みんな意外と知らない。安全に使えるフリーメールはこれ。 

フリーメール安全

「フリーメール今すぐ使いたい。でも個人情報やセキュリティ面が心配で怖い…。」
「安全なフリーメールってどれ?いっぱいあって分かんない。」

というあなた。

今すぐ使えて、安全なフリーメールでおすすめは「Gmail」です。

「Gmail」なら、そのままでも安全に使えますが、 もっとセキュリティを強固にして安全性を高めたい!危険から守りたい! というあなたのために、 今すぐできるように実際のGmail画面のスクリーンショットを使って 分かりやすくまとめました。

この記事を読めば、 フリーメールの代表である「Gmail」を安全に使うことができるようになりますよ。

最も安全な高セキュリティのフリーメールはGmail

自分のフリーメールが悪用されたらどうしよう…危険な状態にならないか心配…フリーメールって安全なの? と不安になるかもしれませんが必要以上に恐れることはありません。

まずは、Gmailに不正アクセス されていないかを調べる方法を説明します。

基本的にGmailはフリーメールの中でもセキュリティが高く安全なので、 そのまま使ってもらって問題ないのですが、 セキュリティ状態は最大限、つまりMAXな状態にしたい!危険性をきるだけ排除したい!というあなたのために 抜群の効果を持つ最強のセキュリティ対策もあわせて解説します。

では、順に

  • 【1】不正なアクセスが無いかをチェックする方法
  • 【2】セキュリティを最強にする方法

について解説します。

【1】Gmail(フリーメール)で不正なアクセスが無いかをチェックする方法

Gmailで不正なアクセスがされていないかを調べる方法です。

自分のメールアカウントへのアクセス情報をチェックし、この際に見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。

では、確認の手順を説明します。

Gmail画面の右下にある「アカウントアクティビティの詳細」をクリックします。

Gmailアカウントアクティビティへのリンク

 

これまでのアクセス履歴が表示されます。

下記画像の赤枠内にある「ロケーション(IPアドレス)」欄に、 もし見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。Gmailアカウントアクティビティ

画面の一番下(赤枠内)に「このパソコンは IP アドレス ****** を使用しています。」 というような表示がされます。

上記の画像では「 ****** 」にはボカシを入れてますが、
実際の画面ではここに数字の羅列が並んでいます。(例、 123.456.789.012 )
この数字の羅列があなたが今使用しているIPアドレスになります。

ですので、「ロケーション(IPアドレス)」欄のボカシを入れた箇所には、 これと同じ番号が表記されているはずです。

もし「ロケーション(IPアドレス)」欄に見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、  不正アクセスの可能性が高いです。

Gmailはセキュリティ万全で不正アクセス受けても被害ゼロで安全でした

【追記】2017年1月27日

私のGoogle アカウントに、なんと!2017年1月1日に不正アクセスがあり 下記のように表示されました。 

不正アクセス2

当時の「不正アクセス」事件に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。参考までに是非一度読んでおいた方が良いですよ。いつあなたの身に起きる分かりません。油断は禁物!

 →  Googleアカウントに「不正アクセス」突然ログインできない時の解決策

 

【2】Gmail(フリーメール)でセキュリティを最強にする方法

これは実際に私が体験した実話なんですが、「不正アクセス」攻撃を受け「Googleアカウント乗っ取り事件」が発生しました。

しかし、Gmail及び、Googleの安全性の凄いところは、 そんな「不正アクセス」を受けたにもかかわらず、私には全く被害が無かった! ということです。Gmailは本当に凄い!フリーメールとは思えないセキュリティの高さと安全性です。

細かい仕組みについては割愛しますが、 Gmail側で「不正アクセス」が着た瞬間にアクセスを遮断してくれたため 私のGmailや個人情報まで「不正アクセス」が及ぶことはなく、被害ゼロで済んだようです。

こうして文章にしてしまうと、非常に当たり前のような感じがしますが これって本当にすごいセキュリティですよ!

Gmailはフリーメールなのに、ここまでの安全性(セキュリティ)対策をしているなんて凄すぎです。

 

これがその時の事件の話(記事より一部抜粋)です。

Googleアカウント乗っ取り事件発生!

見てください…。これがGmailに届いた
衝撃のメールです!  

不正アクセス

 

「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました」

…んっ…???

 

「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました…」

えっーーーーーーーーーーーーー!!!
不正アクセスっ???

マジかぁーーーーーーーーーーーーーー!!!

これって、アカウント乗っ取りだぁ…!

【追記】2017年3月8日
 私が突然襲われた「不正アクセス」の恐怖体験と 「Googleアカウント乗っ取り事件」解決までの一部始終をまとめた記事です。
いつあなたの身に同じことが起こるか分かりませんので、念のため是非読んでおいてください。

 → 【恐怖!】グーグルアカウント不正アクセス乗っ取り事件発生

 

グーグルの「2段階認証」セキュリティ機能が凄すぎる!

この事件以降、
私はGoogleでおすすめされているセキュリティ機能である 「2段階認証」機能を設定することにしました。

下記に設定手順と注意事項をまとめたので、 あなたも今すぐ安全性向上のために「2段階認証」機能を設定することをおすすめします。

私みたいに不正アクセス受けたら最悪ですからね…。

2段階認証機能の設定方法

Gmailへのログインは「メールアドレス+パスワード」の組み合わせですが、
さらに「認証コード」を追加することでセキュリティを高めるのが「2段階認証機能」です。

それでは手順を説明します。

右上のアイコンをクリックし「アカウント」をクリック 。
Gmailセキュリティ設定画面1
  

「ログインとセキュリティ」をクリック

Gmailセキュリティ設定画面2
   

「2段階認証プロセス」をクリック

Gmailセキュリティ設定画面3

 

 「開始」をクリック

Gmailセキュリティ設定画面4

 

スマートフォン(もしくは携帯)の電話番号を入力し 「試す」をクリック

※「コードの取得方法」は「テキストメッセージ」のままで結構です。 

Gmailセキュリティ設定画面5

 

「確認コード」を入力し「次へ」をクリック

先程入力した電話番号宛にショートメールが届きます。
そのメール内に記載された「確認コード」を 下記画像の赤枠内に入力し「次へ」をクリック。 
Gmailセキュリティ設定画面7

 

 「オンにする」をクリックして設定完了 

Gmailセキュリティ設定画面8

 

以上になります。

ログインするときに、1ステップ追加

手順1、パスワードを入力します

いつもは、Googleのアカウントにログインする時 パスワードを入力して、ログイン完了しましたよね? ここまでは同じです。

2段階認証の場合は、 もう1ステップ追加されます。

手順2、コードまたはセキュリティ キーを求められます

毎回あなたの電話番号宛にショートメールが届きます。 そのメール内に記載された「確認コード」(6桁のコード)を入力してログイン完了です。

グーグルアカウント2段階認証1

 

フリーメールとは思えないセキュリティと安全性にビックリ…

えっ、毎回「確認コード」を入れなきゃいけないの? って思ったかもしれませんが、
それは最初の1回、
つまりこの「2段階認証機能」の設定をした直後のログイン時にだけ 携帯に送られてきた「確認コード」を入力してログインになりますが、 その次からは、いつも通りのログインと手続きは変わりません。

つまり、
「確認コード」を入れるのは、最初の1回だけでOKです。

なぜ、そうなるかと言うと、 同じパソコン(同じIP)からのログインであれば 不正アクセスで無いという判断で、 毎回「確認コード」を入れる必要はないよね。 ということのようです。

ですので、
同じパソコンで無い場合、 例えば、出張先からGmailにアクセスする場合は 「確認コード」の入力が必要になります。

【追記】2017年2月8日

突然、Googleアカウントの2段階認証の「確認コード」が携帯電話のメールに届かなくなるというトラブルが発生。一応、電話対応にして解決したんですが、その時の一部始終をまとめました。もしもの時のために参考までに読んでみて下さい。

 → 【解決!】Google2段階認証の確認コードが届かない時

 → Googleバックアップコード(8桁)の取得とログイン方法

 

フリーメールは仕事用には使わない方が安全?

これは難しい質問ですが、 一般的な利用であれば Gmailでも安全面は大丈夫だと思います。

ただし、あなたが仕事で機密性の高い情報を扱っている場合、 例えば、見積書や提案書などを関係者にメールで添付送付する場合、 万が一のことを考え、フリーメールを使わない方が良いでしょう。

つまり、万が一でも関係者以外にその仕事の内容を知られるわけにはいかない場合、  フリーメールは使わない方が安全でしょう。

実際には「プロバイダメールアドレス」と「フリーメール」の使い分けに悩まれている方は多いです。

「プロバイダメールアドレス」と「フリーメール」の賢い使い分け方法

そのあたりの使い分けのポイントを分かりやすくまとめた記事はこちら(人気記事です
 → 【プロ直伝!】賢いメールアドレスの使い分け

 

フリーメールを安全に使うには…

前提として、あなたのパソコン環境において下記の内容が守られているのであれば、 フリーメールであろうと安全性を心配することはありません。

逆に言えば、有料のプロバイダーアドレスを使っていても、 下記の内容が守られていないのであれば安全とは言えないわけです。

チェック項目として4つあります。 順番に見ていきましょう。

1、パソコンのセキュリティ状態が安全である

セキュリティソフトはパソコンに当然入っていますよね?

また、ブラウザーやオペレーティングシステムなどは最新のパッチを適用し、 セキュリティの問題のない最新の安全な状態にしておきましょう。

2、安全なパスワードの設定

悪意のある第三者にパソコンを乗っ取られたら最悪です。 パスワードはなるべく複雑なものにしましょう。セキュリティ上、非常に重要なことです。

安全なパスワードを作るには、

  • アルファベットと数字を組み合わせる
  • 辞書にあるような単語を使わない
  • 誕生日や名前など個人が特定できるものを使わない

のが理想的です。

3、安全でないネットワークは使用しない

特に暗号化されていない公衆 Wi-Fiなどを使うのは安全ではないので避けましょう。セキュリティが高くないので決して安全とは言えません。スマホなどで接続するのも危険です。注意して下さい。

ご家庭でも無線LANを使用する場合、パスワードの設定を忘れないでくださいね。

4、パソコンから離れる際は必ずログアウトする

例えば会社など、他人があなたのパソコンに触れることができる環境の場合に、 パソコンが乗っ取られる可能性が一番高いです。 基本的なことですが安全は自分で守りましょう。会社で席を離れる際は、パソコンを必ずログアウトして、パスワードを入力しないとログインできない安全な状態にしておきましょう。

他にも例えば、カフェなどでちょっとした作業をするためにパソコンを開く場合。この時も、ちょっと電話をするために席を外したりトイレなどに行く場合は、必ずパソコンを必ずログアウトして、パスワードを入力しないとログインできない状態にしておきましょう。

いつ誰に狙われているかわかりません。安全第一です。

以上、
この4つが守られていれば、
フリーメールであろうと安全性を心配することはありません。

【まとめ】安全なフリーメールはGmail

基本的に「Gmail」はフリーメールの中でもセキュリティが高く安全なので、 そのまま使っていただいて問題ないのですが、 セキュリティ状態を最高に保つには今回紹介した2つの方法、

  • 【1】不正なアクセスが無いかをチェックする方法
  • 【2】セキュリティを最強にする方法

を使用してください。

Gmailはセキュリティ万全で不正アクセス受けても被害ゼロで安全でした

【追記】2017年1月27日
私のGoogle アカウントに、2017年1月1日に不正アクセスがありましたが、 Googleの高度なセキュリティ技術のおかげで、 乗っ取り、なりすまし等の被害は全くありませんでした。

 → Googleアカウントに突然ログインできない時の解決策

ただし、
前提として、あなたのパソコン環境がセキュリティ万全で安全な状態でなければ、 そもそもフリーメールだろうが、有料のプロバイダーメールだろうが 安全に使うことはできません。

ですので、最低限この4つのチェック項目は守ってくださいね。

  1. パソコンのセキュリティ状態が安全である
  2. 安全なパスワードの設定
  3. 安全でないネットワークは使用しない
  4. パソコンから離れる際は必ずログアウトする

この4つが守られていれば フリーメールであっても安全性を心配する必要はありません。

ハッキリ言って、

Gmailは無料のメールサービスとは思えない機能と 安全性(セキュリティ)を備えた最強のフリーメールです。

「Gmail」の取得方法を図解でわかりやすくまとめました。
 → 無料でメールアドレスを取得する方法(Gmail作成方法)

Gmailならアドレス追加が簡単

さらに、Gmailならメールアドレスを増やすのが簡単。 たった5秒ほどでできてしまいます。
やり方はこちらにまとめたので読んでみてください。 ホントに超便利なんでビックリしますよ!

 → Gmailアドレスを簡単(5秒)に追加する方法【超便利】

フリーメール、Gmail関連記事

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 → 「覚えている最後のパスワードを入力してください」の対処法

 → Googleアカウントのログインページ変更

 → おすすめフリーメールアドレス(サービス比較と取得方法)

 → フリーメールアドレスとは?無料・有料の使い分け

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*