ポンドドル 1.40ドル超えの確率は15%?ポンド高いつまで?

ポンド高いつまで

最近急上昇のポンド相場ですが、ポンドドルが 1.40ドル超えとなる確率は15%程度との予想が出ています。

急騰しているポンド高は、いったいいつまで続くのでしょうか?



ポンドドル 1.40ドル超えの確率は15%?ポンド高いつまで?

ソシエテ・ジェネラルは、2回目のブレグジット(英国のEU離脱)の是非を問う2回目の国民投票への観測が強まるか、あるいはイングランド銀行(中央銀行)が金融政策の追加引き締めを示唆した場合、英ポンドが1.40ドルを越える可能性は15%と見積もっている。

同行は、「これらの材料が為替市場では全く織り込まれていない」ため、ヘッジ手段として行使価格が1.42ドル、ノックアウト価格を1.52ドルとした5カ月物のデジタルオプション(バイナリーオプション)の買いを推奨している。

ポンドドル予想は1.30~1.40のレンジ相場

一方、同行の基本シナリオでは、英ポンドの今年の取引レンジは1.30~1.40ドルとしている。英ポンドは現在1.3546ドル近辺で推移している。

1月12日 09時39分 DJ-【市場の声】英ポンド、1.40ドル超えの確率は15%=ソシエテ

 ソシエテ・ジェネラルは、2回目のブレグジット(英国のEU離脱)の是非を問う2回目の国民投票への観測が強まるか、あるいはイングランド銀行(中央銀行)が金融政策の追加引き締めを示唆した場合、英ポンドが1.40ドルを越える可能性は15%と見積もっている。

 同行は、「これらの材料が為替市場では全く織り込まれていない」ため、ヘッジ手段として行使価格が1.42ドル、ノックアウト価格を1.52ドルとした5カ月物のデジタルオプション(バイナリーオプション)の買いを推奨している。

 一方、同行の基本シナリオでは、英ポンドの今年の取引レンジは1.30~1.40ドルとしている。英ポンドは現在1.3546ドル近辺で推移している。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

ポンド関連記事

 → ポンド円2円急落も今後は155円へ強気の中長期見通し

 → ポンド円予想 チャートは売り、米モルガン・スタンレーは買い

 → BOE(英中銀)カーニー総裁タカ派発言でポンド円急上昇

 → ポンド安へ イギリス総選挙ハングパーラメントでメイ首相大誤算

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*