iOS12.0.1にアップデートしてもバッテリー持ちが悪い不具合は解消されず…

ios12不具合アプリ

iOS 12 にアップデートするとiPhoneの「バッテリー持ちが悪くなる」不具合がありましが、「iOS12.0.1」にアップデートしても不具合は解消されませんでした…。

「iPhone 7」以前の機種の方は、iOS 12.0.1 にまだアップデートしないでください!



■iOS 12とiOS12.0.1で、バッテリー持ちが悪い不具合が発生中…

ios12.0.1バッテリー不具合

iOS12にアップデートしたユーザーの中で「旧型モデルのiPhone」ユーザーの場合、アップデート後に「バッテリーの減りが1割~2割程度、早くなった」という声が多数あがっていましたが、この不具合に関しては、「iOS 12.0.1」でも修正対応がされていません。

海外メディアの調査によると、iPhoneの対象機種は、

  • 「iPhone5s」
  • 「iPhone6」
  • 「iPhone6s」
  • 「iPhoneSE」
  • 「iPhone7」

iOS12」や「iOS12.0.1」へのアップデート後、バッテリー持ちが悪くなるようです。

ですので、上記のiPhoneに関してはアップデートをまだしないで焦らず様子を見た方が良いでしょう。

 ▼詳細はこちら(バッテリー消費が早くなってしまった場合の対処法も紹介しています)
 → iOS12にアップデート後、バッテリー消費が早い?不具合発生?

iOS12にアップデート後、バッテリー消費が早い?不具合発生?

■逆に「iPhone 8/8 Plus」や「iPhone X」はバッテリーが長持ち?

一方で、

  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X

の場合、iOS 12 、iOS12.0.1にアップデート後に「バッテリーが長持ちするようになった」という反応が多いです。

 ※ツイッターなどSNSに、そのような反応が多数投稿されています。興味のある方はチェックしてみて下さい。

■バッテリー持ちが悪くなった場合の対処法は…?

「iOS12」や「iOS12.0.1」にアップデート後に、あなたのiPhoneのバッテリー持ちが悪くなってしまった場合は、

  • Wi-Fi
  • ブルートゥース
  • 位置情報
  • エアドロップ

などの機能をオフにできる方は、オフにしておきましょう。

特に、Wi-Fiは接続先を探す時にバッテリーを消費します。

あなたが外出中でWi-Fiを使わない時でも、Wi-FiをオンしたままだとWi-Fiは接続先を自動的に探すためバッテリーが消費されてしまうのです…。

【まとめ】iOS12.0.1にアップデートしてもバッテリー持ちが悪い不具合は解消されず…

上記の結果から、「iPhone 7 以前の機種」はバッテリー持ちが悪くなるのでiOS12やiOS12.0.1へのアップデートはまだしない方が良いでしょう。

近い将来「iOS 12.1」がリリースされます。そちらで今回の「バッテリー持ちが悪い」不具合が解消されている可能性がわずかながら…あります。

 ※でも現実問題としては古い機種の場合、バッテリー劣化もあるので「バッテリー持ち」が改善されることはあまりなく、過剰な期待はできませんが…。

今使用中のiPhoneをまだまだ使う予定だよ!という方で「でもバッテリーがへたってきたんだよね…どうしよう…」という方は、バッテリー交換が年内なら3,200円(2019年1月1日からは、3,200円から5,400円へ値上げ)なので早目にバッテリー交換するというのも手かもしれませんよ…。

 ■参考記事はこちら
 → iPhoneバッテリー交換費用が2019年1月1日から値上げ!

iPhoneバッテリー交換費用が2019年1月1日から値上げ!

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*