2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

ジャクソンホール会議2017

アメリカのカンザスシティー地区連銀が毎年8月にワイオミング州ジャクソンホールで開催するジャクソンホール会議(年次経済シンポジウム)はこの10年、中央銀行幹部が金融危機下で新たに導入する複雑な政策を発表・説明する舞台となってきました。

近年では、

  • 2010年 FRBバーナンキ議長 量的緩和政策第2弾を示唆 (→後に導入)
  • 2014年 ECBドラギ総裁 金融緩和政策を示唆 (→後に導入)
  • 2016年 FRBイエレン議長 早期利上げを示唆 (→後に決定)

特に、ECBのドラギ総裁は、2014年に金融緩和政策を示唆し、後に導入をしています。

今回2017年は、そのジャクソンホール会議で2014年以来の講演に臨むドラギ総裁に再び注目が集まりそうです。関係筋によると「金融政策に関する新たなメッセージは打ち出さない。」との話ですが、想定外の発言も考えられるため、ジャクソンホール会議には大きな注目が集まっています。

続きを読む

実は、毎年8月は円高底値だった?過去5年も夏の円高が続く理由

夏の円高

ドル円の値動きを見ると8月に夏の円高でドル安値を形成し、年末にかけてドルの下限が切り上がる傾向が目立っています。

最近では、5年連続で各8月に夏の円高でドルが底値をつけてきました。

7月から8月は市場参加者が夏休みに入るため市場の出来高が縮小し、結果として相場の動きが偏り夏の円高になりやすいようです。

詳しい理由について解説します。

続きを読む

来週のドル円予想 ジャクソンホール会議のFRB議長発言の影響は?

ジャクソンホール会議

来週の最重要イベントは、24日から26日に米カンザスシティ連銀が開催するジャクソンホール会議(年次経済シンポジウム)です世界の中央銀行幹部やエコノミストが集まる中での注目点の一つは、連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長の講演です。

【追記】2018年8月25日
ジャクソンホール会議でのFRB議長発言についてまとめました。
 → ジャクソンホール会議でのFRB議長発言で今後のドル円どうなる?

ジャクソンホール会議でのFRB議長発言で今後のドル円どうなる?

市場のポジションやセンチメントがやや一方向に傾いており、少しでもイエレン議長などが微妙な12月利上げの可能性などを示唆するとサプライズへと作用。短期調整的な米債金利の上昇やドル高を促す波乱余地も残されています。

チャートから見てもトレンドがドル高円安に向かう可能性が高く、今後のドル円の動きに注目です。

続きを読む

ニューヨークダウ平均株価 史上最高値更新の理由は3つ

ダウ平均株価

ダウ平均株価が史上最高値を更新している理由は3つ。それは、ドル安と低金利と低インフレにあります。

現在のドル安が企業収益の増強剤と化している以上、米国株の青天井の上昇の行方は、ドル安と低金利がいつまで続くかにかかっています。企業収益が良いだけでは株高は続きません。そこには未曽有の過剰流動性の横溢を支える米FRBの低インフレと市場に配慮した漸進的な金融「正常化」姿勢も必要なのです。

続きを読む

今後のドル円見通し アメリカの強い経済指標でドル高反転? 

ドル円見通し

アメリカでは強い経済指標が相次ぎ、ドル高へと動きました。

小売売上高が今年に入ってから最も大幅な伸びを記録。また、米8月NY連銀製造業景気指数は25.2と事前予想(10.0)を大幅に上回り、2014年9月以来、約3年振りの高水準。さらに、米労働省が発表した米7月輸入物価指数は前月比+0.1%と事前予想(同0.1%)通りプラスに転じました。好数字の米経済指標を受けて米長期金利は2.22%から2.27%へ上昇、ドル円は110.37円近辺から110.82円近辺へ上昇しました。

チャートから見てもトレンドがドル高円安に向かう可能性が高く、今後のドル円の動きに注目です。

続きを読む

ついにユーロ高終了?ECB議事録のユーロ高懸念受けユーロ安へ

ユーロ高

今回のECBの議事録を受け、今後の市場はユーロ安へ向かうことが確認された。

公表された議事録では、ECBがユーロ高に懸念を抱いていることが明らかになり、しかもそれはマリオ・ドラギ総裁が同理事会後の記者会見で表明していた懸念よりも明確なものだった。この発表を受け、ユーロは一時大きく下落しました。

ユーロ相場に注目している方のために今後のユーロと米ドルの長期見通しをまとめました。

続きを読む