ノーベル賞の本庶佑氏の関連銘柄・今後上がる関連株はどこ?

小野薬品工業株価チャート

ノーベル賞を受賞した本庶佑氏の関連銘柄・今後上がる関連株はどこか調べたところ…

本庶佑氏の発見した「PD-1」をもとに「がん治療薬 オプジーボ」を開発した小野薬品工業株式会社の株価が注目であることが分かりました。

ノーベル賞発表後の時間外取引(10月1日の午後8時半時点)では既に、18%以上も株価が上昇しています。



■「オプジーボ」関連銘柄株 小野薬品工業の株価が急上昇!

小野薬品工業株価チャート

「オプジーボ」の関連株銘柄として、開発メーカーである小野薬品工業株式会社の株価は、この日の時間外取引(10月1日の午後8時半時点)で、18%以上も株価が上昇していることが分かりました。

 

【追記】2018年10月2日

ノーベル賞の発表後から初の取引となる、本日(10月2日)の取引開始直後から、小野薬品工業の出来高が膨らんでいます。

ノーベル賞を受賞した本庶佑氏の効果から「オプジーボ」関連銘柄株として市場の期待も高まっています。年初来高値更新中です。

■小野薬品工業の今後の株価予想は?

小野薬品工業株価チャート

本庶 佑氏のノーベル賞の授賞式は12月10日、ストックホルムで開催されます。

ですので、ニュースとしては、12月10日前後にも再びメディアに「本庶 佑氏」「オプジーボ」が露出しますので、改めて関連銘柄である「小野薬品工業」株に買いが入ることが予想されます。

過去の高値である、5,000円までは手堅いラインとして期待できるのでは?と予想します。

■「オプジーボ」関連株がなぜ上昇と予想?

本庶佑さんのノーベル医学生理学賞受賞の理由は、免疫細胞の働きを抑制するタンパク質「PD-1」を(1992年に)発見し、画期的ながん治療薬として話題の「オプジーボ」の開発につなげ、がん免疫療法の発展に貢献した点です。

 ※「オプジーボ」は小野薬品工業株式会社(大阪市)が開発し、2014年に「がん治療薬」として日本で承認されました。

「オプジーボ」に関してはこちらの記事がとても詳しく分かりやすいです。

 → 本庶佑氏の「オプジーボ」ってどんな薬?PD-1って何?

本庶佑氏の「オプジーボ」ってどんな薬?PD-1って何?

■株式投資 関連記事

【人気記事】
トヨタ自動車の株を8年間持っていた結果。配当金の合計は?

【株主優待カードが凄い!】三越伊勢丹の株買って良かった!

株を8年間も長期保有して分かった!一番のメリットはズバリ…

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*