スポンサーリンク

Gmailの「Mail Delivery Subsystem」って何?原因は?

Gmail送信エラー フリーメール
スポンサーリンク

【2019年3月15日 更新】

Gmailでメールを送信したら「Mail Delivery Subsystem」というメールを受信…。

この記事では「Mail Delivery Subsystem」とは何なのか?原因と対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

■ Gmailの「Mail Delivery Subsystem」とは何?原因は…?

Gmail送信エラー

 ※モザイク処理しているのは、メールアドレスです。個人情報なのでご容赦ください。

上記の画像にあるように、

本文:「メールのブロック *********でメールがブロックされました。詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。」

のメールが 私のGmailのメールボックスに大量に届きました…。

メールの詳細はこちら。

送信者:「Mail Delivery Subsystem」

本文:「メールのブロック *********でメールがブロックされました。詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。」

上記の「*********」には 各個人のメールアドレスが記載されていました。
(私が送信したメールアドレスです)

このあと、メールの本文にあった、

  • 「詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。」

という指示の通り そのgoogleの技術情報というページを見たんですが 「何のことやら?」 という感じで明確な回答にはたどりつけませんでした。

困って ネットで検索してみたのですが答えが見つからず…。しょうがないので、自分で調べた結果、 原因と対処方法が分かりました!

■「Mail Delivery Subsystem」の原因

Gmailでメールを送信した時に、メールが相手に届かなかった時に自分宛に届く「お知らせ」のメールが「Mail Delivery Subsystem」というメールです。

「Mail Delivery Subsystem」というメールがなぜあなたに届くのか?という疑問に対する答えは、

  • 「Gmailの送信においてエラーが発生したため 」

です。

メールが相手に届かない場合、その原因は

  • 存在しないメールアドレスに送信した

可能性が最も高いため、 あなたが送信先に入力した相手の「メールアドレス」が間違っていないか確認してみて下さい。そして、もう1つの原因として考えられるのは…、

■■もう1つの原因はGmailでの一斉配信エラー

Gmailから複数のアドレスに「一斉配信」をしたことによるエラーで「Mail Delivery Subsystem」メールが届いたことが判明しました。

大量のアドレスへの一斉配信は「Gmailの迷惑メール対策」としてメールブロックされるようで、その結果として「Mail Delivery Subsystem」というメールがGmailに届くようです。

では、何件のメールアドレスまでなら、Gmailでブロックされることなく一斉配信が可能なのでしょうか?

これに対する明確なラインに関する回答は、 Gmailのサポートページを見ても記載されていませんが…、 私のテストした結果だと、 どうやら30名までならGmailでブロックされることなく一斉配信できるようだ…。という事が分かりました。

ただし30名までならGmailでブロックされない…と言うのは、私が試した現時点での結果であり、もしあなたがGmailで一斉配信を試してブロックされたら配信アドレスの数を減らして試してみて下さい。

Gmailでの一斉配信のテストの結果や分析内容をこちらにまとめたので読んでみて下さい。
 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

Gmailでメールの一斉送信テスト。30名までならOK
【2019年10月12日 更新】 「Gmail」でメールを一斉送信できるのかテストしてみました。結果は、30名までならOK。 50名でテストしたら下記のエラーメールが届いてビックリしました。 送信者:「Mail Delivery S...

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法
【2019年10月10日 更新】 Gmailで「メールがブロックされました」 という下記のようなメッセージが出て困ったため、 ネットで検索してみたのですが…答えが見つからず…。 しょうがないので自分で調べた結果、 原因と対処方法が分かり...

 

【まとめ】Gmailの「Mail Delivery Subsystem」とは何?原因は…?

Gmailで「Mail Delivery Subsystem」というメールが届いた場合、あなたが送信したメールが相手にうまく届かなかったことを意味しています。

この「Mail Delivery Subsystem」というメールは、Gmailのメール送信システムから自動的にあなたに送られたものです。

メールが相手に届かない原因として、

  • 存在しないメールアドレスに送信した

可能性が最も高いため、
あなたが送信先に入力した相手の「メールアドレス」が間違っていないか確認してみて下さい。

また、もう1つの原因として、
「Gmail」で一斉配信すると下記のメッセージが出ますが、

送信者:「Mail Delivery Subsystem」

本文:「メールのブロック *********でメールがブロックされました。詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。」

私が試した結果では 30名まではメールブロックされることなく一斉配信できましたが、それ以降はブロックされ送信エラーになってしまいました。

今の時代、大量のメールアドレスへの一斉配信は 迷惑メール対策としてGmailにメールブロックされるようで送信エラーになってしまうようです。

 

■ Gmail関連記事

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【解決!】Gmailにログインできない4つの原因と解決策まとめ

 → Gmailのパスワード忘れた…でも大丈夫!ログインできますよ!

 → Gmailで他のメールアドレスに来たメールを送受信できる!

 → 複数のGmailアドレスを1つのアカウント画面で送受信する便利技!

 → iPhoneでGmail使うならGmailアプリがおすすめ!

 → Gmailを使い分けると、こんなに便利だなんて知ってた?

 → 「Gmailify」設定をすると迷惑メールが来なくなるってホント?

 

 

コメント