ハリケーンウィラの【最新】現在の気圧と規模と大きさ、勢力は?

ハリケーンウィラ気圧

ハリケーンウィラの、現在の気圧と規模と大きさ、勢力、今後の進路についてまとめました。



■ハリケーンウィラの【最新】気圧と規模と大きさ、勢力は?

現地時間23日午後8時(日本時間24日午前10時)ごろ「カテゴリー4」に発達した大型ハリケーン「ウィラ」がメキシコの太平洋沿岸に上陸しました。

ハリケーン「ウィラ」のメキシコ上陸時の中心気圧は965 hPa(ヘクトパスカル)、最大風速は時速195キロ(秒速54メートル)。

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、上陸から2時間後も、「カテゴリー3」の勢力を維持しながら、北東に向かって時速27キロで進んでいます。(※「カテゴリー3」のハリケーンは風速が秒速50~58メートル。下図参照

台風とハリケーンの強さ比較 出典:JAXA(台風・ハリケーンの強さ比較)

 

【追記】

23日にメキシコに上陸後、ハリケーンウィラは現在、熱帯低気圧となっています。

 

 

■10/23時点の気圧と規模と大きさ、勢力

ハリケーンウィラの上陸前、10/23時点のハリケーンウィラの中心気圧は931 hPa(ヘクトパスカル)でした。

最大風速72.2メートルを記録して、ハリケーンウィラの勢力は5段階のうち最も勢力が強い「カテゴリー5」となっています。(※「カテゴリー5」のハリケーンは風速が秒速70メートル以上)

■大規模被害に警戒…

現地メキシコでは、人命を脅かすほどの危険な高潮、暴風、豪雨に見舞われ「壊滅的な被害」が出る恐れがあるとして警告を呼び掛けています。

米国立ハリケーンセンター(NHC)は、若干勢力を弱めたもののウィラは「メキシコ沿岸到達時には極めて危険な大型ハリケーン」であると予想され、メキシコ西部のハリスコ(Jalisco)、ナヤリ(Nayarit)、シナロア(Sinaloa)の各州の一部に150~300ミリの降雨をもたらし、最大450ミリに達するところもあると警告しています。メキシコ西部・中部・南西部の一部地域では危険な突風や雨も警戒されています。

これら3州では22日に雨と波浪が激しくなり始め、各州の全域で学校が休校となっています。

■過去のハリケーン被害は…?

アメリカでは2017年8~9月に大型ハリケーン「ハービー」(カテゴリー4)「イルマ」(カテゴリー5)「マリア」(カテゴリー5)が南部を直撃。洪水被害などで多くの犠牲者が出たほか、ガソリンの高騰や多くの車両被害も数多く発生しています。

なお、驚くべきことに、上記の2017年に発生した3つの大型ハリケーンは、全米の被害総額5位のうち、1位、3位、5位の被害総額となっています…。

米国立ハリケーンセンターの試算によると、過去にアメリカを襲ったハリケーンの被害総額上位は、

  • 2017年 ハリケーン「ハービー」被害総額1900億ドル(約21兆円)※全米史上最高
  • 2005年 ハリケーン「カトリーナ」被害総額1100億ドル(約12兆円)
  • 2017年 ハリケーン「マリア」被害総額900億ドル(約10兆円)
  • 2012年 ハリケーン「 サンディ」被害総額710億ドル(約8兆円)
  • 2017年 ハリケーン「イルマ」被害総額650億ドル(約7兆円)

となっています。
 → 過去のアメリカの大型ハリケーン被害総額・死亡者数まとめ

過去のアメリカの大型ハリケーン被害総額・死亡者数まとめ

また、ハリケーンによる死者数では、2017年9月にアメリカ自治領プエルトリコを襲ったハリケーン「マリア」の死者数が約3000人になるという発表があり、過去最大のハリケーン「カトリーナ」でなく「マリア」となることが判明しました。

 → ハリケーン「マリア」の死者数は約3000人

過去最大のハリケーン「マリア」の死者数は約3000人

■ハリケーンウィラの現在地と今後の進路は?

現地時間23日にメキシコの中西部へ上陸したハリケーンウィラ。

最新の現在地と今後の予想進路はこちらの記事をご覧下さい。

 → 【最新情報】ハリケーンウィラの現在地と今後の進路予想

【10/25最新情報】ハリケーンウィラの現在地と今後の進路予想

【まとめ】ハリケーンウィラの気圧と規模と大きさ、勢力は?

現地時間23日午後8時(日本時間24日午前10時)ごろ、「カテゴリー4」に発達した大型ハリケーン「ウィラ」がメキシコの太平洋沿岸に上陸しました。

ハリケーンウィラの中心気圧は昨日の931 hPa(ヘクトパスカル)から965 hPa(ヘクトパスカル)へ上昇。最大風速は時速195キロ(秒速54メートル)。

最大風速72.2メートルを記録して、ハリケーンウィラの勢力は5段階のうち最も勢力が強い「カテゴリー5」となっています。(※「カテゴリー5」のハリケーンは風速が秒速70メートル以上)

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーンウィラの勢力は上陸前は最大の「カテゴリー5」まで拡大。上陸時には「カテゴリー4」。上陸から2時間後も「カテゴリー3」の勢力を維持しながら、北東に向かって時速27キロで進んでいます。

現地メキシコでは、人命を脅かすほどの危険な高潮、暴風、豪雨に見舞われ「壊滅的な被害」が出る恐れがあるとして警告を呼び掛けています。

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*