トルコリラでミセスワタナベ狩りか?トルコリラ下落の理由は?

トルコリラでミセスワタナベ狩りか?トルコリラ下落の理由は?

トルコリラ下落

トルコリラが対ドルで下落し過去最安値を更新しています。このトルコリラ下落の背景として、日本経済新聞は28日、「ミセス・ワタナベ狩りか、トルコリラで投機筋と攻防」と報じました。

その真相と、トルコリラ下落の理由をまとめました。



トルコリラでミセスワタナベ狩りか?トルコリラ下落の理由は?

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)を対象にした調査で、今や米ドルの次に注目度が高い通貨はトルコリラとなっています。

日本経済新聞は28日、「ミセス・ワタナベ狩りか、トルコリラで投機筋と攻防」と報じました。

下落基調を強めているがゆえに割安感もあるとされるトルコリラ。

金利も高めで日本の個人投資家によるトルコリラ買いは活発。ただ相場下落で損失確定を迫られるケースも出ており、裏側に投機筋の仕掛けがあるとの話も。真相は不明だが、注意は必要です。

05月28日 08時48分 ミセス・ワタナベ狩りか、トルコリラで投機筋と攻防=日経

日本経済新聞は28日、「ミセス・ワタナベ狩りか、トルコリラで投機筋と攻防」と報じた。

今や米ドルの次に注目度が高い通貨はトルコリラとなっている。外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)を対象にした調査で、そんな結果が出た。下落基調を強めているがゆえに割安感もあるとされるリラ。金利も高めで日本の個人投資家によるリラ買いは活発だ。ただ相場急落で損失確定を迫られるケースも出ており、裏側に投機筋の仕掛けがあるとの話も。真相は不明だが、注意は必要だ。

出典:FXニュースレター

トルコリラ下落止まらず、トルコ中銀独立性への懸念続く

トルコリラは25日も下落し、今週つけた過去最安値を再び更新した。23日にトルコ中央銀行が緊急大幅利上げに動いたにもかかわらず、投資家は引き続き売りに傾いているようだ。

 ロンドン・キャピタル・グループのジャスパー・ローラー調査部長は、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領が利上げに「猛反対」するなど、「当局の不一致」が投資家にとって問題だと指摘した。

 「(投資家の)多くは6月の選挙後、中銀の独立性が保たれるとは考えていない」とし、「中銀が独立しているという明確なメッセージがあれば、市場を落ち着かせる上で大いに役立つだろう」と述べた。

 トルコリラの対ドル相場は現在、1ドル=4.7288リラ前後で推移している。

トルコリラ今後の底値の見通しは?トルコ中銀が2018年6月に利上げか?

トルコ中銀が2018年6月の金融政策決定会合で政策金利を16.50%から19.50%へ利上げするのではとの予想が市場にでています。

トルコの中央銀行は先の、2018年5月23日の特別会合で主要政策金利を16.5%に利上げしたばかりです。

 → トルコリラ今後の底値の見通しは?トルコ中銀が2018年6月に利上げか?

 

トルコリラの下落の理由は?

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領が金融政策について異例の姿勢を示したことで、中央銀行への大統領の影響力を巡る不安が広がったことが、トルコリラの下落の理由です。

その他のトルコリラの下落の理由として、急速なドル高も要因だが、年初来で14%安というトルコリラの下げは、主にトルコ国内に理由があります。

トルコリラ 関連記事

トルコリラ/ドルはどこまで下がる?今後7リラまで下落の見通し?

トルコリラ2018年の見通しは下落相場と予想する 3つの理由…

トルコリラ、対ドルで過去最安値更新 今後の見通しは?暴落の理由は?

トルコリラ急落でドルに対して過去最安値 いったいどこまで下がる?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通し2017年から2018年のドル円は買い?

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家(通称、ミセス・ワタナベ)を対象にした調査で、そんな結果が出た。下落基調を強めているがゆえに割安感もあるとされるリラ。金利も高めで日本の個人投資家によるリラ買いは活発だ。ただ相場急落で損失確定を迫られるケースも出ており、裏側に投機筋の仕掛けがあるとの話も。真相は不明だが、注意は必要だ。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*