1ヶ月で半額に!仮想通貨ビットコインで大損した理由と原因は?

1ヶ月で半額に!仮想通貨ビットコインで大損した理由と原因は?

仮想通貨暴落理由

仮想通貨ビットコインが1ヶ月で半額へと50%もの大暴落となりました。

その理由と原因は何なのか?分かりやすくまとめました!



仮想通貨ビットコインが1ヶ月で半額に!

仮想通貨ビットコインが連日の急落でついに17日の取引では1万ドルを割り込み、昨年12月に付けた高値からの下げ幅は約50%に達しています。

米情報サイトのコインデスクによると、ビットコインは一時、9966ドルに下落。前日比では6%前後下落し、12月17日に付けた過去最高値(1万9783.21ドル)からほぼ半値となりました。前日も25%下落していました。

まさに、たった1ヶ月で仮想通貨ビットコインは半額になってしまったことになります。

ちなみに、仮想通貨ビットコイン相場は昨年2017年の終盤、先物取引の開始を追い風に上昇が加速し、過去最高値をつけていました。

仮想通貨ビットコインが大暴落した理由と原因は?

これまで急上昇してきた仮想通貨ビットコインに対して、ビットコイン取引の人気が高い韓国では、政府が仮想通貨の取引に関して一段と目を光らせるようになってきていました。また、中国当局からは先週、ビットコインのマイニング(採掘)の停止命令が出ました。

そんな中、韓国の聨合ニュースによると、金東ヨン企画財政相は地元ラジオで、仮想通貨への「非理性的な」投資を取り締まる一連の措置を政府として打ち出すと述べました。

この「仮想通貨の取引禁止は依然として選択肢」とする韓国企画財政相の発言が伝わり、今後の仮想通貨ビットコインへの規制を巡る懸念が高まり、規制強化に対する懸念から、仮想通貨ビットコインの大暴落へとつながりました。

今後も「ビットコインが浸透するほど、規制が強化される可能性が高まる」市場環境から考えると「投資家の動揺」は依然として続くことが予想され、ビットコインバブルがついに崩壊するのでは?という声が大きくなっています。

01月16日 22時00分 DJ-ビットコイン、欧州市場で20%下落 1万2000ドル割り込む

 仮想通貨ビットコインの相場が16日の欧州市場で20%下落した。規制強化に対する懸念から、2017年12月下旬以来の1万2000ドル割れとなった。
 
 米情報サイトのコインデスクによると、ロンドン市場の正午近くにビットコイン相場は1万1988ドルをつけた。日中の下げ幅としては12月22日以来の大きさを記録。先月つけた1万9783ドルの過去最高値に比べると約40%低い水準にある。
 
 ビットコイン相場は昨年終盤、先物取引の開始を追い風に上昇が加速し、過去最高値をつけていた。米CBOEグローバル・マーケッツのビットコイン先物取引が17日に初めて期日を迎えるため、相場の変動は一段と不安定になる可能性がある。
 
 一方でビットコイン取引の人気が高い韓国などでは、政府が仮想通貨の取引に関して一段と目を光らせるようになっている。中国当局は先週、ビットコインのマイニング(採掘)の停止を命じた。
 
 キャピタル・エコノミクスのアシスタントエコノミスト、ケリー・ウォルシュ氏は「これが投資家を動揺させたのは明らかで、当然だ」とし、「ビットコインが浸透するほど、規制が強化される可能性が高まる」と述べた。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

01月16日 18時38分 ビットコインが14%安 取引規制巡る懸念で4週間ぶり安値=ロイター

ロイター通信によると、16日の取引で仮想通貨ビットコインが一時14%下落し、4週間ぶり安値を付けた。仮想通貨の取引禁止は依然として選択肢だとする韓国企画財政相の発言が伝わり、規制を巡る懸念が高まった。

韓国の聨合ニュースによると、金東ヨン企画財政相は地元ラジオで、仮想通貨への「非理性的な」投資を取り締まる一連の措置を政府として打ち出すと述べた。

この報道を受けてビットスタンプ取引所のビットコインは13.6%下落し、1万1730ドルを付けた。12月半ばに付けた過去最高値を40%超下回る水準となる。

出典:FXニュースレター

ビットコイン関連記事

 → ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中

 → ビットコイン相場急落 最高値3000ドル台から10%以上下落

 → ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

 → ビットコイン取引を一時停止 ビットコイン分裂のおそれ

 → ビットコイン分裂 新通貨「ビットコインキャッシュ」誕生

 → ブロックチェーンへの投資にスーパーブルームが新規コイン公開

 → ビットコインキャッシュは税金がかかるかも?受領課税に要注意

 → ビットコイン相場価格が急上昇している理由。今後はどうなる?

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*