ドル円予想 来週は日銀会合の前後で短期円高リスクあり

ドル円予想来週

来週は19-20日に日銀が金融政策決定会合を開催。短期的にはクロス円を中心にやや円安過熱感が残されており、ドル円は日銀会合の前後で「一旦の材料出尽くし」や「過剰な緩和継続期待の後退」などによる短期円高を招くリスクも無視できない。

来週のドル円予想について詳しく解説します。

続きを読む

ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

ビットコインイーサリアム

仮想通貨ビットコインのドル建て価格は4月1日に1079ドルだったが、それから2カ月で価格は3倍近くに上昇。「イーサ(Ether)」のドル建て価格は6月12日に395ドルの高値を付け、前年比で50倍近くになった。

ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因について詳しく解説します。

続きを読む

ユーロ高いつまで?ECBドラギ総裁インフレ率見通しを示す

ユーロ高いつまで

ユーロ高はいつまで続くのか?ECBドラギ総裁は9月にユーロ圏の経済成長率とインフレ率の新たな見通しを示す予定です。

ECBにとってのジレンマは、ユーロ圏の経済成長は加速しているがインフレ率が依然として低過ぎること。6月は1.3%に低下し、2%弱という同行のインフレ目標にはまだ遠い。その懸念点があり、ユーロ高がいったいいつまで続くのか?という不安の声が投資家に出ているようです。

その辺の事情とユーロ高がいつまで続くのかという見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

円安ドル高いつまで続く?上昇相場7年の法則が2018年で終息?

ドル高いつまで

昨年11月の米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選した後、ドルは高値をつけたが一部の投資家は、2018年のドルのパフォーマンスはドルの上昇相場の終わりを告げる可能性があると考えています

円安ドル高はいつまで続くのでしょうか?

今後のドル円見通しとあわせて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド安の影響でイギリス経済は良くなるはずが…なぜ?

ポンド安影響

通貨急落は経済成長への恩恵になる。経済学の教科書に数十年前からそう書いてあります。しかし、もはやそのような理論は、今のイギリスでは通用しなかった…。

なぜ、イギリスでは通貨安(ポンド安)にもかかわらず経済が良くならなかったのか?その謎の答えを詳しく解説します。

続きを読む

トランプ大統領長男ロシアゲート疑惑 電子メール公開で円高ドル安

トランプ大統領長男

トランプ大統領の長男ジュニア氏が、大統領選挙中の去年6月にロシア人の弁護士と面会していた事を認めたうえで「意味のある情報はなかった」などと説明した。

これによりドル円は下落に。円高ドル安に為替相場は反応しております。

今後のドル円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む