FX

ポンドドル イギリス議会でEU離脱否決なら1.20ドルへ下落の見通し

ポンドドル見通し

【2019年3月13日 更新】

 ※【追記】2019年3月13日 イギリス議会で「EU離脱協定修正案」が否決されました。
 ※【追記】2019年1月16日 
イギリス議会で「EU離脱協定案」が否決されました。

 

今後のイギリス議会で「EU離脱協定案」が否決されれば 1.20ドルへ下落の見通し。

逆に可決されれば 1.40ドルまで急上昇するのではないか?と予想されています。 続きを読む

2019年ポンド急落の理由はイギリスEU離脱(ブレグジット)問題

イギリスブレグジット

【2019年4月3日 更新】

 ※【追記】2019年3月29日 イギリス議会で「EU離脱協定案」が否決(3回目)されました。
 ※【追記】2019年3月15日 イギリス議会で「EU離脱の期日延期」が可決されました。
 ※【追記】2019年3月13日 イギリス議会で「EU離脱協定修正案」が否決されました。

 

2019年1月16日 イギリス議会で「EU離脱協定案」が否決されました。

今後、ブレグジットの影響でイギリス経済とポンドが暴落する可能性とその理由について詳しく解説します。

続きを読む

アメリカでバブル崩壊?2020年アメリカ株の強気相場ついに終焉?

アメリカバブル

市場では、アメリカ株式相場がファンダメンタルズを反映した合理的な水準を超え、資産バブルの域にあるとの声が出ています。

米中「貿易摩擦」が景気減速を促すリスクがあり、世界株式が下落局面に入ったとの疑心暗鬼が一部の投資家に頭をもたげつつあります。

さらに、ここに来て、「過去100年の平均が8月高値の11月安値となっている米ダウ平均の中間選挙年サイクル」が意識されつつあります。

アメリカ資産バブルの現状と理由を詳しく解説します。

続きを読む