できるのかテストしたところ、結果は 30名までならOK。
それ以降は、送信エラーで送れませんでした。
どうやら大量のアドレスへの一斉配信は迷惑メール対策として送信エラーになってしまうみたいです。
その時の検証結果をまとめて記事です。

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 

Googleアカウントに不正アクセス。乗っ取り事件発生!

【追記】2017年3月8日

私が突然襲われた「不正アクセス」の恐怖体験の一部始終をまとめました。

幸いなことに全く被害はなく、Gmail及び、Googleアカウントのセキュリティの高さに驚くとともに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつあなたの身に同じことが起こるか分かりません。念のためこの記事を一読しておいて下さい。

 → 【恐怖!】グーグルアカウント不正アクセス乗っ取り事件発生

 → Googleアカウントに突然ログインできない時の解決策

フリーメール、Gmail関連記事

 → みんな意外と知らない。安全に使えるフリーメールはこれ。

 → おすすめフリーメールアドレス(サービス比較と取得方法)

 → フリーメールアドレスとは?無料・有料の使い分け

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

 → 「覚えている最後のパスワードを入力してください」の対処法

 → Googleアカウントのログインページ変更

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*