2018年戌年の株価はどうなる?干支と経済の不思議な関係とは?

戌年株価

2018年戌年(いぬどし)の株価はどうなるのか? 干支(十二支)と経済の不思議な関係について詳しくまとめました。

2018年戌年の株価はどうなる?干支と経済の不思議な関係とは?

干支、いわゆる十二支には、それぞれラッキーカラーが存在しています。

 2016年の「申(サル)」は、「赤が運気の上がる色」とされ、野球は「赤ヘル軍団」の広島カープが25年ぶりにリーグ優勝、赤の兜が美しかったNHKドラマ「真田丸」が大人気となったことなどは記憶に新しい。

 2017年の「酉(トリ)」年のラッキーカラーも、16年に続いて「赤」そして「白(一部で白に近い黄色との見方も)」になる--と言われていた。それを踏まえて、世間を振り返ると、野球は16年同様に「赤ヘル軍団」の広島カープが2連覇を達成、サッカーは同じく赤を基調とした浦和レッズがACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)を10年ぶりに制覇するなど躍進が目に付いた。

 いずれにしても、同様の視点から今年を考えると、干支は「戌(いぬ)」で、そのラッキーカラーは「オレンジ」「ピンク」「黄色」「ゴールド」--などになるという。という事は、2018年は、野球では巨人、阪神、ソフトバンク。サッカーは、清水、大宮、新潟、セレッソ大阪、柏、仙台といったところか?

 2017年の金融市場は、連日のように史上最高値更新のニュースが報じられたNYダウを中心としたアメリカ株、そして日本国内では総選挙前後から日経平均株価も連騰を続け、高値を更新しました。さらに年の後半にかけては仮想通貨ビットコインが急上昇。

2018年のラッキーカラーから推測すると、ゴールド(金)を中心とした貴金属市場が復権、当然株価も好調な1年となりそうだ。

01月03日 11時27分 「干支」と「ラッキーカラー」で今年の相場を考える 

 干支、いわゆる十二支というものには、それぞれラッキーカラーが存在している。
 2016年の「申(サル)」は、「赤が運気の上がる色」とされ、野球は「赤ヘル軍団」の広島カープが25年ぶりにリーグ優勝、赤の兜が美しかったNHKドラマ「真田丸」が大人気となったことなどは記憶に新しい。

 そんな干支とラッキーカラーからすると、昨2017年「酉(トリ)」年のラッキーカラーも、16年に続いて「赤」そして「白(一部で白に近い黄色との見方も)」になる--と言われていた。
 それを踏まえて、世間を振り返ると、野球は16年同様に「赤ヘル軍団」の広島カープが2連覇を達成、サッカーは同じく赤を基調とした浦和レッズがACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)を10年ぶりに制覇するなど躍進が目に付いた。

 いずれにしても、同様の視点から今年を考えると、干支は「戌(いぬ)」で、そのラッキーカラーは「オレンジ」「ピンク」「黄色」「ゴールド」--などになるという。
 昨年の金融市場は、連日のように史上最高値更新のニュースが報じられたNYダウを中心とした米株、ならびに年の後半にかけては仮想通貨ビットコインの動静に目を奪われることが多かったが、今年のラッキーカラーから推測すると、ゴールドを中心とした貴金属市場が復権、市場動意の中心となる可能性もありそうだ。

出典:FXニュースレター

 

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2018年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*