トランプ大統領ロシアゲート疑惑 8日のFBI長官証言に注目

トランプ大統領FBI

為替市場で注目の トランプ米大統領のロシアゲート疑惑  ですが、コミー前FBI長官証言が6月8日となりそうです。

そうなれば、英国議会選挙と重なるため要注目の1日になるかも知れません。

トランプ大統領のロシアゲート疑惑は円高材料のため、急な円高変動には注意が必要です。

その辺りの影響について詳しく解説します。

コミー前FBI長官証言は6月8日頃か

米連邦捜査局(FBI)前長官のジェームズ・コミー氏 は早ければ8日にも、マイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対する捜査を打ち切るようドナルド・トランプ大統領に要請されたと上院情報委員会で証言する見通しです

06月01日 05時48分 DJ-コミー前FBI長官「大統領がフリン氏の捜査中止要請」と証言へ 

米連邦捜査局(FBI)前長官のジェームズ・コミー氏は早ければ8日にも、マイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対する捜査を打ち切るようドナルド・トランプ大統領に要請されたと上院情報委員会で証言する見通しだ。この件に詳しい関係者が明らかにした。

 コミー氏が上院委員会で証言すれば、5月9日にトランプ氏に突然解任されて以来、初めて公の場で発言することになる。

 コミー氏のメモによると、トランプ氏は2月に大統領執務室で、フリン氏に対するFBIの捜査について「この件を見過ごしてほしい」とコミー氏に語った。このメモを確認した複数の関係者が明らかにした。トランプ氏は、コミー氏に捜査中止を求めたことはないと否定している。

 この大統領執務室での会話はフリン氏の辞任直後に起きた。同氏はロシア外交官との電話の内容についてマイク・ペンス副大統領に誤解を与えたとして辞任に追い込まれた。

 コミー氏は解任された当時、昨年の大統領選へのロシア干渉疑惑を巡るFBIの捜査を指揮していた。ロシア側は疑惑を否定している。

 ホワイトハウスがコミー氏の証言を阻止しようとするかどうかは不明だ。

出典:Dow Jones

トランプ大統領のロシアゲート疑惑調査で7件の召喚状を発行

7つの召喚状のうち、4つはロシア疑惑調査に関するもの。

残りの3つは、ドナルド・トランプ氏の政権移行チームの人物の名前がバラク・オバマ前政権下の情報当局の機密文書に記載されていた経緯や理由を調べるためのものとのことです。

06月01日 16時13分 DJ-[訂正]米下院情報委、7件の召喚状を発行 ロシア疑惑調査で 

米下院情報委員会は5月31日、7つの召喚状を発行した。2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑の調査が 一段と本格化しつつあるもようで、事情を知る複数の関係者が明らかにした。

 7つの召喚状のうち、4つはロシア疑惑調査に関するもの。残りの3つは、ドナルド・トランプ氏の政権移行チ ームの人物の名前がバラク・オバマ前政権下の情報当局の機密文書に記載されていた経緯や理由を調べるための もの。

 同委は召喚状で、米国家安全保障局(NSA)、米連邦捜査局(FBI)、米中央情報局(CIA)に対し情報「公開 」を求めた。同委の民主党議員はトランプ陣営の主要メンバーの名前が当局の監視活動で傍受され機密文書に挙 げられていた経緯について徹底的に調査するよう要請している。米国民の名前が傍受された場合、政府内で配布される機密報告書であっても、やむを得ない理由がない限りその名前は報告書から編集・削除されるのが慣例だ

 傍受された人物の名前を公開するよう求めたのは、オバマ前大統領の補佐官(国家安全保障問題担当)を務め たスーザン・ライス氏、ジョン・ブレナン前CIA長官、サマンサ・パワー前米国連大使。事情を知る複数の関係者によると、3人に召喚状は出されていない。

 一方、ロシア疑惑調査に関する4つの召喚状の詳細は不明。だが、同委の民主党トップ、アダム・シフ議員( カリフォルニア州)は以前、マイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を召喚すると述べていた。31日に出された4つの召喚状の1つがフリン氏宛てかどうかは分からない。

出典:Dow Jones

【まとめ】トランプ大統領ロシアゲート疑惑 8日のFBI長官証言に注目

米国の為替市場では今週も トランプ米大統領のロシアゲート疑惑  に注目が集まっています。 要注目のコミー前FBI長官の議会証言 は早ければ30日、もしくは6月5日以降の実施が見込まれていましたが、6月8日となりそうです。

そうなれば、英国議会選挙と重なるため要注目の1日になるかも知れません。

トランプ大統領のロシアゲート疑惑は円高材料のため、急な円高変動には注意が必要です。一方で、イギリス総選挙結果次第でどちらに動くか不透明なので難しい相場展開になりそうです。8日はイギリス総選挙にも注目です。

FRB、FOMC関連記事

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → FRBのFOMC声明とイエレン議長会見 7つの要点

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

 → アメリカ利上げする?低失業率で低インフレ率では利上げ無理?

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*