スポンサーリンク

「泉谷しげる」さんを見て思い出すこと

スポンサーリンク

あれは確か20代の頃だったかな?

取引先に、
顔が「泉谷しげる」さんにそっくりで、
キャラもおんなじ感じで
いつも真っ赤な顔して怒鳴っている。

そんな方がいたんです。

打ち合わせの時とか
本当に怖くって、
いつも怒られていた・・・

テレビで「泉谷しげる」さんを見ると
いまだにその方を思い出すんですね。

もう、半分トラウマ・・・(笑)

その後、プロジェクトも終了し、
5年ぐらい会っていなかったのですが、
異動の異動で私が出入りしている部署のワンフロア下に
戻られたという噂。

でも、本当に怖い方なので、
取引がなくなった後に会いにいくのは
正直「ちょっと嫌だな」って思ってたんだけど、
同じビルにいるわけだし、
どこかでまた会うかもしれないし・・・。

ということで、
半分ビビりながら、
特に用事もないのに挨拶に行ったんです。

そしたら、
実際にあってみると、あら不思議。

いままで見たことないような優しい笑顔で
「来てくれて、ありがとう~~」
ってニコニコしながら言ってくれて。

あれは本当に驚いたな~。

それから、何度か時間があるときに
会いに行ったんだよね。

ホントに何も用事がなかったので
最近お忙しいですか?とか
お子さんは元気ですか?とか
最近ゴルフやってますか?とか

ただ、そんな雑談だけしに。

でも、いつもすっごいニコニコして、

「忙しいところわざわざ来てくれてありがとう!」

と言って、すっごく喜んでくれる。

当時はなんで、こんなにも喜んでくれるのかな?
と不思議に思っていたんだけど、
最近になってから、ようやく答えが分かりました。

つい先日。

2年前に仕事をしたAさんが
突然、私の事務所にやってきたんです。

別に仕事の用事があるわけでもないのに、
「ちょっと近くまで来たんで…」
って言って、
わざわざ自分に会いに来てくれたんです。

お互いの近況を話したり、
たわいのない雑談をしただけなんですが、
Aさんが帰った後、すごく嬉しい気持ちになったんです。

「わざわざ自分に会いに来てくれた」

そのことが、とっても嬉しくて、
心にジーンときたんです。

きっと、あの「泉谷しげる」さん似の部長さんも
同じ気持ちだったのかもな・・・。

インターネット社会になって、
人と人とのつきあいが薄くなってきているなぁ~
と実感することの多くなった現代ですが、
やはり、仕事の場において
特に大きな(金額が動く)案件であればあるほど
最後に重視されるのは人間関係であるので、
個人の信用力というのは
ますます重要だなぁ~と感じました。

 
実は、この話には続きがあって、

その5年後…、

この「泉谷しげる」似のおじさんのお力で
10億以上の案件を受注することになるんですが、
その話はまた次の機会に。

 

 

 

 

 

コメント