トランプ大統領の税制改革案(トランプ減税)でドル高へ

トランプ減税

トランプ大統領の税制改革案(トランプ減税)が議会審議を経て年内にも成立すれば、トランプ減税が経済成長の加速に繋がるとの楽観主義が戻り今後はドル高が予想されます。

なお「次のドル高円安のターゲットは、昨年12月の118円から今年9月安値までの下落幅のフィボナッチ61.8%戻しや7月高値水準の114.30-50円水準」(同外銀幹部)とされ、これまで「抵抗線」だった112.50円近辺が今後はドルの「支持線」としてドル高が予想されます。 



トランプ大統領の税制改革案(トランプ減税)でドル高へ

トランプ大統領の税制改革案が議会審議を経て年内にも成立すれば、トランプ減税が経済成長の加速に繋がるとの楽観主義が戻り、いわゆる「リフレトレード」が復活するとされる。

ドル/円はトランプ減税が発表された27日、米10年債利回りが2.31%に上昇して連れ高を辿り一時113.26円まで買われたが、戻り売りに押され上げ幅を縮小。 確かに、トランプ減税の法案の議会通過が未だ楽観視される状況になく、異論を唱える共和党議員も複数いることから、ドル高の流れに勢いはない。だが、30年ぶり米減税法案がドル相場の下支えとして機能する点には異論の余地はなく、「米議会の動向を注視しながら当面、ドルは底堅い推移が想定される。

なお、「次の円安のターゲットは、昨年12月の118円から今年9月安値までの下落幅のフィボナッチ61.8%戻しや7月高値水準の114.30-50円水準」(同外銀幹部)とされ、これまで「抵抗線」だった112.50円近辺が今後はドルの「支持線」として機能しそうだ。 

09月28日 22時40分 【FXトピック】次の円安61.8%戻し114.30-50円水準 

トランプ政権の税制改革案が議会審議を経て年内にも成立すれば、トランプ減税が経済成長の加速に繋がるとの楽観主義が戻り、いわゆる「リフレトレード」が復活するとされる。

実際、トランプ大統領が税制改革案を発表した27日、ドル指数は1ヶ月ぶり高値を付け、米国株は最高値圏に接近、米10年国債利回りは8月初めの2.31%に達した。ただ、その後は、税制改革案を巡る不透明感が広がり、かつ詳細が未だ不明点が多く米国株の上値が重くなり、「リフレトレード」は短時間に収束した。

ある米系投資家は「税制改革案で協議を持ち掛けられなかった野党・民主党は反対姿勢を打ち出し、共和党内部も一枚岩ではない。希望的な項目が長々と連なっており、実現する前に多くが削除されるリスクがある」と不安を口にする。

さらに、トランプ米政権始動以降、ヘルスケア法案の頓挫等で、共和党が過半数を占めながらも米議会の掌握力に対しての疑問が根強い。また、ハッチ上院財政委員長が異論を唱える等、議会通過に向けたハードルは未だ高そうだ。

ある税制調査団体の試算によれば、税制改革に伴い政府の歳入が今後10年間で最大5.9兆ドル落ち込むとされる。しかも、富裕層と企業が優遇される一方で、中間層には恩恵が少ないとの批判が野党・民主党から聞こえてくる。

つまり、現時点ではトランプ減税の相場への影響は限定的だというのだ。米債のイールドカーブの形状を見ても、中短金利差は然程変化を見せておらず、前26日のイエレンFRB議長のタカ派発言にも18年の利上げ期待幅は引続き0.34%で停滞している。

年内の減税法案の成立を見越すのであれば、「2-3ヶ月の通貨オプションの需給環境に変化が生じても良いが、未だに顕著な動きは観察されない」(同外銀幹部)。

インフレ指標が良好なラップを刻みかつ法案通過が現実的なものと見なされない限り、シビアなマーケット参加者の米インフレ見通し好転は難しい状況にある。となれば、減税法案の公表だけでドル高の強いモメンタムが生じるとは時期尚早と思推される。

ドル/円はトランプ減税が発表された27日、米10年債利回りが2.31%に上昇して連れ高を辿り一時113.26円まで買われたが、戻り売りに押され上げ幅を縮小。

むしろ、この日のドルと米国債利回りを押し上げたのは、前日(26日)、イエレン議長が示した追加利上げへの前向きな見解だったとの指摘もあった。

確かに、減税法案の議会通過が未だ楽観視される状況になく、異論を唱える共和党議員も複数いることから、ドル高の流れに勢いはない。だが、30年ぶり米減税法案がドル相場の下支えとして機能する点には異論の余地はなく、「米議会の動向を注視しながら当面、ドルは底堅い推移が想定される。

なお、「次の円安のターゲットは、昨年12月の118円から今年9月安値までの下落幅のフィボナッチ61.8%戻しや7月高値水準の114.30-50円水準」(同外銀幹部)とされ、これまで「抵抗線」だった112.50円近辺が今後はドルの「支持線」として機能しそうだ。

出典:FXニュースレター  

09月29日 00時58分 DJ-【市場の声】トランプ減税絡みのドル高、長続きはしないもよう 

 今年のドル安要因の1つは、ドナルド・トランプ米政権が改革を進められていないことだった。それでもドルはここ数週間で回復基調を見せ、27日にはトランプ政権の減税案の公表で上値を拡大した。

 スタンダード銀行はこれまで「トランプ減税の見通しに市場が少し悲観的になり過ぎているかもしれない」と述べていた。だがトランプ減税案の公表を受け「ドルがこれを手掛かりに反発する場合、ドル高への長期的な構造的変化というより、期待に基づく一時的な回復になりそうだ」との考えを示した。

 ドルが年単位の構造的な下落基調に入り始めた段階で、トランプ減税の成否に関わらずこの傾向は続くとの見方は変えなかった。歴史的に見て、共和党が政権を運営している間はドルが下落しがちなことも一因だ。

出典:Dow Jones

【まとめ】トランプ大統領の税制改革案(トランプ減税)でドル高へ

トランプ大統領の税制改革案(トランプ減税)が議会審議を経て年内にも成立すれば、トランプ減税が経済成長の加速に繋がるとの楽観主義が戻りいわゆる「リフレトレード」が復活するとされる。

ドル円はトランプ減税が発表された27日、米10年債利回りが2.31%に上昇して連れ高を辿り一時113.26円まで買われたが、戻り売りに押され上げ幅を縮小。 確かに、トランプ減税の法案の議会通過が未だ楽観視される状況になく、異論を唱える共和党議員も複数いることからドル高の流れに勢いはない。だが、30年ぶり米減税法案がドル相場の下支えとして機能する点には異論の余地はなく米議会の動向を注視しながら当面、ドルは底堅い推移が想定されます。

なお、「次の円安のターゲットは、昨年12月の118円から今年9月安値までの下落幅のフィボナッチ61.8%戻しや7月高値水準の114.30-50円水準」(同外銀幹部)とされ、これまで「抵抗線」だった112.50円近辺が今後はドルの「支持線」として機能しそうです。 

FRB、FOMC関連記事

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → FRBのFOMC声明とイエレン議長会見 7つの要点

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

 → アメリカ利上げする?低失業率で低インフレ率では利上げ無理?

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*