困った!どうしよう…ブログネタ探しに困ったらコレ読んで

ブログネタに困ったら

「ブログの記事ネタがない。困った。どうしよう…。」

という経験ありますよね?

そんな時に是非読んで欲しい。 役立つ記事をまとめました。

これを読めば、
「やっべぇなぁー。どれも書きたいことばっかだし。」
「うわー、どのネタから書こっかなぁ。」
ってワクワクした気分になると思いますよ!



ブログネタがない!ネタ探しに困ったら…

ブログネタ2

 

もし、あなたがブログネタに困っているなら、
下記の「3つのこと」についてちょっと考えてみて下さい。

そうすれば、ブログネタがポンポンと浮かんでくると思いますよ!

  1. 変態だと思われても構わないぐらい好きな事を真剣に書く
  2. 「あなたの体験談」は他人にとって非日常で面白い
  3. テレビ番組を自分の意見も入れてまとめる
では、具体的にどうすればブログネタが脳の中に溢れ出てくるのか?やり方を詳しくまとめたこちらの記事をどうぞ!
 →数えたら1、2…10個もネタが!ブログネタに困ったらこれ

 ↑この記事を読んだら…

やっべぇなぁー…。
数えたら、1、2、3、・・・10個!もネタがたまってる…。
どれも書きたいことばっかだし。
うわー、どれから書こっかなぁ。

あなたも、そんな感覚になると思いますよ!

どんな記事が「人に喜ばれる」のか分かった!

ブログ書き方

アナリティクス(Google Analytics)
記事毎の「滞在時間」や「直帰率」が見れるのですが、 これを見ると、
どの記事が読者に読まれていて、満足度が高いのか、それとも低いのか? が分かります。

例えば、
「直帰率」という数値があるんですが、
読者がそのページを見て、あなたのサイトから立ち去ってしまった割合になります。

つまり、
あなたのサイトに飽きたからサヨウナラ。
という状態になったページで、 満足度が高ければ数字は少なくなり、最高の状態は「0%」です。

ちなみに、
信じられないことに、 私の記事でも唯一「直帰率0%」の記事がありました。
 ※ホントかよ?と自分に突っ込みたくなりましたが…。それがこの記事。
  ↓↓↓
 ポイントサイト稼ぎ方。良い事だけでなく悪い事も正直言うよ

つまり、この記事を読んだ方の満足度は「非常に高い」ということです。
正直、自分では意外な感じがしましたが…。

むしろ、他の記事の方が満足度が高いのではないか?
と思って見たら、
そちらの直帰率は20%ありました…。

読者さんとの感覚がズレているんだなぁ~。と反省。
で、どういう点が、読者に高評価なのかな…というと…。

ここから先は、こちらの記事に詳しく書きましたので
是非ご覧ください。
 →ブログでどんな記事を書いたら人に喜ばれるか分かった!

アメトーークの加地Pから学んだこと…

アメトーク

※出典:アメトーーク公式サイト

テレビ朝日の人気番組、アメトーークのプロデューサーである
加地倫三さんが書いた「たくらむ技術」という本の中に、

「いつもホームランの企画ばかり打てないので、たまには試しの企画もやってみる」
「やってみないと、どうなるか分からない」
という内容の事が書かれていました。

出典:たくらむ技術 (新潮新書)  加地 倫三(著)

アメトーークと言えば、

  • 「運動神経悪い芸人」
  • 「中学の時イケてないグループに属していた芸人」
  • 「家電芸人」

 等が有名ですが、
こういった人気企画がある一方で

  • 「ネギ芸人」
  • 「しょうが芸人」
  • 「銭湯大好き芸人」

などのように
かなりマニアックだなぁ~という企画もあったりします。

でも、何がウケるのか分からないし頭の中でダメそうだなと思っても、
視聴者がどう判断するかは分からない。
ということで、いろいろな企画を試しているのだそうです。

私の場合は、
「コロチキ・ナダルSP」

「渡部大好き芸人」
は放送前は全く興味なかったんですが、
放送を見て腹をかかえて笑っていました。

あまりにも面白かったので、 今でも自宅のBDに保存していて、
辛い事があった時や、とにかく大爆笑して気分を変えたい時に見ています。
何度見ても笑えます。
(また、見たくなってきたな…)

このように、
アメトーークのような人気番組でも毎週毎週ホームランを打つことはできません。

ヒット狙いでホームランの日もあれば、
ホームラン狙ったのに空振り三振の日もあるでしょう。

その時、気づいたんです。
ブログも同じだな。と…。

ここから先は、こちらの記事に詳しく書きましたので
是非ご覧ください。
 →アメトークの加地Pから学んだ、ブログ記事作成のコツ

【まとめ】ブログネタ探しに困ったら…

ブログネタに困ったときに是非読んで欲しいと思う 役立つ記事を紹介しました。

これを読めば、
「やっべぇなぁー。どれも書きたいことばっかだし。」
「うわー、どっから書こっかなぁ。」
ってワクワクした状態になると思いますよ。

もしかして、今そんな感覚ですか?
だったら私も嬉しいです!

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*