来週のドル円為替相場予想 経済指標とFRB幹部講演に注目

FRB幹部の講演

来週の注目は米国の経済指標です。引き続き米国の指標の弱さの影響が心配です。

さらに注目材料としては米FRB幹部の講演があります。FRBの利上げペース鈍化と米債金利の低下圧力が為替相場でのドル戻り売り圧力となる可能性があります。その反面、出口戦略に前向きな姿勢が見られるとドルの押し目買い材料となりやすい状況です。

その辺のドル円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ジャーナルスタンダードの2018冬セール開催中!30~40%オフ

エディフィスメンバーズセール

ジャーナルスタンダードでは、12月上旬から会員ステージ毎に順次「プレセール」という「シークレットセール(メンバーズセール)」がスタートし、セール対象商品が全て25%オフで購入できます。(※ちょっと分かりにくいので図を使って分かりやすく説明します。) 

誰でも参加できる一般セール2019年1月1日から開催(30~40%オフ)ですが、店舗毎に開催時期が異なるので詳しくは下記をご覧下さい。

続きを読む

最新情報 エディフィスのセールで「モンクレール」が30%オフ!

ベイクルーズグループメンバーズカード

【追記】2019年1月23日

本日、エディフィス新宿店に寄ったら、なんと「モンクレール」の一番人気ともいわれている MONTGENEVRE(モンジュネーブル)が30%オフになっていました!色はなんとライトグレー!セールになっているの始めてみました!気になっている方は是非問い合わせしてみては? あとエディフィス別注のモンクレールもセールになってましたよ!

エディフィスでは現在、セール品を2つ買うとレジで10%オフなので、小物などと一緒に買えばもっと安くモンクレールが購入できるチャンス!

あと、WOOLRICH(ウールリッチ)の定番「アークティックパーカ」が20%オフ。エディフィス別注のゴアテックス製です。

 

エディフィスでは、12月上旬から会員ステージ毎に順次「プレセール」という「シークレットセール(メンバーズセール)」がスタートし、セール対象商品が25%オフで購入できます。(※ちょっと分かりにくいので図を使って分かりやすく説明します。) 

誰でも参加できる一般セール2019年1月1日から開催(30~40%オフ)ですが、店舗毎に開催時期が異なるので詳しくは下記をご覧下さい。

続きを読む

2018年冬のバーニーズニューヨークセール 12月21日開催!

バーニーズニューヨークセール2017

バーニーズ ニューヨークでは、12月上旬から一部の会員向けに「セールプレヴュー」という「シークレットセール」が開催されます。

どなたでも参加できる、2018冬のセール開催は、12月21日(金)からです

 ※セール期間中はセール対象商品が20%~50%オフで購入できます。

続きを読む

2018冬のビームスセールの【プレセール】開催中です

ビームス店内一部セール

 ※2019/1/10から ファイナルセール開始
 ※2019/1/1 ビームス 一般セール開始!
 ※2018/12/26 ビームス 会員限定セール開始!

2018年冬のビームスセールが開催中です。

ビームスセールは「プレセール(シークレットセール)」で「会員ステージでセール開始日が異なる」のでご注意下さい。(※ちょっと分かりにくいので図を使って分かりやすく説明します。)

ビームス会員(BEAMS CLUB)になっていない方の場合、つまり誰でも参加できる一般セールの開始時期は2019年1月1日す。

続きを読む

FRBがFOMCで年3回の利上げペースを維持する理由

FRB利上げ

イエレン議長は14日の会見で「労働市場は力強く、米経済は良好」と評し「FOMCは年3回の利上げペースを維持する」と強調、「保有資産の縮小に関しては比較的早期の実行が在り得る」と早ければ今秋の資産圧縮を示唆、低インフレ景気息切れ懸念より「金融正常化」を急ぐ姿勢を鮮明にしました。

その理由についてさらに詳しく解説します。

続きを読む

FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

FRB資産縮小

米FRBは今後バランスシート(資産)縮小を開始するが、日銀の量的・質的金融緩和の堅持に伴い日米のマネタリーベース伸び率格差は日本優位の方向が見込まれる。

これが過度な円高を制御し、量的マネーの供給面ではドルのダブつき回収を通じたドルの下支え要因となる可能性が高く、これにより為替相場は円安ドル高の方向性が見込まれます。

FRBのバランスシート縮小に関してと、ドル円の今後の相場予想に関して詳しく解説します。

 【追記】2018年2月21日 最新のチャートと今後の相場予想を更新しました!

続きを読む

ポンド安予想 S&P格付けでイギリス格下げを示唆で売り局面

S&P

昨日20日、イギリスイングランド銀行(中央銀行)のマーク・カーニー総裁は直近の金融政策委員会(MPC)で3人が利上げに賛成したものの、カーニー総裁は利上げにはまだ早いとの見方を示したことを受けポンド相場は下落。

また、6月末で退任する前回MPC(金融委員会)で利上げを主張したイギリスMPCメンバーのフォーブス氏の後任にハト派的な論客が就き、空席となっている副総裁ポストにカーニー氏と近い見識ある委員が就けば、英中銀の金融緩和路線がより明確化するためポンド安の材料となります。

さらに、大手格付け会社スタンダート&プアーズ(S&P)がBrexitの諸条件が出揃う前に格下げの可能性を示唆しておりポンド/ドルは売り局面、長期的な投資には魅力的な相場だと思います。

今後のポンド為替相場の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む