クラウドソーシングのイラストっていくら稼げる?|コンペ必勝法

クラウドソーシングイラスト 副業

  • クラウドソーシングのイラストっていくら稼げるの?
  • コンペに勝つコツを知りたい!

って方のために、答えをまとめました!

この記事を読めば、

  • 素人の私が描いたイラストを誰が買ってくるの?
  • 私のイラストなんかホントに売れるの?

って不安は吹き飛び…、イラストで稼げるようになりますよ!

今すぐ、下記の情報を知りたい!って方はクリックすると該当箇所に移動しますよ。

■イラストコンペに勝つ4つのコツ

クラウドソーシングで「イラスト」の仕事を受注するのは簡単ではありません。なぜなら、イラストという仕事は人気があり「その仕事を受注したい!」 と考えているライバルがたくさんいるからです。

実際に『何度かコンペに参加したけど一度も勝てない』 からいまだに収入ゼロ…という人も存在します。

それでも…

イラストで稼ぎたい!

って思ってるあなた!

実は 誰が見ても上手なイラストが売れるわけではありません。 売れるイラストにはコツがあるんです!

それがこの 「イラストコンペに勝つ4つのコツ」です。

  1. コンペ依頼者の要望を理解する
  2. コンペの納期は絶対守る
  3. 開始、納品、修正の「タイミング」を決める
  4. 安いなぁと思う案件でもまずやってみる

 ※上記項目をクリックすると該当箇所に移動します

1、コンペ依頼者の要望を理解する

イラストはデザインなので、 依頼者が「何を欲しがっているか?」 をまず理解しましょう!

依頼者の頭の中に描いているイメージを100%理解することは不可能ですが、できるだけ理解できた方がコンペに有利なのは言うまでもありませんよね?だからこそ、依頼者の要望をとことん理解する必要があります。

でも、クラウドソーシングは基本的にメール(文章)を通じての仕事のやりとりになるので、文章だとイラストのイメージが伝わりにくいですよね…?

よくある失敗は、自分の作りたいイラストを作って「どうですか?」 と提案してしまうパターン。これ、だいたい落ちます。

だからしつこいくらいに、依頼者とやり取りして依頼者が「欲しいもの」が 何かを確認してください。

実は以前、私はイラスト作成を依頼したことがあるんですが、 納品してきたもののイメージが依頼したものと全く異なっていてビックリしたことがありました。

で、この時分かったんですが、 何度かやりとりして要望を聞きだそうと一生懸命だった人ほど、 良い作品だったということ。

売れるイラストというのは「単にイラストが綺麗だ。上手だ。」ということでは無く、依頼者の「こういうイラストが欲しいなぁ」というニーズに近いものなのです。

つまり、誰が見ても綺麗な作品を作ることがイラストコンペの必勝法でなく、 依頼主の「欲しいもの」を作る。これがイラストコンペに勝つ近道なのです。

2、コンペの納期は絶対守る

これは当たり前ですね。 でも、結構守れない人いるみたいです…。

もし、あなたが納期を破ったら二度とその依頼主はあなたに仕事を任せてくれません。

私も仕事を依頼した経験がありますが、その時、納期を守らない人がいました…。その時こう思いました。次コンペやるときは「絶対この人には依頼しない!」と。

仕事は信用が第一。 納期を守れない仕事は絶対にしない。これは守りましょう。絶対です。

3、開始、納品、修正の「タイミング」を決める

イラストの仕事って、タイミングがあいまいになりがちで、 よくあるのは「これで納品」って思ってたら、 その後に「ちょっと修正して~」みたいなパターン。 これを追加料金なしでやらされるのがキツイ。

あと多いのが、 イラストコンペの最終選考のタイミングで「もう1パターン出して!」って言われること。仕事が欲しいからデザイナーも断れずに頑張っちゃう。こういう場合って、だいたい「いったい受注確定はいつなんだ!」 ってぐらいに依頼者都合でズルズルになります。

私の経験からいうと、 当初の約束を無視して、コンペ案を追加で出させようとする依頼主は こちらからお断りするのがベストです。

だいたい、そういういい加減な依頼者は無理難題を次から次へと言ってきてデザイナーを困らせるばかりです。 しかも、そういう依頼者に限って、優柔不断でなかなか決まらない。

そういう依頼者と仕事をすると、労働時間が増えて苦労するだけなので、 こちらからお断りするぐらいの勇気が必要です。もっと素晴らしい依頼者はいっぱいいます。 少しでも良い仕事をたくさんできるように良い依頼者と仕事をしましょう。良い依頼者は、約束を破りません。

ですので、最初に「案件の開始、納品、修正」の「タイミング」をきっちり決めておきましょう。 これが鉄則。これをやっておけば、あなたの身を危険から守ることにもなります。

そして、この約束を破るような依頼者とは仕事をしない!こうすることで、もっと可能性のあるコンペに参加できるわけですし、 良い仕事に巡り合う可能性がアップしますよ。

4、安いなぁと思う案件でもまずやってみる

最初はイラストコンペの依頼主も「あなたにどのくらいの能力があるのか?」を知りません。 でも、依頼主は少しでも能力の高い人に仕事を依頼したいと考えています。

つまり、出会いの場だと考えてみると分かりやすいですよね?ですので、まずは出会う事。 つまり安い金額でもコンペに参加してみる。

でも、必ず勝てるわけではありませんよね?「それじゃ、ムダが多いのでは?」 とあなたは疑問に思ったかもしれません。

でも、重要なのはここからです。 コンペの際に、あなたが負けたとしても、それですべてが終わるわけではありません。

以前、私が実際に依頼主としてイラストコンペをやった時、 当然、コンペの勝者は1人でした。

でも、その時、惜しくも落選した人の中に、「次の機会にぜひ、仕事を依頼してみたいなぁ~」  と思える対応のデザイナーさんが3名ほどいたんです。

メールでのやり取り、対応力、もちろんデザインの感性も素晴らしい。 当然、次の機会に備えて要チェックしました。

だから仮にあなたがイラストコンペで負けても、 それで全てが終わりというわけではないのであきらめないでください。あなたの知らないところで、次の仕事が水面下でスタートしているかもしれないのです。(次のコンペでは、開始時点ですでに依頼主はあなたにほぼ決めているかもしれません

コンペは、あなたのプレゼンテーションの場だと思って、 できるだけ多くの依頼者さんにあなたの作品だけでなく仕事っぷりを見てもらう。 そういう意識で取り組んでみるだけで将来の結果が全く違うものになってきますよ。

まずは実績作り!

まだ仕事になってなくても収入ゼロ円でも、このコンペでの実績ができれば、 将来の仕事に着実につながっていきます。 将来のその姿を視野に入れて最初は安い単価でも取り組んでみて、 まずはコツコツ実績作りをしましょう!

■イラストっていくら稼げるの?

ランサーズのロゴデザイン

クラウドソーシングでの「イラスト」の仕事は、

  • バナーやアイコン作成…1~5万円
  • キャラクター作成コンペなど…50万円~100万円

ぐらいです。

しかし、コンペの場合は受注するまでの競争が大変なので 誰でも稼げるという訳にはいきません。 高額のコンペ狙いで、落選続きで収入がゼロなんてこともあるわけです。

■クラウドソーシングで「イラスト」の仕事を探すならこのサイト

クラウドソーシングでおすすめのサイトを厳選して2つ紹介します。

実際に私も登録して利用しましたが安心して利用できるサイトです。サイトごとに得意な案件も違うし他では扱っていない案件というのもありますので、 2つともに登録しておいて自分のやりたいイラストの仕事を選ぶのがおすすめです。

サイトには、法人や官公庁などからの仕事(在宅ワーク)の募集内容が掲載されていて、 あなたがやってみたい案件があれば、申込むというスタイルになります。

このサイトに「無料会員登録」をすれば、あなたがやってみたい 「イラスト」の仕事を選ぶことができます。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス

1、Lancers(ランサーズ)

ランサーズのイラスト・デザインの仕事は本日時点で62,861件!No.1の案件数のサイトですから絶対に登録しておきましょう。

カテゴリー別にみると、 「デザイン」の仕事の中で「ロゴ・イラスト・キャラクター」制作の仕事はなんと42,906件!とにかく凄い数です!

あなたの作ったキャラクターが商品のパッケージになって、 お店に並んだり、CMやwebに載ったり…。 なんてこと考えるだけでもワクワクしますね!

ランサーズのロゴデザイン

 その他にも、デザインの案件の種類として、

  • 印刷物・DTP
  • POP・シール・メニュー
  • 看板・地図・インフォグラフィック
  • CD・本
  • プロダクト・3D

などがあります。

「Lancers」で面白いのは、過去のデザインコンペで当選(クライアントに採用された)作品が見れるってことです。これ見てるだけでもすっごく楽しい! 次は自分の作品が載る番だっ!って気合が入りますよ。

 → 「Lancers」- 当選したコンペ方式の提案一覧 -

ランサーズのデザインコンペ

※上記の画像は著作権の関係上モザイク処理しております。

 → 「ランサーズ」無料登録はこちら

2、クラウドワークス

クラウドワークスのイラスト・デザインの仕事は本日時点で31,855件!

案件数は「Lancers(ランサーズ)」より少ないですが良質な案件も多いので絶対に登録しておきましょう。

カテゴリー別にみると、 「デザイン」の仕事の中で「ロゴ・バナー・イラスト」制作の仕事はなんと19,722件!こちらも凄い数です!

企業のロゴやイラストなどだけでなく、官公庁や各種施設からの案件も多いので 案件を眺めるだけでもとっても楽しいです。

クラウドワークスのロゴデザイン

案件は中小企業だけでなく、誰でも知っているような大手企業からの仕事もあり、 ビックリしますよ。

ネット時代以前は、個人が大手企業の仕事を請けるなんて考えられなかった (というか、個人に発注というそんな冒険をする担当者なんていなかった)ので、 この10年程で日本社会の仕事のスタイルが一気に変わってしまったなぁ…という印象です。

大手企業が個人に発注するなんて、昔は非常識なことであり得ないことだったのに、 それが今では常識になってしまったんですから、時代の変化というのは恐ろしいものです…。

他には、
「キャラクター・アイコン・アニメ」制作の仕事。これも、1,223件あります。

最近の案件としては、

  • webサイトやブログで「キャラクター」を使いたい
  • 商品説明のページで、アニメ(漫画)を使って分かりやすく説明したい

というような要望からの案件が多いですよ。

クラウドワークスのキャラクターデザイン

その他にも、デザインの案件の種類として、

  • 印刷物・DTP
  • 地図・看板・インフォグラフィック
  • POP・メニュー・シール
  • CD・本
  • プロダクトデザイン

などがあります。

 → 「クラウドワークス」無料登録はこちら

【まとめ】

クラウドソーシングのイラストコンペに勝つコツはこの4つです。

  1. コンペ依頼者の要望を理解する
  2. コンペの納期は絶対守る
  3. 開始、納品、修正の「タイミング」を決める
  4. 安いなぁと思う案件でもまずやってみる

とにかく、 まずは実績作りが大切です。

この4つを守っていれば、将来的にコンペの勝率もあがり、 より良い条件の仕事に出会え仕事の数や収入も安定してきますよ。

積極的に、コンペに参加して将来の仕事につなげていきましょう。

はクラウドソーシングのサイトとしては最高です。 案件の数、質ともに抜群なので、ぜひ利用してください。

どちらも無料で登録できるので、 まずは難しく考えずに気軽にやってみることをお勧めします。 とにかく失敗を恐れずにコンペにチャレンジしてみましょう。

そうやってチャレンジすることで「新しい知識」も増え 「なんで勝てなかったんだろう」という失敗や「はじめて勝てた!」という喜びの経験が 必ず将来に活かされます。

仮に、そこで結果がでなくても、そこから学んだ知識や経験は、 あとで必ずあなたの役に立ちますよ!(これは私が保証します

最近では、クラウドソーシングだけでなく、ユニークで新しい「副業」で稼いでいる人も多いですよ!

他の副業もおすすめ!

最近では、いろいろな「副業」を始めて月5〜10万稼いでいる人がたくさんいますよ!

毎月「10万」の収入が増えれば、年収120万円アップと同じなので、生活も安定しますよね?

主婦やサラリーマンの方にも人気のおすすめの副業が知りたい方は、この記事が分かりやすくておすすめです!

 → 忙しい主婦やサラリーマンでもできる「おすすめの副業」7つ紹介します

サラリーマンがスキルアップできる「おすすめの副業」6選
サラリーマンがスキルアップできる「オススメの副業」を紹介します。「副業」でスキルアップし「本業」の仕事の昇給や昇進や、将来「転職」する際に有利になるものを選びましょう。

 

 

 

コメント