スペインカタルーニャ自治州で新たな州首相を選出 ユーロはどうなる?

カタルーニャ自治州

スペインのカタルーニャ自治州でスペインからの独立問題が続く議会は2018年5月14日、強硬な独立派のキム・トラ議員を新州首相に選出しました。

昨年2017年10月から中央政府の直轄統治下に置かれていたカタルーニャ自治州にとって、独立への道が開けるのか?に注目が集まっています



カタルーニャ州、混乱のすえ新たな州首相を選出

独立問題が続くスペイン北東部カタルーニャ自治州の議会は14日、強硬な独立派のキム・トラ議員を新州首相に選出。

昨年2017年10月から中央政府の直轄統治下に置かれていたカタルーニャ自治州にとって、自治権回復への道が開ける可能性が高い。

05月15日 08時52分 DJ-カタルーニャ州議会、独立派議員を新州首相に選出

【マドリード】独立問題が続くスペイン北東部カタルーニャ自治州の議会は14日、強硬な独立派のキム・トラ議員を新州首相に選出した。昨年10月から中央政府の直轄統治下に置かれていた同州にとって、自治権回復への道が開ける可能性が高い。

 投票結果は賛成66、反対65、棄権4だった。

 同州議会は独立派が過半数を握るものの、独立阻止を目指す中央政府当局が優位に立つ中、独立が実現する見込みは一段と遠のいている。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

05月15日 07時03分 カタルーニャ州、混乱のすえ新たな州首相を選出

スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題をめぐり、混乱を極めていた同州議会は、独立派の作家・編集者で、昨年12月の州議選で初当選したトラ議員を新たな州首相に選出した。

なお、トラ氏の政治手腕は未知数だが、自治州独立を訴える多くの著作を刊行し、州議会での演説では「独立へ向けた政策遂行」を強調した過去がある。

出典:FXニュースレター

 

~【これまでのカタルーニャ州問題経緯】~

 

スペインカタルーニャ州の独立 実現は厳しいと予想

スペインカタルーニャ州のプチデモン首相が独立宣言を先延ばししたことで、スペインのマリアーノ・ラホイ首相のコートにボールが渡る形となった。ラホイ氏は分離独立の動きに強硬な姿勢で臨んでいるが、カタルーニャ州の自治権を剥奪したりすれば、プチデモン氏を支持する有権者の結束を強める結果となりかねない。プチデモン氏は独立宣言の先延ばしによって、対話する用意があることや、独立宣言に固執しているわけではない姿勢を示すことができる。

多くのアナリストらは、カタルーニャ州の独立が実現する公算は小さいとみている。

10月03日 17時21分 DJ-【焦点】スペイン政府とカタルーニャ州、模索する「次の一手」

 【バルセロナ】スペイン北東部カタルーニャ州のカルレス・プチデモン首相は2日、スペインからの独立宣言は少なくとも数日後になるとし、両者のにらみ合いが続く中で中央政府に次の手を打つよう求める考えを示した

 1日にカタルーニャ州で行われたスペインからの独立の賛否を問う住民投票では圧倒的多数が独立を支持したとみられる。だが、独立反対派は投票をボイコットしたほか、投票を阻止しようとする警官隊と市民の衝突で数百人が負傷する事態に発展し、政治リスクが高まっている。
 
 プチデモン氏は、州当局による集計作業がまだ続いており、集計結果が判明するのは少なくとも4日以降になるとの見通しを示した。その後、独立賛成派が過半数を占める州議会は48時間以内にスペインからの独立を宣言する構えだ。

 プチデモン氏が独立宣言を先延ばししたことで、スペインのマリアーノ・ラホイ首相のコートにボールが渡る形となった。ラホイ氏は分離独立の動きに強硬な姿勢で臨んでいるが、カタルーニャ州の自治権を剥奪したりすれば、プチデモン氏を支持する有権者の結束を強める結果となりかねない。プチデモン氏は独立宣言の先延ばしによって、対話する用意があることや、独立宣言に固執しているわけではない姿勢を示すことができる。
 
 多くのアナリストらは、カタルーニャ州の独立が実現する公算は小さいとみている。格付け会社フィッチ・レーティングスのアナリストらは調査リポートで、「最終的に地方財政改革とカタルーニャ州の自治権拡大で合意するだろうが、その道のりは遠い」と指摘した。アナリストらによると、プチデモン氏は国際的な注目と、独立を求める動きへの支持を集めるとともに、独立を急がない姿勢を示し、国内での支持を見極めようとしている。プチデモン氏は、カタルーニャ州の独立問題で国際社会に仲介を要請したが、スペインの内政問題と見なされている争いに他の国々が進んで介入することはありそうもない。

 ラホイ氏には自身の選択肢を検討する時間をいくらか手にしている。同氏は政治的解決策について独立派との話し合いに応じることもできれば、強硬姿勢を崩さずスペイン政府によるカタルーニャ州支配を認めている憲法上の権限を行使することができる。それらはどちらも選挙の呼び水になる可能性がある。ラホイ氏は、カタルーニャ州政府の独立宣言に対応するのに十分な支援を野党から得られなかった場合、または行き過ぎた対応に対する反発に直面した場合、ただでさえ心許ない議会からの支持が一段とぐらつき、総選挙につながることもあり得る。

 一方、ラホイ氏がカタルーニャ州を掌握した場合は、地方選挙を実施する可能性が高い。しかし、独立派の政党が議席を伸ばせば、カタルーニャ州の独立問題は今後もくすぶり続ける恐れがある。

 ラホイ氏は2日午後、さまざまな対応策を各党首がどの程度支持しているか読み取るために、マドリードで野党の党首らと会談した。カタルーニャ州の独立に反対し、住民投票を違法と考えている中道政党シウダダノスの党首は、カタルーニャ州の自治権剥奪と早期の地方選挙実施によって同州の独立宣言を阻止するようラホイ氏に求めている。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

バルセロナでカタルーニャ「35万人参加」の独立反対デモ

スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都であるバルセロナで8日、カタルーニャのスペインからの独立に反対する大規模なデモが行われ、地元警察によると35万人が参加。1カ月前には100万人が、独立を支持するデモをバルセロナで行っており、カタルーニャ州の独立の是非を巡り深刻な分裂状態に陥っていることが浮き彫りになった。

カタルーニャ自治州のプチデモン首相は10日午後6時(1600GMT=日本時間11日午前1時00分)に独立宣言を議会に求めるのではないかとの憶測が出ています。

10月09日 17時13分 バルセロナでカタルーニャ独立反対デモ、警察当局「35万人参加」=ロイター

ロイター通信によると、スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都であるバルセロナで8日、カタルーニャのスペインからの独立に反対する大規模なデモが行われ、地元警察によると35万人が参加した。

参加者はスペイン国旗やカタルーニャ州旗を振ったり、「カタルーニャはスペインだ」、「一緒ならわれわれはより強くなる」と書かれた横断幕を掲げた。反独立デモにはカタルーニャ州の住民だけでなく、スペインの他の地域の住民も参加。1カ月前には100万人が、独立を支持するデモをバルセロナで行っており、カタルーニャ州の独立の是非を巡り深刻な分裂状態に陥っていることが浮き彫りになった。

カタルーニャ自治州のプチデモン首相は10日午後6時(1600GMT=日本時間11日午前1時00分)に州議会で「現在の政治情勢」について演説する。独立宣言を議会に求めるのではないかとの憶測が出ている。

出典:FXニュースレター

 

ユーロ 関連記事

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → 2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → 【急騰】ユーロ高円安、早朝から3円以上ユーロ高の原因は何?

 → ECBドラギ総裁 量的緩和段階的縮小(テーパリング)へ

 → ドラギECB総裁タカ派発言でユーロ円は1年ぶり高値更新

選挙と株価・為替 関連記事

 → 衆議院解散・総選挙と株価の関係は?選挙=株価上昇って本当?

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

 → ドイツ選挙2017で極右政党「ドイツのための選択肢AfD」躍進

 → ユーロ混乱 スペインカタルーニャ州の独立宣言どうなる?

 → イタリア総選挙どうなる?ユーロ経済や為替への影響を解説!

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*