サウジアラビア王族や閣僚の汚職・資金洗浄で銀行口座凍結

サウジアラビア王族

サウジアラビアでは、王族や閣僚の汚職・資金洗浄の疑いで銀行口座を凍結しました。

サウジアラビアの富豪で著名投資家アルワリード・ビンタラール王子を含む王族や現職・元閣僚、有力実業家らを資金洗浄、汚職、当局者への強要などの疑いで一斉に拘束

今回、なぜサウジアラビア王族や閣僚にこのような事が起こったのでしょうか?詳しくまとめました。

 

サウジアラビア王族や閣僚の汚職・資金洗浄で銀行口座凍結

サウジアラビアのムハンマド皇太子が主導する汚職取締りの一環で、権力基盤の強化をにらみ、国内の実力者を封じ込めることが狙いとみられています。

11月08日 08時48分 サウジ、1200超の銀行口座凍結 汚職取締りの一環=ロイター 

ロイター通信によると、サウジアラビアのムハンマド皇太子が主導する汚職取締りの一環で、拘束された個人や企業の銀行口座1200超が凍結されたことが明らかになった。銀行や弁護士が明らかにした。
口座の凍結は続いているという。

ムハンマド皇太子が率いる汚職対策委員会は週末、同国の富豪で著名投資家アルワリード・ビンタラール王子を含む王族や現職・元閣僚、有力実業家らを資金洗浄、汚職、当局者への強要などの疑いで一斉に拘束した。権力基盤の強化をにらみ、国内の実力者を封じ込めることが狙いとみられる。
地方銀行筋は、サウジ中銀が5日以降、各行に凍結を義務付ける口座のリストをほぼ毎時間拡張していることを明らかにした。口座が凍結された企業名は明確にしなかったものの、幅広いセクターにわたる上場および非上場企業が影響を受けているとした。

出典:FXニュースレター

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*