内職したいあなたに|おすすめの内職とその見つけ方

内職したい

「内職したいけど、どれが良いの?」
「たくさんあってわかんない…。」

という声が多いので、
 おすすめの内職を紹介します。

 実は、内職で有名なのは、この3つですが、

  • データ入力
  • アンケートモニター
  • 手作業系内職

おすすめは1つだけ。

あとの2つは、
ある理由からおすすめしていません…。

その理由を、

  • 安全性
  • 内職する際の注意点
  • 実際に稼げる金額
  • 稼ぐコツ

などと一緒にまとめました。

これから内職をしたいあなたはもちろん。
既に内職をしている人にも役に立つ内容が満載ですよ。

 



おすすめの内職って何?

私の友人は「内職(在宅ワーク)」をはじめて3年以上ですが、
毎月数万円の収入を得ているそうです。

もともと彼は、お父様の介護のためにサラリーマンを辞め、
しばらくパートに出ていたそうなのですが
介護に関わる時間が増え自宅をあけるのが難しくなり
パートに出ることができなくなってしまったそうです。

介護にお金はかかるし、収入はなくなるし、という状況になり、
在宅でお金を得る方法がないか?パソコンで調べチャレンジし、
いろいろな「内職(在宅ワーク)」を経験したそうですが、
その中で安定して稼げる「内職(在宅ワーク)」はたった1つとのことでした…。

それが「データ入力」だそうです。

「データ入力」が一番おすすめ!

データ入力」とはパソコンを使って文字入力をする仕事です。

例えば、

  • 通販サイトの商品情報入力
  • 商品カタログの文字起こし
  • 不動産サイトの物件情報入力

などいろいろな案件があります。

依頼者が入力してほしい情報をメール添付し送ってくれるので、それをエクセルやワードなどの指定ファイルに入力し納品すると完了となります。

時給でどれくらい稼げるの?

個人差はありますが、
だいたい時給に換算すると平均600円ぐらいだと思ってください。

これは、3年以上も「内職(在宅ワーク)」をやっている私の友人からの情報なので確かです。

例えば、

時給600円×5時間で3,000円。

1ヶ月に20日やったとして、

3,000円×20日で60,000円。

収入モデルとしてはこれでも結構高い方だと思います。

データ入力の「仕事の探し方」や「稼ぐコツ」などを分かりやすく記事にまとめました。興味があれば読んでみて下さい。
 → データ入力の内職で稼ぐコツ、平均時給、仕事の選び方

内職(在宅ワーク)を希望する方は、

  • 体調が悪くて外出が難しい
  • 事情があって自宅を長時間留守に出来ない

という方が多く、
特に、小さいお子さんのいる主婦の方、親の在宅介護をしている方などのように、
数時間のまとまった時間が取れない方の場合、内職(在宅ワーク)は
スキマ時間を有効に活用できるので便利なのです。

そういう環境の方は、
手作業による内職。というのが以前は定番だったのですが、今では
パソコンを使った在宅ワークの方が場所も取らず収入も高いので人気があります。

 

内職したいなら「内職募集サイト」

内職(在宅ワーク)に関して、ネット上の口コミで評判の良いサイトは
「内職募集サイト」という内職案件の情報が大量に集まっているサイトです。

そのサイトに無料会員登録をすれば、あなたがやってみたい内職(在宅ワーク)を選ぶことができます。

私や友人も利用している、おすすめのサイトを厳選して4つ紹介します。

このサイトなら、あなたにピッタリの内職がきっと見つかりますよ。
 → 人気の内職募集サイト ベスト4

 

有名でも、稼げない内職があるんです

内職で有名なのはこの3つですが、

  • データ入力
  • アンケートモニター
  • 手作業系内職

実は、
先程紹介した「データ入力」を除いた残りの2つ、

  • アンケートモニター
  • 手作業系内職

は、やめておいた方が良いですよ。

 

アンケートモニター

「アンケートモニター」も実は人気なんですが…。

内容は「ネット上でアンケートに答える」というシンプルなもので、
最初に「事前調査」があり、その後「本調査」があります。

アンケートサイト側としては、
「事前調査」でアンケートの依頼会社の条件を満たした方だけに「本調査」を依頼します。

例えば、
企業側が30代の女性に健康食品に関するアンケートを取りたい場合
「事前調査」の段階で男性と回答した方には「本調査」の依頼は来ません。

だから「事前調査」の時に適当な回答(例えば、男性なのに女性と答えたり…)すると、
アンケートの依頼自体が一切こなくなりますので、そういう事はやらないで下さいね。

この「事前調査」でもポイントはもらえますが1~5円程度です。
一方「本調査」では10~300円ぐらいの報酬がもらえます。

まとめると、

アンケートの種類

単価

webアンケート(事前調査)

1円~5円

webアンケート(本調査)

10円~300円

このような感じ。

これを私は1ヶ月間コツコツやってみました。

コツコツと言ってもアンケート案件は、1日数件しかないので
時間にすれば1日当たり数十分程度です。

体験してみて分かったのですが
アンケートモニターというのは効率的に稼げる。というものではありません。

でもなぜか、ネット上では結構おすすめしている人が多いので不思議です…。

どんなに頑張っても1,000程度。
(案件数が少ないので月に10時間。時給で100円程度。)

実際どんな仕事なのか興味ある方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

→ アンケートモニターでお小遣い稼ぎできるのか?実験してみた
→ アンケートモニターで1ヶ月いくら稼げるか試してみた

 

手作業系内職

テレビドラマの影響か「内職」というと、お母ちゃんが畳の居間で袋詰めをして、
部屋の隅には大量の段ボール箱。小さい子供も一緒に手伝って。
という昭和なイメージですが実は現在もそういう内職って実はあります。

人気の手作業系内職 は、

  • シール貼り
  • ティッシュへの広告入れ(ティッシュ配り用)
  • 雑貨小物などの袋詰め

等ですが、
はっきり言って手作業系内職はおすすめしません。

その理由は…。

  • 単価が安くて稼げない
  • 詐欺業者が多く危険

だからです。

手作業系内職は時給換算100円…!!

以前「いきなり!黄金伝説。(テレビ朝日)」というテレビ番組(現在は終了)で、
「シール貼り」という内職が放送されたので一時期反響があったようですが、
実態としては、シール1枚貼って「0.1円」。

1時間あれば…、1000枚ぐらい貼れるかもしれませんが
でも、それって時給に換算すると…。100円!

報酬の相場は、

内職 単価 平均時給
手作業(シール貼り) 0.1円 100円

このような感じ。

  • ティッシュへの広告入れ(ティッシュ配り用)
  • 雑貨小物などの袋詰め

なども同様で
とにかく単価が安い。
しかも材料を置くスペースが必要。

やはり今の時代の内職はパソコンやスマホの時代です。

 

【まとめ】内職したいあなたにおすすめの内職とその見つけ方

内職でおすすめは「データ入力」です。
先程紹介した4つのサイトは安全なので安心してご活用ください。

一方で、手作業系内職は時給に換算すると100円程度。全然稼げません。
もちろん、好みがあるので絶対にやるな!とは言いませんが、
私の経験からしてもおすすめはしません…。

人気の内職の単価と平均時給は、

種類 単価 平均時給
手作業系内職(シール貼り) 0.1円 100円
アンケートモニター 1円~300円 100円
データ入力 内容により異なる 600円

ちなみに、
私の友人は内職(在宅ワーク)をはじめて3年以上になるのですが、彼は今、親の在宅介護をしながらスキマ時間を使って「データ入力」で毎月数万円の収入を得ているそうです。

時給だけを見た場合、正直、アルバイトの方がましじゃん。と思うかもしれませんが、
内職(在宅ワーク)を希望する方は、

  • 事情があって自宅を長時間留守に出来ない
  • 体調が悪くて外出が難しい

という場合が多く、
特に、子育て中の主婦の方や、親の在宅介護をしている方のように、数時間のまとまった自由な時間がなかなか取れない場合、自分のスキマ時間を使って自宅で好きな時に仕事ができる。と言う点で、内職(在宅ワーク)に勝るものはありません。

しかし、1つだけあなたにも注意して欲しいことがあります。

悪質な詐欺業者に注意

内職(在宅ワーク)を紹介。
と言ってあなたを勧誘し騙す悪質業者が存在します。

「内職(在宅ワーク)」で高収入はあり得ません。

  • 始める前に費用を要求してくる
  • 「高収入」とか「月20万稼げる」というキーワードを多用している

こんなサイトは絶対に信用しないで下さいね。 

内職を探す際にはこの記事を絶対チェックしてくださいね。
  → 【警告】内職商法にご注意下さい。悪質な手口を暴露します

 

関連記事

 → ネットで誰でも簡単にお小遣い稼ぎできる16の方法(在宅OK)

 → 内職とはどういう仕事?平均時給相場は?どこで探すの?

 → 内職種類と単価相場・平均時給。今年の最新状況まとめました

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*