スタートアップへの追加削除の設定は簡単-windows7

スタートアップ削除2

Windows7で「スタートアップ」に登録されている アプリケーションプログラムを削除(or追加)する 方法をまとめました。

 

スタートアップへの追加削除の設定登録(windows7)

「最近、パソコンの立ち上がりが遅い…」 という場合は、これをやると効果抜群です。

アプリケーションプログラムによっては、
インストールすると自動的にスタートアップに登録されるものがあるので、
あなたの知らないうちに「スタートアップ」にアプリケーションが追加されていて
パソコンが最近重くなった(遅くなった)… と感じる方も多いようです。

普段使わないアプリケーションプログラムのスタートアップは削除しておきましょう。
それをするだけでも、パソコンの立ち上がりの時間がだいぶ短縮されますよ。

それでは、手順を説明します。(とても簡単です)

スタート画面で「ファイル名を指定して実行」を選択

パソコン重い20

「Windows」キーを押しながら「R」キーを押しても、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されます。※ショートカットキー

 

 「msconfig」と入力

「msconfig」と入力して、Enterキーを押します。

パソコン重い21
 

システム構成の「スタートアップ」タブを選択

「スタートアップ」のタブをクリックすると、
Windows 起動時に動いている・常駐しているプログラム一覧が表示されます。

スタートアップ削除1 

「スタートアップ」から削除したいアプリケーションのチェックを外して[OK]をクリック

例えば、
下記のように Canon IJ Network Scanner Selector EX のチェックを外して「OK」をクリックすると
「スタートアップ」から削除完了となります。

スタートアップ削除2

 

スタートアップへアプリケーションを追加登録する方法(windows7)

この時、逆に
チェックをつけて「OK」をクリックすると「スタートアップ」に追加登録完了となります。

例えば、
下記のように「Canon IJ Network Scanner Selector EX」のチェックをつけて「OK」をクリックすると「スタートアップ」に追加登録完了です。
Canon IJ Network Scanner Selector EX

 

スタートアップに表示されていないアプリケーションプログラムを追加登録する方法

例えば、エクセルやIE等のブラウザ、outlookなどをスタートアップに追加登録してパソコン起動時に自動で立ち上げたい場合は、こちらを参考にして下さい。
 → スタートアップに追加登録しPC起動したい-windows7

 

【まとめ】スタートアップへの追加削除設定(windows7)

「最近、パソコンの立ち上がりが遅い…」
という時は、スタートアップに登録されているアプリケーションを確認して、
削除設定をすると効果抜群です。

アプリケーションプログラムによっては、
インストールすると自動的にスタートアップに登録されるものがあるので、
あなたの知らないうちに「スタートアップ」にアプリケーションが追加されている。
という事がよくあります。

その影響で、
パソコンが最近重くなった(遅くなった)… と感じる方も多いようです。

使用頻度の低いアプリケーションプログラムは、
スタートアップから登録を削除するようにしましょう。

関連記事

 → 【プロが伝授】重いPCを軽くする1番簡単な方法とは?

 → 【感謝!】M570tマウスで腱鞘炎と腕の激痛が治った!

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*