ポンド急落 イギリス格下げ報道とメイ首相演説でポンド売り

ポンド急落

2017年9月22日のイギリスポンド為替市場では、ポンドが急落。

ポンド円は高値152.8円から、安値150.6円台まで2円以上の急落。イギリスポンド/米ドルは、高値1.359ドル台から、安値1.344ドル台まで1.5ポイント以上の急落。となりました。

いったい、22日のイギリスポンド市場では何があったのか?ポンド急落の2つの理由を詳しく解説します。



ポンド急落の理由1】イギリスのメイ首相ブレグジット演説でポンド急落

イギリスポンド急落の1つ目の理由は、メイ首相による演説でした。

イギリスポンド市場では、メイ首相の演説前にイギリスのテレグラフ紙が、メイ首相は2019年3月よりも前にEUを離脱(ブレグジット)する可能性が高まっているとの見解を示すなどの観測報道を報じたことで、ポンドが急落。しかし、実際の演説では強行離脱(ブレグジット)に関する言及が無かった為、ポンド買い戻しが強まり、ポンド/ドルは一時1.34ドル台後半に急落した後、1.3560ドル台に切り返すなど荒い上下動となった。

一方で、メイ首相の演説ではブレグジット交渉に関する具体的計画が言及されなかったことを受け、ポンド売りが再度活発化。ポンド/米ドルは一時1.35ドル台割れに急落となった後、1.3510ドル近辺で売り買いが交錯しポンド/米ドル、ポンド円ともに激しい動きになりました

09月22日 23時41分 ポンドは荒い上下動、イギリスのメイ首相演説めぐる思惑で

ポンド/ドルは一時1.34ドル台後半に後半に急落した後、1.3560ドル台に切り返すなど荒い上下動となった。市場では、イギリスのメイ首相の演説前にイギリスのテレグラフ紙が、メイ首相は2019年3月よりも前にEUを離脱する可能性が高まっているとの見解を示すなどの観測報道を報じたことで、ポンドが急落したが、実際の演説では強行離脱に関する言及が無かった為、ポンド買い戻しが強まったとの指摘が聞かれた。

 出典:FXニュースレター

09月22日 23時17分 ポンド売り活発化、イギリスのメイ首相演説受け=22日NY外為

注目のイギリスのメイ首相演説では、ブレグジット交渉に関する具体的計画が言及されなかったことを受け、ポンド売りが活発化、ポンド/ドルは一時1.35ドル台割れに急落となった後、1.3510ドル近辺で売り買いが交錯している。」

 出典:FXニュースレター

【ポンド急落の理由2】イギリス格下げ報道でポンド急落

イギリスポンド急落の2つ目の理由は、イギリス格下げ報道でした。

ムーディーズはイギリスの格付けを「AA2」に格下げ、見通しを「安定的」に変更しました。ポンド為替市場ではムーディーズの格下げを受けてポンド売り圧力が強まり、ポンド円は安値150.6円台まで急落。ポンド/米ドルは安値1.344ドル台まで急落となりました。

09月23日 05時46分 ポンド、イギリス格下げ受け急落=22日NY外為

イギリスポンドが急落。ムーディーズの格下げを受けて売り圧力が強まっている。対円で151円を割り込み下値を拡大。対ドルで1.34ドル台半ばまで下落している。

 出典:FXニュースレター

09月23日 05時42分 ムーディーズ、イギリス格付けを「AA2」に格下げ、見通し「安定的」に変更 

ムーディーズはイギリスの格付けを「AA2」に格下げ、見通し「安定的」に変更。

 出典:FXニュースレター

【まとめ】ポンド急落 イギリス格下げ報道とメイ首相ブレグジット演説でポンド売り

2017年9月22日のイギリスポンド為替市場では、ポンドが急落しました。

ポンド円は高値152.8円から、安値150.6円台まで2円以上の急落。ポンド/米ドルは、高値1.359ドル台から、安値1.344ドル台まで1.5ポイント以上の急落。となりました。

いったい、22日のイギリスポンド市場では何があったのでしょうか?ポンド急落には、2つの理由がありました。

【ポンド急落の理由1】イギリスのメイ首相ブレグジット演説でポンド急落

イギリスポンド急落の1つ目の理由は、メイ首相による演説でした。

イギリスポンド市場では、メイ首相の演説前に「メイ首相は2019年3月よりも前にEUを離脱(ブレグジット)する可能性が高まっている」との報道でポンドが急落。しかしその後の実際の演説では強行離脱(ブレグジット)に関する言及が無かった為、ポンド買い戻しが強まり、ポンド/ドルは一時1.34ドル台後半に急落後、1.3560ドル台に切り返すなど荒い値動きとなりました。

一方で、メイ首相の演説ではブレグジット交渉に関する具体的計画が言及されなかったことを受け、ポンド/ドルは一時1.35ドル台割れに急落となった後、1.3510ドル近辺で売り買いが交錯しポンド/米ドル、ポンド円ともに激しい動きになりました

【ポンド急落の理由2】イギリス格下げ報道でポンド急落

イギリスポンド急落の2つ目の理由は、イギリス格下げ報道でした。

ムーディーズはイギリスの格付けを「AA2」に格下げ、見通しを「安定的」に変更したことで、ポンド為替市場ではムーディーズのイギリス格下げによるポンド売り圧力が強まり、ポンド円は安値150.6円台まで急落。ポンド/米ドルは安値1.344ドル台まで急落となりました。格下げはポンド急落にかなりのインパクトがありました。

関連記事

 → ポンド円2円急落も今後は155円へ強気の中長期見通し

 → ポンド円予想 チャートは売り、米モルガン・スタンレーは買い

 → BOE(英中銀)カーニー総裁タカ派発言でポンド円急上昇

 → ポンド安へ イギリス総選挙ハングパーラメントでメイ首相大誤算

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*