円高ドル安加速が日本企業の3月の年度末・決算に影響あり?

円高ドル安

為替相場は年明けから、ドル全面安の主導でドル安・円高となり円高ドル安の加速が日本企業の3月の年度末・決算に影響あるのでは?との声が市場に出てきています。

円高ドル安加速が日本企業の3月の年度末・決算に影響あり?

為替相場では年明けから、ドル全面安の主導でドル安・円高が後押しされている。

過去実績として1月からの円高・ドル安加速は、日本企業による3月の年度末・決算対策に影響を及ぼす

輸出企業は想定レート比での円高・ドル安の差損リスクを軽減させるため、「少しでもドルが上昇すればドル戻り売りで為替手当てを急ぐ」という決算対応に動きやすい。機関投資も保有する外債に関し、3月決算での為替差損を回避させるため、利益・損失の確定やヘッジ対応などによる外債処分・ドル売り・円転に前のめりとなる可能性をはらむ。

12月の日銀短観で大企業・製造業の想定為替レートは1ドル=110.18円となっており、当座は同レベルにかけてのドル戻り売り圧力の増大が焦点となる。

01月31日 23時28分 1月からの円高加速、日本の3月決算対策が円高圧力助長も

為替相場では年明けから、ドル全面安の主導でドル安・円高が後押しされている。

過去実績として1月からの円高・ドル安加速は、日本企業による3月の年度末・決算対策に影響を及ぼす。輸出企業は想定レート比での円高・ドル安の差損リスクを軽減させるため、「少しでもドルが上昇すればドル戻り売りで為替手当てを急ぐ」という決算対応に動きやすい。機関投資も保有する外債に関し、3月決算での為替差損を回避させるため、利益・損失の確定やヘッジ対応などによる外債処分・ドル売り・円転に前のめりとなる可能性をはらむ。

12月の日銀短観で大企業・製造業の想定為替レートは1ドル=110.18円となっており、当座は同レベルにかけてのドル戻り売り圧力の増大が焦点となる。

目先のイベントとしては、日本企業による10-12月の決算発表が注目されそうだ。足元の円高進行により、今後の収益見通しには不透明感が高まっているが、改めて円高抵抗力の増強が示されるようなら、日本株の底堅さが支援される。
引き続きドル安リスクは残る反面、リスク回避を材料とした円独歩高の圧力は緩和されそうだ。

なお、ドル/円のテクニカルでは、フィボナッチ分析で2016年以降のドル安値から高値の50.0%押し108.79円前後、61.8%押しの106.46円前後などが節目メドとして注目される。それ以外では昨年9月のドル安値107.32円前後、昨年にドルの底値ラインとして機能した240カ月(20年)移動平均線107.77円前後、300カ月(25年)移動平均線107.72円前後などもポイントになっている。

出典:FXニュースレター

株式 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → 米ナスダック指数が過去最高値を更新 その秘密とは

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*