2018年11月のアメリカ中間選挙の予想は共和党が不利…?

アメリカ中間選挙

過去のアメリカ中間選挙では「与党に不利」という歴史があります。

そこでトランプ大統領は共和党による議会の過半数維持を目指し、9月にも最大でアメリカ15州を訪問する計画です。



■ 2018年11月のアメリカ中間選挙の予想は共和党が不利…?

米ウォールストリート・ジャーナル紙は23日、「トランプ氏、中間選挙に向け始動、過半数維持目指す」と報じました。

ドナルド・トランプ米大統領はアメリカ中間選挙に向け、共和党候補の応援に力を入れる計画とのこと。

アメリカ中間選挙が与党に不利に働くという歴史的な流れを反転させ、共和党による議会の過半数維持を目指します。9月に最大でアメリカ15州を訪問する計画です。

トランプ氏、中間選挙に向け始動 過半数維持目指す

ドナルド・トランプ米大統領は中間選挙に向け、共和党候補の応援に力を入れる計画だ。中間選挙が与党に不利に働くという歴史的な流れを反転させ、共和党による議会の過半数維持を目指す。9月に最大で15州を訪問する。計画に詳しい関係者が21日、明らかにした。

 トランプ氏は来月だけでも8回の選挙集会を開催し、資金集めのイベント16件に出席する。関係者によるとトランプ氏はできるだけ多くの日数を選挙運動に振り向けるよう、側近に指示した。

 これと並び、トランプ氏を支持する2つの外部組織は21日、何度か予定している中間選挙向けの資金投入について、第一弾を間もなく展開すると述べた。中間選挙で共和党を勢いづかせ、2020年のトランプ氏再選へ基盤を築く狙いだ。

 過去の例を見れば、一期目の大統領が中間選挙で成功を収めた例は少ない。大統領が属する党は下院で過去20回の中間選挙のうち18回で議席を減らし、平均すれば29の議席を失っている。

 トランプ氏の支持率は40%にとどまっているが、大統領の支持率が前回これほど低かったのは06年で、共和党は30議席を失った。当時はイラク戦争でジョージ・W・ブッシュ大統領の支持率が急落していた。

 民主党が下院の過半数を奪取するためには、23議席増やす必要がある。上院では2議席の追加が必要だ。

 民主党議会選挙委員会のスポークスマンを務めるタイラー・ロー氏は、「弱点をかかえた下院共和党は公には認めないかもしれないが、トランプ大統領の有害な政策課題や相次ぐスキャンダルは、中間選挙に立候補している全共和党議員に暗い影を落としている」と指摘した。

 トランプ氏を支持する外部組織「アメリカ・ファースト・アクション」と「アメリカ・ファースト・ポリシーズ」は下院共和党の過半数議席維持を支援している。両団体の関係者によると、特に競争が激しい10の選挙区などで当初の支援金として合計約1250万ドルを投じる予定だ。

 こうした団体はホワイトハウスとの連携を禁じられている。アメリカ・ファースト・アクションの関係者は、トランプ氏の公のコメントを逐一追うことで、選挙運動で何を優先しているか手掛かりを得ているという。同団体のブライアン・O・ウォルシュ代表は「ツイッターでのフォローは大いに役立っている」と語った。

 政治アナリストの中には、トランプ氏が集会に姿を現すのはもろ刃の剣だと指摘する声もある。共和党の支持層を活性化させる一方、民主党の有権者には、選挙日に投票へ出向いて過半数を奪い取る必要があることを改めて思い起こさせるからだ。

 だがトランプ氏自身の見方は異なる。先週のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューでは、自分が遊説に出れば反対派の士気が下がるとし、「私が顔を出せば民主党員は諦めるだろう」と話した。

 同氏の考えを知る関係者によると、ノースダコタ、サウスダコタ、ミズーリ、ネバダ、ケンタッキー、テネシーの各州を訪問する予定。

 トランプ氏はインタビューで、「50カ所を回らないといけない」とし、「かなりの数だ」と述べた。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

■アメリカ中間選挙 関連記事

アメリカ中間選挙の年は、ダウ下落のアノマリー。株価暴落に要注意!

2018年11月のアメリカ中間選挙予想 共和党が厳しいとの声…

トランプ大統領の最低の支持率が急回復した、ある出来事とは…?

2018年11月のアメリカ中間選挙どうなる?民主党有利で共和党厳しい…?

アメリカ中間選挙で「銃規制」の民主党、中間選挙で吉と出るか?

■世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*