6/24のトルコ大統領選挙結果でトルコリラ為替相場は今後どうなる?

トルコ大統領選挙

2018年6月24日のトルコ大統領選挙に注目が集まっています。

世論調査ではエルドアン大統領の苦戦が報じられており、24日の大統領選挙結果で接戦や決戦投票となれば、トルコ・リラが売られ過ぎ修正の短期反発となる可能性があります。

今後の、トルコリラ為替相場にも大きな変動がありそうです。

 

【追記】2018年6月26日



■トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

年初来、対ドルで19%下落しているトルコリラですが、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領が選挙に勝利したが、トルコリラの2018年の見通しは依然として下落相場を予想する声が多いようです。

その3つの理由をまとめました。

 → トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

 

【追記】2018年6月25日

■エルドアン氏がトルコ大統領選で勝利 トルコリラ今後どこまで下がる?

日本時間の本日(6月25日)早朝、トルコ大統領選について、エルドアン大統領が勝利宣言を行いました。

世論調査ではエルドアン大統領の苦戦が報じられておりましたが、勝利となりました。

今後の、トルコリラはどこまで下がるでしょうか?

 → エルドアン氏がトルコ大統領選で勝利 トルコリラ今後どこまで下がる?

エルドアン氏がトルコ大統領選で勝利 トルコリラ今後どこまで下がる?

 

■トルコ大統領選挙結果でトルコリラ為替相場は今後どうなる?

今週の為替相場では、週末24日のトルコ大統領選挙が注目されます。

現状は強権統治の独裁現職が優勢ながら、独裁批判や経済・通貨危機な度への危機感を訴える野党候補も追い上げを見せている。直前の世論調査で思わぬ現職苦戦が報じられたり、24日の選挙結果で接戦や決戦投票となれば、トルコ・リラが売られ過ぎ修正の短期反発となる可能性があります。

世論調査によると、エルドアン大統領の支持率が過去1週間で1.6ポイント低下し、24日の大統領選挙では第1回投票で勝利を決めるのは難しい情勢となっている、と報じている。また、同日行われる議会選挙では与党・公正発展党(AKP)の議席が過半数を割り込む見込みだという。

週末24日にトルコ大統領選挙、上下動含めた波乱リスク警戒

今週の為替相場では、週末24日のトルコ大統領選挙が注目される。現状は強権統治の独裁現職が優勢ながら、独裁批判や経済・通貨危機な度への危機感を訴える野党候補も追い上げを見せている。直前の世論調査で思わぬ現職苦戦が報じられたり、24日の選挙結果で接戦や決戦投票となれば、トルコ・リラが売られ過ぎ修正の短期反発となる可能性がある。

しかし、現職が辛うじて勝利したり、野党候補がサプライズ勝利しても、政治経済の混迷不安は持続。トルコ・リラが改めて戻り売りに押される波乱余地も排除できない。

出典:FXニュースレター

トルコリラ大統領選挙まで不安定な展開継続へ

トルコの大統領選挙(24日)まで1週間を切る中、シティグループはトルコリラの「日中のボラティリティー(変動)が選挙当日まで続く」と予想し、機動的な取引が望ましいとの見方を示した。

 シティは現状について、トルコ中央銀行がいまだリラ安に歯止めをかけられず、その一方でレジェプ・タイップ・エルドアン大統領は選挙後に起こり得ることを声高に叫んでいると述べた。

 現在の相場は前週末比0.2%リラ高の1ドル=4.72リラ前後。

出典:FXニュースレター

トルコ大統領選挙、世論調査では決選投票の公算

ロイターは、調査会社Geziciが発表した世論調査によると、エルドアン大統領の支持率が過去1週間で1.6ポイント低下し、24日の大統領選挙では第1回投票で勝利を決めるのは難しい情勢となっている、と報じている。また、同日行われる議会選挙では与党・公正発展党(AKP)の議席が過半数を割り込む見込みだという。

出典:FXニュースレター

【まとめ】トルコ大統領選挙結果でトルコリラ為替相場は今後どうなる?

2018年6月24日のトルコ大統領選挙に注目が集まっています。

世論調査ではエルドアン大統領の苦戦が報じられており、24日の大統領選挙結果で接戦や決戦投票となれば、トルコ・リラが売られ過ぎ修正の短期反発となる可能性があります。

今後の、トルコリラ為替相場にも大きな変動がありそうです。

トルコリラ 関連記事

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラ急落でドルに対して過去最安値 いったいどこまで下がる?

トルコリラ下落でドルに対して過去最安値を再び更新 どこまで下がる?

トルコリラ急落に対処 トルコ中銀が政策金利を16.5%に利上げ

トルコリラ今後の底値の見通しは?トルコ中銀が2018年6月に利上げか?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通し2017年から2018年のドル円は買い?

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)を対象にした調査で、そんな結果が出た。下落基調を強めているがゆえに割安感もあるとされるリラ。金利も高めで日本の個人投資家によるリラ買いは活発だ。ただ相場急落で損失確定を迫られるケースも出ており、裏側に投機筋の仕掛けがあるとの話も。真相は不明だが、注意は必要だ。
 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*