在宅ワークの種類|資格なしで誰でもできる仕事内容と収入

在宅ワークの種類

「在宅ワークってどんなのがあるの?」
「私みたいに資格なしでもできるの?」
「初心者には無理なんじゃない?」

と思っていませんか?

実は、在宅ワークには「資格や経験がなくてもできる在宅ワーク」というのがあって、
子育てに忙しい方や、親の介護などで数時間のまとまった自由な時間が取れない方でも、スキマ時間を有効に活用できると言う点で、在宅ワークが最近人気のようです。

他にも、
「あなたが得意なことや経験を活かせる」在宅ワークもあるので、
その在宅ワークの仕事内容はもちろん、

  • 安全性
  • 在宅ワークを選ぶときの注意点
  • 実際に稼げる金額
  • 稼ぐコツ

などと一緒にまとめましたので読んでみて下さい。

これから在宅ワークをしたいあなたはもちろん。
既に在宅ワークをしているあなたにも役に立つ内容が満載ですよ。

このページを読めば、きっとあなたにピッタリの「在宅ワーク」が見つかりますよ。

 



資格や経験がなくてもできる在宅ワーク 3選

1、スマホさえあれば誰でもできる

  • UIscope

UIscope

スマホアプリのユーザビリティテストサービスで、簡単に言うとアプリのレビュー(使用感や感想)を動画で撮影することでポイント(1ポイント=1円)がもらえます。仕事ごとに報酬が設定されていて、

例えば、

  • PCのwebサービスの利用シーンを録画して提出する 
  • スマートフォンのアプリの利用シーンを録画して提出する 
  • スマートフォン利用に関するアンケートに回答する

などです。

UIscopeの仕事案件内容

動画というと面倒なイメージがしますが、Webカメラで簡単に撮影ができるので思った以上に簡単でビックリしますよ。

スマホさえあれば誰でもできるお小遣い稼ぎです。

最新アプリで楽しくお仕事  UIscope

 

2、誰でもできる ポイントサイトで1万円稼ごう

モッピー

ポイント(お小遣い)サイトなら、中学生でも1万円稼ぐことは簡単です。

  • ネットでいろいろ調べたけど稼ぎ方がイマイチわかんない…。
  • 種類が多くて、どのサイトが良いのかわかんない…。
  • 迷惑メールとか架空請求トラブルに巻き込まれそうで怖い…。

というあなた!

はっきり言います。ポイントサイトで1万円稼ぐことは決して難しいことではありません。そして安全なサイトを利用すればトラブルの心配もありません。

私の経験をもとに、大手ポイントサイトの「モッピー」を使って具体例に稼ぎ方の手順をまとめた人気記事がありますので興味のある方は是非読んでみてくださいね。

あなたが他のサイトを見て感じた「結局、何をすれば稼げるの?」という疑問は、この記事を読めばすべて解決しますよ

 → モッピーで1万円稼ぐ5つの方法

 → モッピーで稼ぐ必勝法。本会員が絶対お得!PC会員は変更を

 → 格安スマホに乗り換えるとモッピーはどうなる?新規は?

 

3、誰でもできる データ入力

パソコンを使って、文字入力をする仕事です。
「データ入力」は、特別な技術や資格が一切不要でパソコンで文字入力できれば誰でも可能な在宅ワークなので人気です。

例えば、

  • 通販サイトの商品情報入力
  • 不動産サイトの物件情報入力
  • 商品カタログの文字起こし

など、いろいろな案件があります。

依頼者が入力してほしい情報をメール添付して送ってくれるので、それをエクセルやワードなど指定のファイルに入力して納品し完了となります。

時給でどれくらい稼げるの?

稼げる金額は、もちろん個人差はありますが、
だいたい時給に換算すると平均600円ぐらいだと思ってください。

これは、3年以上も在宅ワークをやっている私の友人からの情報なので確かです。

例えば、

時給600円×5時間で3,000円。

1ヶ月に20日やったとして、

3,000円×20日で60,000円。

収入モデルとしては、これでも結構高い方だと思います。

ちなみに、
私の友人は在宅ワークをはじめて3年以上になるのですが、彼は今、毎月数万円ですが収入を得ているそうです。

時給だけを見た場合、正直、アルバイトの方がましじゃん。と思うかもしれませんが、
在宅ワークを希望する方は、

  • まとまった時間がとれない
  • 事情があって自宅を長時間留守に出来ない
  • 体調が悪くて外出が難しい

という場合が多く、

特に、部活やゼミがあってアルバイトをする時間が無いという大学生や、小さいお子さんのいる主婦の方や、親の在宅介護をしている方のように、数時間のまとまった自由な時間がなかなか取れない場合、スキマ時間を有効に活用できると言う点で、在宅ワークに勝るものはありません。

特に「データ入力」は、特別な技術や資格が一切不要でパソコンで文字入力できれば誰でも可能な在宅ワークなので人気です。

だからなのか分かりませんが…、
最近「データ入力」に関する質問が多いので、データ入力の「仕事の探し方」や「稼ぐコツ」などを分かりやすく記事にまとめました。興味があれば読んでみて下さい。

データ入力の在宅ワークで稼ぐコツ、仕事の探し方、時給は?

 

得意なことや経験を活かせる在宅ワーク 3選

実は、最近ネットを使って
あなたの「好きなことや得意なこと、経験や知識」
を活かした在宅ワークで稼ぐ人が増えています。

先程紹介した「資格や経験がなくてもできる在宅ワーク」に比べ、種類も豊富で単価が高いのが特徴です。

大学生だけでなく、社会人、主婦の方など、空いた時間を有効に活用したいあなたにおすすめです。

 

1、「デザイン力」で勝負

あなたのデザイン力が活かせる在宅ワークがあります。

私も利用していますが、「Lancers(ランサーズ)」や「クラウドワークス」という在宅ワークの案件紹介サイトで自分にあった仕事を探すのがベストです。
 → クラウドワークスとランサーズ比較。稼ぎやすいのはどっち?

 「デザイン」の在宅ワークで一番人気は「ロゴ・イラスト・キャラクター」制作です。

企業のロゴやイラストなどだけでなく、官公庁や各種施設からの案件も多いので案件を眺めるだけでもとっても楽しいです。

あなたの作ったキャラクターが商品のパッケージになって、お店に並んだり、CMやwebに載ったり…。なんてこと考えるだけでもワクワクしますね!

「ロゴ・イラスト・キャラクター」制作

ランサーズのロゴデザイン

 

次に案件数が多いのが、
「印刷物・DTP」の在宅ワーク。

下の画像では会社名にモザイクかけてますが、あなたも知っている大手企業です。

案件は中小企業だけでなく、誰でも知っているような大手企業からの仕事もあり、ビックリしますよ。

ネット時代以前は、個人が大手企業の仕事を請けるなんて考えられなかった(というか、個人に発注というそんな冒険をする担当者なんていなかった)ので、この10年程で日本社会の仕事のスタイルが一気に変わってしまったなぁ…という印象です。

大手企業が個人に発注するなんて、昔は非常識なことであり得ないことだったのに、それが今では常識になってしまったんですから、時代の変化というのは恐ろしいものです…。

印刷物・DTP

ランサーズの印刷物デザイン

 

他には、
「キャラクター・アイコン・アニメ」制作の在宅ワーク。

最近の案件としては、

  • webサイトやブログで「キャラクター」を使いたい
  • 商品説明のページで、アニメ(漫画)を使って分かりやすく説明したい

というような要望からの案件が多いですね。

キャラクター・アイコン・アニメ制作

クラウドワークスのキャラクターデザイン

 

その他にも、デザインの在宅ワークの種類として、

  • 地図・看板・インフォグラフィック
  • POP・メニュー・シール
  • CD・本
  • プロダクトデザイン・3D

などがあります。

もし、あなたがデザインの在宅ワークに興味があるなら、こちらの記事がおすすめです。

デザインの在宅ワークがすぐ見つかる求人サイト ベスト2

 

2、「語学力」を活かす

あなたの語学力が活かせる在宅ワークとして「翻訳」があります。

英語翻訳はもちろん、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語。

文章や音声の翻訳はもちろん、映像や出版の翻訳などもあります。

下記の画像を見るとわかりますが、仕事の内容もいろいろあり見ているだけでも楽しくなってきます。

クラウドワークスの翻訳

もし、あなたが翻訳の在宅ワークに興味があるなら、こちらの記事がおすすめです。

翻訳の在宅ワークが簡単に見つかる「求人サイト」トップ2

 

3、「プログラミング」のスキルを活かす

あなたのプログラミングスキルが活かせる在宅ワークがあります。

システム開発だけでなく「システム設計」や「ハードウェア設計・開発」などの高度な案件もあり、ホントに在宅ワークなの?って思うぐらい、ハイレベル案件があります。(案件を見てるだけで興奮してきます…)

もちろん、webアプリ、スマホアプリなどの各種アプリケーション開発案件もあり、「運用・管理・保守案件」もあります。

これでもかというぐらい大量の案件がありますので、きっとあなたにピッタリの案件が見つかると思います。

クラウドワークスのプログラミング

その他にも、

サイト開発やツール作成などの案件も多いです。
下記の画像は大規模な案件ですが、1~2日で対応できる小規模案件、例えば簡易ツール作成などもありますので最初はそういった小規模案件をこなして、徐々に実績を作っていくのが良いと思います。

ランサーズのプログラミング

もし、あなたがプログラミングの在宅ワークに興味があるなら、こちらの記事がおすすめです。

プログラミングの在宅ワークの求人紹介サイト 厳選2種

 

【要注意】実は、稼げない在宅ワークもある

人気があるけど、実は稼げない…。という在宅ワークがあります。

結構知らな人が多いので、ぜひ覚えておいてください。
この2つです。

 

1、手作業系内職

テレビドラマの影響か「内職」というと、貧乏な家の設定で、お母ちゃんが畳の居間で「ちゃぶ台」の上で袋詰めをして、部屋の隅には大量の段ボール箱。小さい子供も一緒に手伝って。という昭和なイメージですが、現在もそういう内職って実は存在しています。

人気の手作業系内職は、

  • シール貼り
  • ティッシュへの広告入れ(ティッシュ配り用)
  • 雑貨小物などの袋詰め

等です。

でも、はっきり言って手作業系内職はおすすめしません。

その理由は…。とにかく稼げないからです。

昔、「いきなり!黄金伝説。(テレビ朝日)」というテレビ番組(現在は終了)で、「シール貼り」という内職が放送されて反響が一時期あったようですが、実態としては、シール1枚貼って「0.1円」。

1時間あれば…、1000枚ぐらい貼れるかもしれませんね。でも、それって時給に換算すると…。100円!

はっきり言いますが、全然稼げないのでやめましょう。 

報酬の相場は、

内職 単価 平均時給
手作業(シール貼り) 0.1円 100円

このような感じ。

  • ティッシュへの広告入れ(ティッシュ配り用)
  • 雑貨小物などの袋詰め

なども同様で
とにかく単価が安い。しかも材料を置くスペースが必要で場所をとる。

今の時代は、在宅ワークはパソコンやスマホの時代です。

 

2、アンケートモニター

アンケートには最初に「事前調査」というものがあり、その後「本調査」というものがあります。
アンケートサイト側としては、まず「事前調査」でアンケートの依頼会社の条件を満たした方だけに「本調査」を依頼します。

例えば、企業側が30代の女性に健康食品に関するアンケートを取りたい場合「事前調査」の段階で男性と回答した方には「本調査」の依頼は来ません。

だからと言って「事前調査」の時に適当な回答(例えば、男性なのに女性と答えたり…)すると、アンケートの依頼自体がこなくなりますので、やらないで下さいね。

この「事前調査」でもポイントはもらえますが1~5円程度です。
一方、「本調査」では10~300円ぐらいの報酬がもらえます。

まとめると、

アンケートの種類

単価

webアンケート(事前調査)

1円~5円

webアンケート(本調査)

10円~300円

このような感じ。

で、1ヶ月間コツコツやりました。
コツコツと言っても案件数は多いわけでは無いので、四六時中パソコンにかじりついてアンケートに回答しまくる。みたいな感じにはなりません。
アンケート案件は、1日数件しかないので時間にすれば1日当たり数十分程度です。

体験してみて分かったのですが、そもそも、アンケートモニターというのは効率的に稼げる。というものでは無いです。(断言っ!)
でもなぜか、ネット上では結構おすすめしている人が多いので謎なんですが…。

どんなに頑張っても1,000程度です。(案件数がないので月に10時間。時給で100円程。)

実際どんな仕事なのか興味ある方は、こちらの記事を読んでみて下さい。

→ アンケートモニターでお小遣い稼ぎできるのか?実験してみた
→ アンケートモニターで1ヶ月いくら稼げるか試してみた

 

【追記】スマホでできる人気の在宅ワーク

スマホでできる在宅ワークの種類は意外にもたくさん(100種類以上)あるのですが、 実際に私の体験談から言うと「おすすめ」できるものは非常に限られます。

というのも、パソコンとスマホを比較した時に在宅ワークをするうえで、どうしてもパソコンの方が作業効率が良いからです。
そうは言っても、パソコンでなくスマホでやると便利な「在宅ワーク」っていうのも存在します。

厳選したんで2つしか無いんですが…。
以前こちらの記事にまとめたので、興味あれば読んでみて下さい。

スマホで稼げる在宅ワーク(スキマ時間でコツコツ賢く稼ぐ)

 

【まとめ】在宅ワークの種類|資格なしで誰でもできる仕事内容と収入

今の時代、ネットを通じてこれだけの仕事の選択肢が存在します。

特に、今回紹介した「資格や経験がなくてもできる在宅ワーク」は誰でもできるので、
スキマ時間を有効に活用できると言う点で、忙しくてまとまった時間が取れないあなたには最高ではないでしょうか?

ちなみに、
私の友人は在宅ワークをはじめて3年以上になるのですが、彼は今、親の在宅介護をしながらスキマ時間を使って「データ入力」で毎月数万円の収入を得ているそうです。

時給だけを見た場合、正直、アルバイトの方がましじゃん。と思うかもしれませんが、
在宅ワークを希望する方は、

  • 事情があって自宅を長時間留守に出来ない
  • 体調が悪くて外出が難しい

という場合が多く、

特に、子育て中の主婦の方や、親の在宅介護をしている方のように、数時間のまとまった自由な時間がなかなか取れない場合、自分のスキマ時間を使って自宅で好きな時に仕事ができる。と言う点で、在宅ワークに勝るものはありません。

他にも、専門要素の強い、

  • デザイン
  • 翻訳
  • プログラミング

などの在宅ワークは、
10年以上前であれば個人が仕事として受注…なんてことは考えられませんでした。
この10年程で日本社会の仕事のスタイルが一気に変わってしまったなぁ…という印象です。

しかも、その案件は中小企業だけでなく誰でも知っているような大手企業からの案件もあり驚きです。

ネット時代以前には、個人が大手企業の仕事を請けるなんて考えられませんでした。(というか、個人に発注というそんな冒険をする大手企業の担当者なんていなかったので)

大手企業が個人に発注するなんて、昔は非常識なことで、あり得ないことだったのに、それが今では常識になってしまったんですから、時代の変化というのは恐ろしいものです…。

しかも、それが誰でも能力さえあれば受注でき、在宅ワークとして働けるわけですから…。
こんな夢のある世界。10年前には想像もできませんでした…。
 本当にすごい時代がやってきましたね。

こちらは在宅ワークではないですが最近注目されている「お小遣いサイト」についてまとめた記事です。興味があれば読んでみて下さい。

ネットで誰でも簡単にお小遣い稼ぎできる16の方法(在宅OK)

関連記事

 → 内職種類と単価相場・平均時給。今年の最新状況まとめました

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*