トルコリラ急落で過去最安値更新 原因はアメリカ人牧師拘束問題?

トルコリラ急落

トルコリラが急落し過去最安値を更新しました。

原因はアメリカ人牧師の拘束問題でトランプ大統領がトルコ制裁を行ったためで、トルコリラ相場は急落となっています。



トルコリラ急落で過去最安値更新 原因はアメリカ人牧師拘束問題?

トルコ在住のアメリカ人牧師拘束問題を巡り、トランプ米政権が対トルコ制裁を実施してから8日で1週間が経過しました。

この間、トルコのエルドアン大統領も報復措置を表明。北大西洋条約機構(NATO)加盟国間の異例の対立を受け、金融市場ではトルコリラや国債の相場が過去最安値を更新しました。

8日には、牧師拘束問題を巡る高官協議が米ワシントンで開かれたが、不調に終わったもよう。これを受け、9日リラは一時1ドル=5.45リラ台まで急落し、過去最安値を更新。年初来では30%近く下げています。

米国が追加制裁に動く懸念も浮上。対立が長引けば、経済の苦境は本格的な危機に転じる恐れもあります。

トルコ経済深まる苦境、動けぬ中銀=日経

日本経済新聞によると、トルコ在住の米国人牧師拘束問題を巡り、トランプ米政権が対トルコ制裁を実施してから8日で1週間が経過した。この間、トルコのエルドアン大統領も報復措置を表明。北大西洋条約機構(NATO)加盟国間の異例の対立を受け、金融市場ではトルコリラや国債の相場が過去最安値を更新した。トルコ経済の苦境は深まるが、利上げを嫌う大統領の圧力下にある中央銀行は通貨防衛に動けずにいる。

8日には、牧師拘束問題を巡る高官協議が米ワシントンで開かれたが、不調に終わったもようだ。これを受け、9日リラは一時1ドル=5.45リラ台まで急落し、過去最安値を更新した。米国が追加制裁に動く懸念も浮上。対立が長引けば、経済の苦境は本格的な危機に転じる恐れもある。

出典:FXニュースレター

トルコリラ、再び過去最安値を更新

6日の外国為替市場で、トルコリラがドルに対して再び過去最安値を更新した。トルコ中央銀行は外貨準備高の切り崩しや、市中銀行が中銀に預ける預金準備率の引き下げでリラ安に歯止めをかけようとしたが失敗した。

 リラは一時、対ドルで3.8%下落し、1ドル=5.277リラをつけた。年初来では30%近く下げている。

 投資家はレジェプ・タイップ・エルドアン大統領が金融政策に対する影響力を強めていることを懸念しており、中銀の一連の動きがこうした投資家の警戒感を高めた格好だ。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラが対ドルで急落し過去最安値を更新しました。

今後のトルコリラの見通しは?暴落の理由が何なのかまとめました。

 → トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

年初来、対ドルで19%下落しているトルコリラですが、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領が選挙に勝利したが、トルコリラの2018年の見通しは依然として下落相場を予想する声が多いようです。

その3つの理由をまとめました。

 → トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

 

■トルコリラ 関連記事

トルコリラ/ドルはどこまで下がる?今後7リラまで下落の見通し?

トルコリラ急落でドルに対して過去最安値 いったいどこまで下がる?

トルコリラ下落でドルに対して過去最安値を再び更新 どこまで下がる?

トルコリラ急落に対処 トルコ中銀が政策金利を16.5%に利上げ

トルコリラ今後の底値の見通しは?トルコ中銀が2018年8月に利上げか?

トルコリラでミセスワタナベ狩りか?トルコリラ下落の理由は?

来週のトルコリラ予想

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通し2017年から2018年のドル円は買い?

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*