インフレ率上昇が原因でトルコリラ下落 今後の見通しは?

トルコリラ見通し

トルコで6月のインフレ率が市場予想を上回り、トルコリラ相場が1週間ぶり安値となる1ドル=4.6831リラをつけました。

今後の、トルコリラの見通しはどうでしょうか?



インフレ率上昇が原因でトルコリラ下落 今後の見通しは?

トルコで6月のインフレ率が市場予想を上回ったことを受け、トルコリラ相場が1週間ぶり安値となる1ドル=4.6831リラをつけた。

6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比15.39%上昇し、5月の12.15%上昇から伸びが加速。交通費や食料品価格が全体を押し上げた。

市場では、トルコ中央銀行がインフレ高進を阻止できるほどの金融引き締めには踏み切れないとの見方から、トルコリラが売られている。中銀は既に2回利上げを実施したが、レジェプ・タイップ・エルドアン大統領が再選を決めた中、トルコリラ相場は5月下旬につけた過去最安値付近での推移が続いている。

トルコリラが今後どこまで下がる見通しでしょうか?

トルコリラ、1週間ぶり安値 予想上回るインフレで

トルコで6月のインフレ率が市場予想を上回ったことを受け、リラ相場が1週間ぶり安値となる1ドル=4.6831リラをつけた。

 6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比15.39%上昇し、5月の12.15%上昇から伸びが加速。交通費や食料品価格が全体を押し上げた。

 市場では、トルコ中央銀行がインフレ高進を阻止できるほどの金融引き締めには踏み切れないとの見方から、リラが売られている。中銀は既に2回利上げを実施したが、レジェプ・タイップ・エルドアン大統領が再選を決めた中、リラ相場は5月下旬につけた過去最安値付近での推移が続いている。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

エルドアン氏がトルコ大統領選で勝利 トルコリラ今後どこまで下がる?

レジェプ・タイップ・エルドアン大統領が当選したのを受け、トルコの通貨リラは、対米ドル、対ユーロで約1.5%上昇しました。ただ政治的な不透明感などにより、リラは今年の大半の期間でつけてきたレベルを割り込む水準に沈んだままです。

米ドルは現在、4.61トルコリラ近辺。この1カ月、新興国市場が幅広く売られる中、トルコでは高いインフレ率に対処するため金利の急激な引き上げが行われました。トルコリラは急落し、一時は1ドル=5リラをにらむ展開となっていました。

トルコリラ、選挙後に上昇も下押し圧力つづく

レジェプ・タイップ・エルドアン大統領が当選したのを受け、トルコの通貨リラは、対米ドル、対ユーロで約1.5%上昇した。ただ政治的な不透明感などにより、リラは今年の大半の期間でつけてきたレベルを割り込む水準に沈んだままだ。

 国営通信によると、与党も大統領も過半数を若干上回る票を得て勝利した。この選挙結果を野党は不正に操作されたと批判している。

 米ドルは現在、4.61トルコリラ近辺。この1カ月、新興国市場が幅広く売られる中、トルコでは高いインフレ率に対処するため金利の急激な引き上げが行われた。トルコリラは急落し、一時は1ドル=5リラをにらむ展開となった。リラが最初に1ドル=4リラをつけてからまだ3カ月しかたっていない。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

トルコリラ下落止まらず、トルコ中銀独立性への懸念続く

トルコリラは25日も下落し、今週つけた過去最安値を再び更新した。23日にトルコ中央銀行が緊急大幅利上げに動いたにもかかわらず、投資家は引き続き売りに傾いているようだ。

 ロンドン・キャピタル・グループのジャスパー・ローラー調査部長は、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領が利上げに「猛反対」するなど、「当局の不一致」が投資家にとって問題だと指摘した。

 「(投資家の)多くは6月の選挙後、中銀の独立性が保たれるとは考えていない」とし、「中銀が独立しているという明確なメッセージがあれば、市場を落ち着かせる上で大いに役立つだろう」と述べた。

 トルコリラの対ドル相場は現在、1ドル=4.7288リラ前後で推移している。

トルコリラ下落でドルに対して過去最安値を再び更新 どこまで下がる?

トルコリラは5月23日のアジア時間朝方に対ドルで過去最安値を再び更新し、1ドル=4.8046リラを付けました。

今後のトルコリラの見通しは?下落の理由が何なのかまとめました。

 → トルコリラ下落でドルに対して過去最安値を再び更新 どこまで下がる?

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?

トルコリラがドルに対して過去最安値を更新しました。

BNPパリバ傘下のトルコ経済銀行(TEB)は、2017年1月のトルコリラ下落と、それに対するトルコ中央銀行の対応に言及し、当時と現在の状況を比較していると指摘。「当行では利上げは慎重なペースで行われ、トルコ中銀が6月7日の金融政策委員会(MPC)で利上げに傾くとの見方を維持している。ただ、市場がトルコ中銀の政策措置に納得するまでは、トルコリラが反発したとしても安定を欠きそうだ」と述べている。

リラは一時、過去最安値となる1ドル=4.5651リラを付け、現在は4.5429リラ近辺で推移しています。

トルコリラの下落の理由は?

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領が金融政策について異例の姿勢を示したことで、中央銀行への大統領の影響力を巡る不安が広がったことが、トルコリラの下落の理由です。

その他のトルコリラの下落の理由として、急速なドル高も要因だが、年初来で14%安というトルコリラの下げは、主にトルコ国内に理由があります。

【まとめ】インフレ率上昇が原因でトルコリラ下落 今後の見通しは?

トルコで6月のインフレ率が市場予想を上回り、トルコリラ相場が1週間ぶり安値となる1ドル=4.6831リラをつけました。

今後の、トルコリラの見通しはどうでしょうか?

トルコリラ 関連記事

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラ急落でドルに対して過去最安値 いったいどこまで下がる?

トルコリラ下落でドルに対して過去最安値を再び更新 どこまで下がる?

トルコリラ急落に対処 トルコ中銀が政策金利を16.5%に利上げ

トルコリラ今後の底値の見通しは?トルコ中銀が2018年6月に利上げか?

来週のトルコリラ予想

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通し2017年から2018年のドル円は買い?

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*