【画像あり】タイガー&ドラゴンに星野源さん丸坊主で出演

tiger-and-dragon

タイガー&ドラゴン(2005年4月15日 – 6月24日、TBSにて放映) に星野源さんが出演していました。

星野源さんの役は「林屋亭どんつく」。 主人公がお世話になる落語家(林家亭)の弟子の役で、 なんと!坊主頭でした。

では、実際の出演時の画像をどうぞ!



タイガー&ドラゴン、星野源さん出演シーン

ドラマ「タイガー&ドラゴン」で星野源さんは、落語家(林家亭)の弟子の役なので、ほとんどが着物姿ですが、 かなりレアな上半身裸のシーンも…。
(上の2枚は、落語の稽古シーン。下の2枚は銭湯のシーン)

 

一番右が星野源さん。素敵な笑顔ですね。

 ドラマ「タイガー&ドラゴン」のワンシーン。寄席の楽屋で談笑するシーンです。

 

タイガー&ドラゴンでの星野源さんセリフシーン

星野源さんは一番右側。落語の稽古シーンでセリフを言っている場面です。

タイガー&ドラゴンと言えば…

「タイガー&ドラゴン」は、あのクドカン(宮藤官九郎さん)脚本の名作ドラマです。

星野源さんの役は、落語家(林家亭)の弟子の役で セリフはあまりありませんでしたが(放送1回につきセリフは一言ぐらい)、 登場シーンは毎回数シーン必ずありました。

タイガー&ドラゴン

タイガー&ドラゴン

出典:Amazon

タイガー&ドラゴンってどんなドラマ?

落語をモチーフとし、人情、師弟愛、家族愛を時にシリアスをまじえながらコメディタッチで描いた。TBSプロデューサー磯山晶と脚本宮藤官九郎の名コンビがマンハッタンラブストーリー以降再び手掛けた作品。

タイトルはオープニングテーマとして用いられているクレイジーケンバンドの楽曲「タイガー&ドラゴン」に由来する。また当ドラマに登場する2人の主人公、「虎児」(小虎)と「竜二」(小竜)にも掛かっている。

2005年1月のスペシャルドラマで『第42回ギャラクシー賞』(放送批評懇談会主催)のテレビ部門・選奨を獲得し、同年4月からの連続ドラマで『第43回ギャラクシー賞』(放送批評懇談会主催)のテレビ部門・大賞を受賞した。

※出典:Wikipedia(タイガー&ドラゴン)

タイガー&ドラゴンの魅力

「TOKIOの長瀬智也さん」と「V6の岡田准一さん」がW主演の 落語を題材にした「宮藤官九郎(クドカン)さん」ワールド満載の 大爆笑なのに最後は泣ける、名作ドラマ「タイガーアンドドラゴン」。

毎回の話が、落語のネタをアレンジした新作落語になっていて、その新作落語のネタが主人公の長瀬智也さんの周囲に起こる出来事なんですが、そのネタが秀逸すぎ! 「宮藤官九郎さん」って天才!と納得してしまうストーリーになっています。とにかく毎回面白い。何回見ても面白い!

脇を固める役者さんも芸達者な方々ばかりで、特に西田敏行さんの演技が凄すぎて…。まるで本当の落語家のようです。

宮藤官九郎(クドカン)さん脚本のドラマで「タイガーアンドドラゴン」が一番好き!って人が多いのも納得です。

 ※下の画像は「タイガーアンドドラゴン」の登場人物相関図です。

タイガー&ドラゴン星野源

【まとめ】タイガー&ドラゴンに星野源さん丸坊主で出演

タイガー&ドラゴン(2005年4月15日 – 6月24日、TBSにて放映) に星野源さんが出演していました。星野源さんの役は「林屋亭どんつく」。 主人公がお世話になる落語家(林家亭)の弟子の役で、 なんと!坊主頭でした。

星野源さんの役はセリフはあまりありませんでしたが(放送1回につきセリフは一言ぐらい)、 登場シーンは毎回数シーン必ずありました。落語家(林家亭)の弟子の役なので、ほとんどが着物姿ですが、 かなりレアな上半身裸のシーンもありました…。

ちなみに、「タイガー&ドラゴン」は、あのクドカン(宮藤官九郎さん)脚本の名作ドラマです。何度見ても面白くて、しかも感動的!脚本も秀逸!宮藤官九郎さん脚本のドラマで「タイガーアンドドラゴン」が一番好き!って人が多いのも納得です。

「タイガー&ドラゴン」では脇役の星野源さんも今では主演俳優もつとめる実力。すごいですね!これからも星野源さん頑張ってくださいね。応援してます!

星野源さんドラマ関連人気記事

 → 星野源さん 12年前に、あの人気ドラマにも出演していた

 → 離婚弁護士に星野源さん出演【画像あり】(ドラマ第2話)

 → 【画像あり】マンハッタンラブストーリーに星野源さん出演

ドラマ関連人気記事

 → 浜崎あゆみ「未成年」などドラマ8本に歌手デビュー前に出演

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*