テーパリング

ECBテーパリングで為替の影響は?インフレ見通しとユーロ高注目

ECBテーパリング

ECBのテーパリング方法の話し合い内容に関して、昨日10月5日に、ECB理事会の議事要旨公表の議事録でその内容が明らかになりました。

為替への影響として、低インフレ見通しとユーロ高がセットで懸念されている点が公開されれば、ユーロ売り材料となると予想されていましたが、予想通りユーロ圏のインフレが依然目標に届かないこと「ユーロ高のボラティリティーの大きさや、ユーロ上昇のスピードの速さ」への懸念が判明しユーロ売りが進みユーロは高値 1ユーロ=1.178ドル台から、安値1ユーロ=1.170ドル台まで大きく下落。ユーロ安相場となりました。

続きを読む