iOS11.2.2 にしたらiPhoneが遅くなるなんてウソ!

iOS11.2.2 遅くなる

iPhone6に「iOS11.2.2」をインストールするとiPhoneの動きが遅くなるというテスト結果が出たようですが、仮にそれが事実であっても、iPhoneのセキュリティ問題解決の方が重要なので「iOS11.2.2」へのアップデートを保留するのはやめましょう。

実は…、「iOS11.2.2」アップデートしないと「あなたのiPhoneの個人情報が漏洩する」可能性があるんです!



iOS11.2.2 にするとiPhoneが遅くなるって本当?

最近、海外の某メディアがiPhone6に、iOS11.2.2をインストールした後にiPhoneが遅くなった(ベンチマークテストのスコアが40~50%も低下した)という内容を発表し話題となっていますが、もしそれが事実であっても、iPhoneのセキュリティの方が重要なのでアップデートを保留するのはやめましょう。

では、今回の「iOS11.2.2」で対応したセキュリティ問題とは、どれほど重大で深刻な問題だったのでしょうか?

iPhoneのセキュリティ問題って何?

今回、重大なセキュリティ問題として世間を騒がせた問題の1つ、Spectre(スペクター)問題とは「あなたのiPhoneの個人情報が漏洩する危険性がある」という恐ろしい問題です。

「アプリが別のアプリに任意のメモリ箇所を読み取らせることができてしまう」という非常に重大な脆弱性で、これにより、ユーザー情報が抜き取られる可能性があり、個人情報などが漏洩する危険性があります。

iOS11.2.2 にしないと個人情報漏洩の危険性が…

つまり、「iOS 11.2.2」にアップデートしないと、あなたのiPhoneから、あなたの個人情報が漏洩する可能性があるのです!

今回のiOS 11.2.2では「Safari」ブラウザとWebKitに修正がくわえられています。アップデートの対象端末はiPhone 5s以降、iPad Air以降、iPod touch(第6世代)です。

特に理由がなければ、なるべく早めにアップデートすることをおすすめします!

iOS11.2.2へのアップデート方法

iOSのアップデート方法は、下記の記事が分かりやすいです。

iOSのアップデートの前に必ずして欲しい「4つの準備と確認」と「アップデート手順」をまとめた記事はこちらです。
  → 最新 iOSアップデート手順(iPhone)完全図解で簡単!

Appleが対応状況をWebに公開

Appleは先日公開した最新の「iOS11.2.2」で対応をしたセキュリティ問題である、Meltdown(メルトダウン)Spectre(スペクター)への対応状況の詳細をサポートページで説明しています。

2018年1月9日付で更新されたサポートページによると、

  • Meltdown → iOS11.2、macOS 10.13.2、tvOS 11.2で対応完了
  • Spectre → 最近対応アップデートを「iOS11.2.2」で2018年1月9日に公開

という状況ですが「Spectre」に関しては、まだリリースしたばかりという事もあり、iPhoneのパフォーマンスへの影響については今後も調査、対策を進めていくとのことです。

Apple では、iOS 11.2、macOS 10.13.2、tvOS 11.2 においてすでに Meltdown の影響緩和策をリリースしています。Apple Watch は Meltdown と Spectre のどちらの影響も受けません。Safari における Spectre の影響緩和策も近日中にリリースする予定です。これらの脆弱性については今後もさらに影響緩和策を開発・検証し、iOS、macOS、tvOS の今後のアップデートで随時リリースしていきます。

出典:Apple サポートページ(ARM ベースおよび Intel CPU の投機的実行の脆弱性について)

Appleからの警告

Appleの発表では「Meltdown」と「Spectre」という 2 つの脆弱性に関して、Mac システムや iOS デバイスもすべて影響を受けますが、現段階では脆弱性が悪用されて お客様に被害が出たという事例は報告されていない。との事です。

また、Appleからの警告として、これらの脆弱性を悪用するには Mac や iOS デバイスに悪意のある App をインストールさせる必要があるため、ソフトウェアをダウンロードする際には、App Store などの信頼できるソース以外は利用しないように!と注意が促されています。

以下は、Appleのサポートページに掲載されている公式発表で、今回の2つのセキュリティ問題である「Meltdown」と「Spectre」についての解説です。

Meltdown

Meltdown は、CVE-2017-5754 (「rogue data cache load」) として知られる脆弱性に付けられた名称です。Meltdown が悪用されると、ユーザプロセスからカーネルメモリが読み取られる可能性があります。Apple の解析によれば、この脆弱性は悪用される可能性が最も高いことが判明しています。Apple では、iOS 11.2、macOS 10.13.2、tvOS 11.2 において Meltdown の影響緩和策をすでにリリースしています。watchOS には影響緩和策は必要ありません。公開ベンチマークを使った当社の検証では、GeekBench 4 ベンチマークや一般的な Web ブラウジングベンチマーク (Speedometer、JetStream、ARES-6 など) による測定では、2017 年 12 月のアップデートにおける修正後の macOS および iOS のパフォーマンスには測定可能な低下が見られませんでした。

Spectre

Spectre は、CVE-2017-5753 (「bounds check bypass」) と CVE-2017-5715 (「branch target injection」) という 2 つの異なる脆弱性の総称です。これらが悪用されると、CPU がメモリアクセス呼び出しの有効性をチェックする際の時間の遅れが悪用され、ユーザプロセスからカーネルメモリのアイテムにアクセスされるおそれがあります。

これらの脆弱性について解析した結果、悪用は (Mac や iOS デバイス上でローカルに実行される App であっても) きわめて難しいものの、Web ブラウザで実行される JavaScript を悪用される可能性があることが判明しました。Apple では、これらの脆弱性の影響緩和策として、macOS や iOS の Safari 向けのアップデートを近日中にリリースする予定です。当社の現時点での検証によると、近日中にリリース予定の Safari の影響緩和策を適用後のパフォーマンス低下については、Speedometer や ARES-6 のテストでは測定可能な影響はなく、JetStream ベンチマークでも 2.5% 未満の影響しかありません。Spectre 脆弱性については、オペレーティングシステム内で今後もさらに影響緩和策を開発・検証し、iOS、macOS、tvOS の今後のアップデートにてリリースしていく予定です。watchOS は Spectre の影響を受けません。

出典:Apple サポートページ(ARM ベースおよび Intel CPU の投機的実行の脆弱性について)

【まとめ】iOS11.2.2 にするとiPhoneが遅くなるって本当?

今すぐ「iOS 11.2.2 」にアップデートしましょう! アップデートしないと、「あなたのiPhoneの個人情報が漏洩する」危険があるからです。

最近、海外の某メディアがiPhone6に、iOS11.2.2をインストールした後にiPhoneが遅くなった(ベンチマークテストのスコアが40~50%低下した)という内容を発表し話題となっていますが、もしそれが事実であっても、iPhoneのセキュリティの方が重要なのでアップデートを保留するのはやめましょう。今すぐアップデートすることをおすすめします。

 ※【追記】「iPhone SE」と「iPhone7」では、iPhoneが遅くなったというテスト結果は今のところ出ていないようです。

iOSのアップデート方法は、下記の記事が分かりやすいので参考にしてみて下さい。

iOSのアップデートの前に必ずして欲しい「4つの準備と確認」と「アップデート手順」をまとめた記事はこちらです。
  → 最新 iOSアップデート手順(iPhone)完全図解で簡単!

iOS 関連記事

 → 最新 iOSアップデート手順(iPhone)完全図解で簡単!

 → iOS11.1 アップデート後の不具合・評判

 → iOS11.1.1 不具合は?アップデートする前に新機能確認

 → iOS11.1.2 不具合は?アップデート前に注意することは?

 → iOS11.2 不具合は?アップデート前に注意することは?

 → iOS11.2.1 不具合は?アップデート前に注意する事は?

 → 【セキュリティに問題】iOS11.2.2 へ早めにアップデートを!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*