米FOMC議事録の反応は限定的 ドル円は112円から下落へ

米FOMC議事録

米FOMC議事録発表を受けドル円は、112円台から111.5円レベルまで下落。

ただ、市場ではドル円111円前後からの買戻しに妙味が生じていることもあり、引き続きドル円は底堅い動きが予想されます。

その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

米FOMC議事録でドル円111.5から112.6円を予想

FOMC議事録

本日は4月FOMC議事録の発表、ドラギECB総裁やプラート理事などECB高官発言に注目。

4月FOMC議事録は、6月利上げは織り込み済みとして、経済見通しに注目が集まっています。従来通りの強気判断が踏襲されればドルの反発が期待されます。

その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円はFRB幹部講演や24日のFOMC議事録に注目

FOMC議事録

今週の為替市場での注目は米FRBによる金融政策の先行き動向です。

24日のFOMC議事録などでは「年内残り2回の利上げと年後半からのバランスシート縮小論議」の方向性が再確認される可能性も消えていなく、その場合は中長期でのドルの押し目買いが予想されます。

その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む