会社

医者とライオンと時任三郎さんの話

 

 

突然、「ドスンッ!」と人が倒れるのを見たことありますか?

 

これは実話ですが、

3日前に風邪をひき、ものすごく体調が悪い日。

 

プレゼンの帰りに電車の中で吊革にぶら下がっていたとき、

突然意識が飛んで…、

私は「ドスンッ!」と突然床に崩れ落ちたそうです。

 

幸い、その床に落ちた衝撃ですぐ意識が戻ったみたいで、

怪我もなく大事には至りませんでしたが…。

 

 

当時の私は、

毎日徹夜でフラフラになりそうな状態で仕事をし続けており、

ついにプレゼンの3日前に体調を崩してしまいました。

 

でも休むわけにいかず何とかユンケル飲んで踏ん張って、

プレゼン当日も何とか乗り切ったんですが、

そのプレゼンの帰りに電車の中で吊革にぶら下がっていたとき、

意識が飛んで…、

たぶん力が抜けて吊革を持つ左手を離してしまったんでしょうね。

会社の同僚の話では、「ドスンッ!」と突然床に崩れ落ちたそうです。

 

私は、その床に落ちた衝撃ですぐ意識が戻ったみたいで、

ぬくっと立ち上がったそうですが、

何ともいえない「ふわっ」とした体が軽いような感覚と、

冬の寒い日なのに体がポカポカ温かい状態だったのを

今でも感覚として覚えています。

 

そのあと、病院にいったのですが、

その時、お医者さんに言われた言葉は忘れられません。

 

『高橋さんね、アフリカに住むライオンでも、体の調子が悪い時は日陰に入ってずっと寝てるんです。動物ってのはね本来、自己回復能力というのがあって、病気になっても休んでいれば自分の力で回復するんですよ。』

 

「では、一番の薬は休むってことですか?」

 

『そうそう。こんな事を僕が言うのもアレだけど、薬を飲んでも風邪は治らないんですよ。僕が出している薬ってのは、熱を下げたり、お腹の調子を整えたりする薬であって、風邪を治す薬じゃない。

市販の「パブ●ン」とか「葛●湯」」を飲めば風邪が治ると思っている人が多いんだけど、箱を読んでみて。ほら「かぜの諸症状の緩和」って書いてあるでしょ?』

 

私は、風邪薬を飲んでいれば、そのうち風邪が治るもんだと思っていました。

自分の無知が恥ずかしくなりました。

 

『だから、極端な話、薬飲まなくても、暖かくしてずっと寝てれば治るんですよ。自己回復能力でね。人間もライオンと同じ。()

 

 

それからというもの、

私は病院には一切行かなくなり、体調が悪い時はとにかく寝る。

という習慣にしました。

(ちょっと極端かもしれませんが、これが私の性格です…(笑)

 

 

特に、サラリーマンの時は、

熱があっても倒れるまで働くのが男でしょ!

ノリとしては、子供の頃テレビで見た

「24時間戦えますか!」って感じでしたからね。

 

さっき懐かしくなって、

時任三郎さん ユンケルで検索したらCM動画集ヒットしました。

懐かしぃ~~~()

https://www.youtube.com/watch?v=746v_877dzI

(20代の人とか知らないよね…たぶん)

 

 

すいません。話それました…。

 

とにかく私は「熱があっても倒れるまで働くのが男でしょ!」

みたいな雑なノリでしたので、

この方向転換には天と地がひっくり返るぐらいのストレスを感じましたが、

お医者さんという専門家の言葉というのは重みがあり

私の心にズシッときました。

 

 

そうは言っても、当時はサラリーマン。

 

しかも営業マンだった私は

「昼まで寝てま~す」とか、

「今日は早退しま~す」

なんてことは簡単にできない…。

 

そんな状況だったので正直苦労しました。

 

だから、毎年冬のシーズンは、

毎週土日はひたすら眠る。という感じでした。

 

ハハハ…。()

 

 

だから、今こうして自由に時間を決められるライフスタイルは

すごく幸せです。

 

体調が悪い時は、昼までゆっくり寝て回復できますし、

とにかく自分で自由に時間を調整できるという事は

何にも代えがたい幸せです。

 

 

「オレもその幸せをつかむために、とにかく早く結果を出したい!

「1日でも時間が惜しい。」

という気持ちも分かりますが、

体調こそすべて。

体を壊したら何もできません。

 

あなたも、もし調子が悪い時は、どうか休んでください。

たくさん寝て疲れをとってください。

 

寝不足だったり、風邪などで体調が悪い時は、

そもそも集中力がなくなるので内容が頭に入ってきません。

 

本を読んでも活字が頭に入ってこないし、

誰かと話しても、うわの空ですよね?

だから焦らずに、回復するまで休みましょう。

 

手紙で「ご自愛下さい」という結びがありますが、

まさに字の通り、

自分で自分の体を愛してあげないと体を壊してしまいますからね。

自分の体調を守れるのは、お医者さんではなく、

他でも無いあなた本人なんですから。

(昔の人はやっぱりすごいなぁ~、と感心…)

 

 

それでは、ご自愛下さい。

 

 

 

35歳のあなたへ伝えたいこと

 

今のあなたには信じられないかもしれないけど、

40歳を超えたあたりから集中力が突然落ちます。

 

今でもたまにやっていると思うけど、

徹夜とかホントにきついし、

朝まで飲むとかなんてもう無理。

20代の頃なんて全然平気だったのにね…。

 

夜中にYouTube見ると止まんないと思うけど

あれもだんだんしんどくなる。

 

想像できないでしょ?

 

だから、やりたいことを見つけたら

今のうちにやっといた方が良いよ!絶対。

 

そのうち体力的にきつくなって

「面倒くさい」が増えるから。

 

 

あと40歳超えると、

体のあちこちが痛くなるんだよね。

特に腰とかヒザね。

 

「ぷっ」

って今笑ったかもしれないけど、

オレも昔そう思ってたわけ。

 

そんな話してる40代の人を見て、

「ダサっ」って思ってたなぁ…。

 

新聞読んでいるとピントが合わなくなるんだよね…。

最初、頭がクラクラしているのかと思ったよ。

「サンテ40」ってこういう事ね。と納得。

 

同年代の人に会うと、

「体力が落ちたよねぇ~」

「何するにも面倒に感じるよねぇ~」

ってのが定番。

 

何度も言うけど、

「今のエネルギッシュな状態は一生続かない」

から注意してねっ!!

 

失った今「老い」って嫌だなって強く感じる今日この頃。

 

タイムマシーンがあって、

過去の自分に会ったら絶対忠告するわ。

「今のエネルギッシュな状態は一生続かない」よっ!て。

 

集中力が落ちたから?か

時間があっという間に過ぎる気がして。

 

仕事していて1時間たつのがめちゃくちゃ早い。

アウトプット量なんか半分くらい。

本読む速度も遅くなったし。

 

「あれっ?今オレ5分くらい寝てた?」

ってことが何度も…。

 

だからまだまだ若いあなたっ!!

 

必ず老いは来ますから

バリバリ体も頭も動く今のうちに

やりたいことに何でも貪欲に

チャレンジしよう!

 

 

「年とると1年があっという間だわ…」と

おふくろがよく言ってたけど、

集中力とか時間に対する感覚が老いで鈍くなり、

そう感じるのかな?

もし、詳しいこと知ってたら教えてください。

 

 

あなたが副業で安定収入を手にしたいなら…まず最初にこれ

 

これから話すことは凄く重要なことなので絶対に忘れないでくださいね。

 

私は今まで「Skype」でいろいろな方と話してきましたが、意外にみなさん気づいてないことがあります。

 

それは、自分の経験を他の分野にズラすことで稼げる。

ということです。

 

これだけじゃぁ、何のことかさっぱり分からないと思うので、

例として、私の知っている2人の方のお話を紹介しますね。  続きを読む

悪質極まりない商法をするあいつにご注意!!

前回のメルマガを読んだ方から、

「そんな失敗をしていたなんて意外でした」
「私もがんばろう!と勇気をもらいました!」

などの返信をたくさんいただきました。

ありがとうございました。

前回は、お金に関する失敗を書いたので
ビックリしたかも・・・ですが。

失敗といっても、私の場合、お金だけでなく
ビジネス上の失敗も数知れません。

恥ずかしくて書けないようなことも多いです。

はっきり言って、
格好良い人間ではありません。

特に20代前半の頃は会社の中では
人前で格好つけようとばかりしていました。

プレゼンを格好良く決めたくて、
見た目の良い資料を作るためにパワーポイントを
毎晩寝る時間を削って勉強しまくったり、
セミナーにバンバン通って、
プレゼンの技を盗もうとしたり…。

でも、
そういう中身の伴わない上辺だけの人って、
逆に格好悪いんだなぁ~…。
って20代の後半になってやっと気づきました。

プレゼンの内容が伴ってないで、
ただ、パワーポイントで作る資料のデザインとか
ページめくるときに「キラッ」って光る視覚効果とか…。

そんなのを見て「かっちょいい~」とか

…はっきりってアホでした。(笑)

見た目だけにこだわって。
実は中身がない。

これって人間もそうですが、
商品だって同じですよね。

パッケージデザインだけ良くて、
味はまずい炭酸飲料とかね。

もう、ダメって感じ。

そういうことが分かって自分の行動を変えた途端、
周りの人の私の見る目が変わりました。

いろいろな人に助けてもらえるようになり、
成果も急激に上がるようになり、
お客さんからも評価されるようになりました。

もちろん、その時もいっぱい失敗はしました。

でも1つ言える大きな違いは、
20代前半の人前で格好つけようとばかりしていた頃は
失敗しても失敗してないような態度だったし、
どこか他人の責任みたいな振る舞いだったような気がします。

最低ですね。。。

でも、その最低な自分に気づいてからは、
失敗したらそれを認め誤り、
迅速に真剣に解決に取り組む。

例え自分のミスでなくとも、
プロジェクトメンバーの失敗は自分の失敗と考え、
一緒になって解決に取り組むようになり、
泥臭いと思える仕事も進んでやるようになりました。

で、そこで得られたのが
自分の成長を感じることだったり、
自信だったり、周りからの信頼でした。

順番はいろいろなのかもしれませんが、
同じ会社の仲間から信頼されるようになったことで
私の人生観は大きく変わったんです。

そして、この時の大きな経験は
今でもすご~く役立っています。

なぜなら、「信頼」というのは
リアルビジネスだけでなく
ネット上のビジネスでも重要。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だからです。

「そんなの知ってるよ!」

とあなたは言うでしょうが、
世の中には結構分かってない人が多いんだな。
これが…。

例えば、

「今年の忘年会は…」
「来週の合コンは…」

こんなふうに、
店を探すときって食べログで、
レビューを読むよね?

評価が高ければその店にするし、
評価が低ければ予約しないでしょ?

Amazonで本を購入する時、
レビューを読むよね?

評価が高ければ安心して購入するし、
評価が低ければ買わないかもしれない。

そうなんだよね。

私たちは、レビューという口コミによる
「信頼」を頼りにして知らずのうちに、
購入を決めたりしている。

これをアフィリエイトに応用したのが、
レビューサイト。

数年前に、これが一気に流行りだし、
レビューサイトが乱立したんだけど、

そのうち、競争が激化し、
詐欺的な商材を好レビューして成約につなげるという
悪質極まりない商法をする輩が出現しちゃって問題に。

そして現在でもレビューサイト同士による
競争は続いていて、それら競合と差別化できない
サイトは結果が出ていない
というのが現状なんだよね。

まっ、そりゃそうだ。

「食べログ」と同じようなサイトが
いくつもあったって
ユーザーには必要ないわけで

ユーザーにとっては
「食べログ」だけで十分なわけです。

じゃぁ、アフィリエイトで成功している人って
どうしているのか?

そこにヒントがあるわけです。

キーワードは「信頼」。

なぜなら、あなたのことを、
「信頼」してくれたお客さんは
また、あなたから商品を買ってくれます。

だから、どうやったら
お客様に「信頼してもらえるのかなぁ~」
ということを考えてみればいいんです。

単純に言えば、

お客様に満足いただければ、
次も、あなたから商品を買ってくれます。

それは、単純に「良い商品を勧める」
ことだけではありません。

※もちろん「良い商品を勧める」のは当然のことで、
それにプラスアルファで何が必要か?
という話を今してるんです。(笑)

具体的にどうすればいいか分かりますか?

1日時間をとるので、
通勤の電車の中とか、
昼休みにランチの順番待ちしている時にでも
少し考えてみて下さいね。

それでは、また次回!

楽しみにしていてくださいね。

 

広告費100万円を使って販売開始、その結果は…?

 

失敗して泣いてもいい。

そこで下を向かずに
勇気を振り絞って挑戦を続ければ、いつか涙も笑い話になる。

だから、くよくよしていても
しょうがないんですよ。

私はよく、何でも成功している人と思われているようですが、
そんなことはありません。

何度も失敗しました。

お金を無駄にしてきたし、

「あぁ~お金だまし取られた…。」

という経験も実は何度もしています。

これまで何度もメルマガなどで話してきてますが、
私は今までいろいろな研究をしてきました。

ネットで調べたり、
本を読んだり、
セミナーに行ったり、
そこで得た知識を実際に
ほとんどというぐらいテストしてきました。

中には、全く役に立たないような知識をもあったし、
そんなものが、有料で販売されていたりします。

いろいろ無駄なお金も使いましたし、
これで完璧!!
と意気込んで、広告費を100万円ぐらい使って販売した商品が
10万円分ぐらいしか売れずに、
頭の中が真っ白になったこともありました。

あの時はきっと調子に乗ってたんでしょうね…。

当時は冷静にやっていたつもりだったし、
自信もたっぷりだったんですが、

今考えれば、「その自信が過信」であり、
「落とし穴」だったんでしょうね。

私が別途発行している会員制メルマガでは
以前話したことがありますが、

広告を使うときは、できるだけお金をかけずに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スモールスタートすべし!!!

と口を酸っぱくしてアドバイスしているのは
私自身の痛い体験によるものなんです。

失って気づく。

まぁ、そういうことですね。

でも、100万円は痛かったなぁ~。。。

これ本音です。(笑)

でも、高い授業料にはなりましたが、
あれ以来、広告に対する感覚というか
センサーはかなり鋭くなりました。

トータルで見れば、
その後に700%強のリターンをたたき出す
広告に出会ったり、

ピークはだいぶ過ぎましたが、
それでも5年間ほど継続して300%以上の
成果を出し続けている広告もあります。

別に自慢をしたいのではありません。

私が言いたいのは、
失敗してもそこで諦めないで続ければ、
いつか花は咲くということです。

失敗して諦めたら、
それまでにかけたお金、時間を失います。

それだけじゃありません。

その挑戦に関わってくれた人が多ければ多いほど、
例えば、取引先、パートナー、上司、同僚…。
あなたの事を陰ながら見守ってくれた人。

全ての人たちの好意も無駄にすることになるかもしれません。

だから、失敗しても全てを投げ出すようなことを
しないでください。

例えば、あなたがブログを始めたとします。

でも、思うように上手くいかず、
アクセスも集まらない。
記事も書けない。

だからと言って、
あなたは何も得るものがなかったのでしょうか?

いいえ、違います。

ブログを始めたことで、
どんなブログサービスがあって、
どういう仕組みでアクセスが集まって、
検索エンジンとの関わりとか、
どうやって収入を得ることができるのか?とか
なぜ、芸能人はアメブロが多いのか?とか

今まであなたが知らなかったことが
学べます。

それって、あなたの隣の家の奥さんは知りません。
あなたの会社の隣の席の人も知りません。

そういう新しい情報や知識をあなたは得たのです。
素晴らしい成長じゃないですか!!!

そして、それが1年後に役立つかもしれません。

次、ブログを始める時だけでなく
メルマガやSNSや物販など、
あらゆるネット上でのビジネスに役立つスキルなのです。

だから、ブログで思い通りの成果が出なかったからと言って、
諦めないでください。

アフィリエイトをして結果がでなくても
諦めないでください。

あなたの経験は、絶対に将来役に立ちます。

今は時間的に苦しいかもしれませんね。

どうしても、モチベーションが上がらない時もあります。

体がだるくて、それどころでは無いよ!
という状況かもしれません。

でも、あきらめて全てを投げ出すようなことは
しないでください。

勇気を振り絞って挑戦を続ければ、
いつかこの苦労も笑い話になる。

だから、少しずつでいいんです。

コツコツでいいから、
あなたのペースでいいから

毎日1mmでもいいから
成長できた!
と思えたらそれで十分です。

一緒に、みんなでがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「泉谷しげる」さんを見て思い出すこと

あれは確か20代の頃だったかな?

取引先に、
顔が「泉谷しげる」さんにそっくりで、
キャラもおんなじ感じで
いつも真っ赤な顔して怒鳴っている。

そんな方がいたんです。

打ち合わせの時とか
本当に怖くって、
いつも怒られていた・・・

テレビで「泉谷しげる」さんを見ると
いまだにその方を思い出すんですね。

もう、半分トラウマ・・・(笑)

その後、プロジェクトも終了し、
5年ぐらい会っていなかったのですが、
異動の異動で私が出入りしている部署のワンフロア下に
戻られたという噂。

でも、本当に怖い方なので、
取引がなくなった後に会いにいくのは
正直「ちょっと嫌だな」って思ってたんだけど、
同じビルにいるわけだし、
どこかでまた会うかもしれないし・・・。

ということで、
半分ビビりながら、
特に用事もないのに挨拶に行ったんです。

そしたら、
実際にあってみると、あら不思議。

いままで見たことないような優しい笑顔で
「来てくれて、ありがとう~~」
ってニコニコしながら言ってくれて。

あれは本当に驚いたな~。

それから、何度か時間があるときに
会いに行ったんだよね。

ホントに何も用事がなかったので
最近お忙しいですか?とか
お子さんは元気ですか?とか
最近ゴルフやってますか?とか

ただ、そんな雑談だけしに。

でも、いつもすっごいニコニコして、

「忙しいところわざわざ来てくれてありがとう!」

と言って、すっごく喜んでくれる。

当時はなんで、こんなにも喜んでくれるのかな?
と不思議に思っていたんだけど、
最近になってから、ようやく答えが分かりました。

つい先日。

2年前に仕事をしたAさんが
突然、私の事務所にやってきたんです。

別に仕事の用事があるわけでもないのに、
「ちょっと近くまで来たんで…」
って言って、
わざわざ自分に会いに来てくれたんです。

お互いの近況を話したり、
たわいのない雑談をしただけなんですが、
Aさんが帰った後、すごく嬉しい気持ちになったんです。

「わざわざ自分に会いに来てくれた」

そのことが、とっても嬉しくて、
心にジーンときたんです。

きっと、あの「泉谷しげる」さん似の部長さんも
同じ気持ちだったのかもな・・・。

インターネット社会になって、
人と人とのつきあいが薄くなってきているなぁ~
と実感することの多くなった現代ですが、
やはり、仕事の場において
特に大きな(金額が動く)案件であればあるほど
最後に重視されるのは人間関係であるので、
個人の信用力というのは
ますます重要だなぁ~と感じました。

 
実は、この話には続きがあって、

その5年後…、

この「泉谷しげる」似のおじさんのお力で
10億以上の案件を受注することになるんですが、
その話はまた次の機会に。

 

 

 

 

 

「俺って、他の会社いったらもっと給料良くなるんじゃねぇ?」って思った時にすべきこと

 

もし、あなたが今働いている会社で「給料が安い」「俺って会社から必要とされてんだろうか?」「俺って、他の会社いったらもっと待遇良くなるんじゃねぇ?」という不満があるなら、良い方法があるんで、やってみてください。

これは実際に、私がサラリーマン時代にやって凄く良かったので、お勧めするんだけど。 転職紹介会社にエントリーして、いろいろな会社の面接を受けてみる。(これお勧め!)

そうすると、 A社から年収600万円とか、B社から500万円とかかなりリアルな数字が提示されるんで、 「俺ってそのぐらいなんだ~」って客観的な数字が分かるわけ。

でもね、やってみて分かったんだけど、本当に重要なのって、 「俺って、他の会社いったら給料増える(or減る)かも…」ってことが分かることではなくって、 自分にとって今足りないモノ、 例えば、企画力、プレゼン力、交渉力、コミュニケーション力、部下の気持ち理解、上司の気持ち理解、顧客の気持ち理解、 聞く力はあるのか?質問力はあるのか?などなど。

そういった数字にはあんまり表れない能力がどのくらいあるのか、人より劣っているのか? ってことが分かるってことに価値があるんだよね。

何故わかるかって? それはね。転職紹介会社にエントリーする時に、職務経歴書っていうのを書くわけ。 これって何かっていうと、自分の社会人になってからの棚卸なんだよね。

最初のどの部署で、どんな仕事して何てことを書いてくんだけど、書いているうちに、 どんなことで失敗して、成功して、そこから何を学んで、どんな成長したか… そういうものが見えてくるんだよね。

でもこういうことって、実は忙しい毎日に追われて、冷静に考えたことってないでしょ?

だからこそ、もし自分の将来に不安を感じたり、「俺、このままでいいのかなぁ~」とか、「俺って会社から必要とされてんだろうか?」「俺って、この会社で評価低くねぇ?」っていう不満を感じるなら、今すぐやってみるといいよ!

 

 【今日のまとめ】

自分の価値がどれくらか分かれば、自信になります。その自信が、見えないところであなたの発言や行動に変化をもたらしてくれるのです。今日早速、転職紹介会社のwebサイトにエントリーしてみましょう。

 

 

 

 

 

「私には魅力が無い…」とネガティブになった気持ちを一気に明るくする方法

 

 

もし、あなたが、「私には魅力が無い…」とネガティブな気持ちになっているなら、今度友人にこう聞いてみるといいよ!

「俺の長所って何?」って。ちょっと恥ずかしいけどね・・・。

でもね。聞いてみると、自分が気づいていないことを言われることが多い。そう、自分が気づいていない「本当のあなたの長所」。

たぶん100人中99人がそう。あなたの気づいていない長所を言います。(断言!)

だいたい自分にとって当たり前だと思っていることを他人は高評価しているということが多い。

ブラジルにいた「ロベルト・カルロス」ってサッカー選手知ってる?

ファンから「ロベカル」って呼ばれた人気選手で彼は誰もが認める、左足のスペシャリスト。 こんな神業なシュートをするぐらい。(マジで神業です…)
 ↓↓↓

そんな彼があるインタビューでこう答えたらしい。

 ■記者  「あなたの左足はいつからそうなったんですか?」

 ■ロベルト「いや~、昔からこうなんで分かんないなぁ…」

ロベカルの左足を賞賛する記者に対して、 「俺の左足は昔からこうだから、いつからパワーアップしたかなんて わかんないよ…。」 と答えるロベカル。もちろん、ロベカル自身は当たり前だと思っているわけです。(笑

こんな感じで、誰もが自分のことって分かっているようで全然分かってなかったりするわけで。

そういう私も以前、友人4人で飲みながらそんな話をしたら、みんな「えーそうなんだ」とお互いに驚いてばっかり。面白いから是非あなたもやってみるといいよ。

注意点は1つ。 ある程度つきあいの長い人とやらないと意味がないってこと。 これは友人に限った話じゃなくて、別に仲が良くなくてもOK。

例えば、同じ職場で仕事は一年以上一緒だけど、あまりプライベートな話はしたことがない。なんて感じの人だと面白い評価が聞ける場合が多いかも。

そういう人って、特にあなたの客観的に良い点、悪い点を見ているので、すごく参考になるよ。

例えば、

 ・コツコツ仕事を真面目にするところ。

 ・面白いアイディアが思いつくところ。

 ・怖いもの知らずで度胸がある。

 ・雑用を嫌がらずに先頭に立ってやるところ。

 ・空気が読めるところ。

 ・気が利く。

 ・行動力がある。

 ・リーダーシップがあって頼りがいがある。

などなど…。

ぜひ聞いてみて!

「へぇー。俺ってそんな風に見られてたんだ…」と 少しウキウキする気分になれるよ。

そして自分に自信が持てます。

早速今日、やってみましょう。