「泉谷しげる」さんを見て思い出すこと

あれは確か20代の頃だったかな?

取引先に、
顔が「泉谷しげる」さんにそっくりで、
キャラもおんなじ感じで
いつも真っ赤な顔して怒鳴っている。

そんな方がいたんです。

打ち合わせの時とか
本当に怖くって、
いつも怒られていた・・・

テレビで「泉谷しげる」さんを見ると
いまだにその方を思い出すんですね。

もう、半分トラウマ・・・(笑)

その後、プロジェクトも終了し、
5年ぐらい会っていなかったのですが、
異動の異動で私が出入りしている部署のワンフロア下に
戻られたという噂。

でも、本当に怖い方なので、
取引がなくなった後に会いにいくのは
正直「ちょっと嫌だな」って思ってたんだけど、
同じビルにいるわけだし、
どこかでまた会うかもしれないし・・・。

ということで、
半分ビビりながら、
特に用事もないのに挨拶に行ったんです。

そしたら、
実際にあってみると、あら不思議。

いままで見たことないような優しい笑顔で
「来てくれて、ありがとう~~」
ってニコニコしながら言ってくれて。

あれは本当に驚いたな~。

それから、何度か時間があるときに
会いに行ったんだよね。

ホントに何も用事がなかったので
最近お忙しいですか?とか
お子さんは元気ですか?とか
最近ゴルフやってますか?とか

ただ、そんな雑談だけしに。

でも、いつもすっごいニコニコして、

「忙しいところわざわざ来てくれてありがとう!」

と言って、すっごく喜んでくれる。

当時はなんで、こんなにも喜んでくれるのかな?
と不思議に思っていたんだけど、
最近になってから、ようやく答えが分かりました。

つい先日。

2年前に仕事をしたAさんが
突然、私の事務所にやってきたんです。

別に仕事の用事があるわけでもないのに、
「ちょっと近くまで来たんで…」
って言って、
わざわざ自分に会いに来てくれたんです。

お互いの近況を話したり、
たわいのない雑談をしただけなんですが、
Aさんが帰った後、すごく嬉しい気持ちになったんです。

「わざわざ自分に会いに来てくれた」

そのことが、とっても嬉しくて、
心にジーンときたんです。

きっと、あの「泉谷しげる」さん似の部長さんも
同じ気持ちだったのかもな・・・。

インターネット社会になって、
人と人とのつきあいが薄くなってきているなぁ~
と実感することの多くなった現代ですが、
やはり、仕事の場において
特に大きな(金額が動く)案件であればあるほど
最後に重視されるのは人間関係であるので、
個人の信用力というのは
ますます重要だなぁ~と感じました。

 
実は、この話には続きがあって、

その5年後…、

この「泉谷しげる」似のおじさんのお力で
10億以上の案件を受注することになるんですが、
その話はまた次の機会に。

 

 

 

 

 

アフィリエイトで賢く稼ぐ方法。稼ぎやすい3つのタイミング

アフィリエイトで稼ぐ方法

「アフィリエイトで稼ぐコツって?」
「稼ぎやすい時期やタイミングってあるの?」

と疑問をお持ちのあなた!
もちろん、ありますよ。

この記事では、
アフィリエイトで賢く稼ぐ方法。
稼ぎやすい3つのタイミングについて説明したいと思います。

これを意識するだけでも、
今後のあなたのアフィリエイトの戦略にだいぶ役立つと思いますよ。

 

続きを読む

何度やっても失敗と挫折の繰り返しです…

 

今まで隠してたけど、
実は今まで何度も挫折したことがあります。

隠していてごめんなさい。

何度も何度もチャレンジしたんだけど、
やっぱり続かない。

ホントカッコ悪くて、言いたくなかったけど
正直に言います。

コツコツやることは大事だし、
『継続は力なり』といつも偉そうに言っているけど、

「ブログの毎日更新」というのが
性格的なものなのか、どうしても続かないんですよね…。

もともと文章を書くのが苦手で、
小学生のころの作文や絵日記が大の苦手。

遠足の次の日は作文の授業があって、
いつも居残りで放課後に教室で書いたり、
絵日記の宿題なんて、1ページ書くのに
2時間とかフツーだったり。

そんな調子だけど、そこは『継続は力なり』ということで
メルマガやブログを書き続けることで
徐々に書けるようになり…

今では方々からお褒めの言葉をいただいたり…
なんてことも。

しかしながら、
どうしても「ブログの毎日更新」だけは
今まで挫折の繰り返し。

じゃぁ、「毎日更新」がしんどいなら、
「2~3日に一度更新」では?

とハードルを低くするんだけど、
やっぱりジャンプ失敗。

何度チャレンジしてもダメ。

更新をサボると、そこから放置~~~。
になっちゃうんだよね。

なので、良い方法がないかな?

「自分が楽しく」
「2~3日に一度更新」

がずぅ~っと続けられるような方法が…。

と真剣に考え中です。

良い方法が見つかったら更新しますね。(笑)

それでは~!

 

 

 

 

 

あなたのブログが  「何だこのブログ?つまんねぇーな。」と思われるている本当の理由

 

最近、ネット上で
「個性のないブログはダメ」
という言葉が流行っている?みたいで(笑)
たいして、実績のないブロガーさんとかが
ブログを始めたばかりの初心者に向けて
偉そうに言っているみたいですが、

そういう人に限って、「個性」という意味を
はき違えているようで、これまた手に負えません…。(笑)

そういうNGな人たちが言っている
よくある勘違いは、

・自分の『プロフィール』を他人とは違う表現でアピールする
(※これはツイッターなんかでも、多いかな)

・自分の顔写真を掲載するのはありきたりなので、イラスト風アプリで加工する

・ブログタイトルを目立つ画像にして、背景も綺麗な壁紙にする

・文章を書くときはキャラ出しする
→ ex) 語尾をオラオラ調にして高飛車なキャラを演じる。
かわいい文体や絵文字を使って女子大生風のキャラにする。etc。

こんな感じかな…。

もちろん、
どれも「やってはいけない」って言ってるわけじゃないのですが…。

そうじゃなくて問題なのは、これらが「個性」の全てだと
解釈していること。…なんだよね。

あくまでも、上記の例は、「個性」の「外」の部分でしかないわけ。

人間に例えると、
化粧だったり、洋服だったり、乗っている車だったり…。

つまり『目に見えるもの』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確かに、それも個性の要素ではあるんだけど、
人間でも重要なのは、その本人の『内面』だよね?

つまり、ブログでいう「個性」とは、
人間の『内面』にあたる「コンテンツ」そのものなんだよね。

「コンテンツ」というと難しい感じがするけど、
分かりやすく言えば「文章」のこと。

例えば、
「安倍首相が衆院解散・総選挙(12月14日投開票)を決定」
というニュースについて、

新聞を見れば書いてあるようなことをブログに書いても
誰も興味を示さないし、
それこそまさに「個性のないブログ」でしょ?

しかし、

・あなた独自の視点や切り口

・あなた自身の過去の経験を通じての意見や解釈など

・他のニュースや事例などとの組み合わせた内容

で書くことで、そこに「あなたの個性」が
生まれるわけ。

そういう「あなたの個性」ある「文章」(=コンテンツ)
の集まるブログこそ、
「個性的なブログ」なわけ。

ブログの「文章」(=コンテンツ)に
「あなたの個性」が出ているからこそ、
何度もリピートして読みたくなるわけだし、
ファンがじわじわと生まれてくる。

そうじゃなければ、偶然検索エンジンからやって来ても

「何だこのブログ?つまんねぇーな。」

って、二度と来てくれません。

おバカなブロガーさんが言っている間違いを
鵜呑みにしないようにしてくださいね!

 

 

 

私の夢は…

このサイトを通じて知り合った価値観のあう仲間と
一緒にビジネスをするのが夢です。

一度きりの人生。
だから性格のあわない人と、ストレスを感じながら一緒の時間を過ごすなんて
嫌です。できるだけ自分と価値観のあう仲間と一緒に楽しく働き、遊び、
人生を楽しみたいんです!

「俺って、他の会社いったらもっと給料良くなるんじゃねぇ?」って思った時にすべきこと

 

もし、あなたが今働いている会社で「給料が安い」「俺って会社から必要とされてんだろうか?」「俺って、他の会社いったらもっと待遇良くなるんじゃねぇ?」という不満があるなら、良い方法があるんで、やってみてください。

これは実際に、私がサラリーマン時代にやって凄く良かったので、お勧めするんだけど。 転職紹介会社にエントリーして、いろいろな会社の面接を受けてみる。(これお勧め!)

そうすると、 A社から年収600万円とか、B社から500万円とかかなりリアルな数字が提示されるんで、 「俺ってそのぐらいなんだ~」って客観的な数字が分かるわけ。

でもね、やってみて分かったんだけど、本当に重要なのって、 「俺って、他の会社いったら給料増える(or減る)かも…」ってことが分かることではなくって、 自分にとって今足りないモノ、 例えば、企画力、プレゼン力、交渉力、コミュニケーション力、部下の気持ち理解、上司の気持ち理解、顧客の気持ち理解、 聞く力はあるのか?質問力はあるのか?などなど。

そういった数字にはあんまり表れない能力がどのくらいあるのか、人より劣っているのか? ってことが分かるってことに価値があるんだよね。

何故わかるかって? それはね。転職紹介会社にエントリーする時に、職務経歴書っていうのを書くわけ。 これって何かっていうと、自分の社会人になってからの棚卸なんだよね。

最初のどの部署で、どんな仕事して何てことを書いてくんだけど、書いているうちに、 どんなことで失敗して、成功して、そこから何を学んで、どんな成長したか… そういうものが見えてくるんだよね。

でもこういうことって、実は忙しい毎日に追われて、冷静に考えたことってないでしょ?

だからこそ、もし自分の将来に不安を感じたり、「俺、このままでいいのかなぁ~」とか、「俺って会社から必要とされてんだろうか?」「俺って、この会社で評価低くねぇ?」っていう不満を感じるなら、今すぐやってみるといいよ!

 

 【今日のまとめ】

自分の価値がどれくらか分かれば、自信になります。その自信が、見えないところであなたの発言や行動に変化をもたらしてくれるのです。今日早速、転職紹介会社のwebサイトにエントリーしてみましょう。

 

 

 

 

 

「私には魅力が無い…」とネガティブになった気持ちを一気に明るくする方法

 

 

もし、あなたが、「私には魅力が無い…」とネガティブな気持ちになっているなら、今度友人にこう聞いてみるといいよ!

「俺の長所って何?」って。ちょっと恥ずかしいけどね・・・。

でもね。聞いてみると、自分が気づいていないことを言われることが多い。そう、自分が気づいていない「本当のあなたの長所」。

たぶん100人中99人がそう。あなたの気づいていない長所を言います。(断言!)

だいたい自分にとって当たり前だと思っていることを他人は高評価しているということが多い。

ブラジルにいた「ロベルト・カルロス」ってサッカー選手知ってる?

ファンから「ロベカル」って呼ばれた人気選手で彼は誰もが認める、左足のスペシャリスト。 こんな神業なシュートをするぐらい。(マジで神業です…)
 ↓↓↓

そんな彼があるインタビューでこう答えたらしい。

 ■記者  「あなたの左足はいつからそうなったんですか?」

 ■ロベルト「いや~、昔からこうなんで分かんないなぁ…」

ロベカルの左足を賞賛する記者に対して、 「俺の左足は昔からこうだから、いつからパワーアップしたかなんて わかんないよ…。」 と答えるロベカル。もちろん、ロベカル自身は当たり前だと思っているわけです。(笑

こんな感じで、誰もが自分のことって分かっているようで全然分かってなかったりするわけで。

そういう私も以前、友人4人で飲みながらそんな話をしたら、みんな「えーそうなんだ」とお互いに驚いてばっかり。面白いから是非あなたもやってみるといいよ。

注意点は1つ。 ある程度つきあいの長い人とやらないと意味がないってこと。 これは友人に限った話じゃなくて、別に仲が良くなくてもOK。

例えば、同じ職場で仕事は一年以上一緒だけど、あまりプライベートな話はしたことがない。なんて感じの人だと面白い評価が聞ける場合が多いかも。

そういう人って、特にあなたの客観的に良い点、悪い点を見ているので、すごく参考になるよ。

例えば、

 ・コツコツ仕事を真面目にするところ。

 ・面白いアイディアが思いつくところ。

 ・怖いもの知らずで度胸がある。

 ・雑用を嫌がらずに先頭に立ってやるところ。

 ・空気が読めるところ。

 ・気が利く。

 ・行動力がある。

 ・リーダーシップがあって頼りがいがある。

などなど…。

ぜひ聞いてみて!

「へぇー。俺ってそんな風に見られてたんだ…」と 少しウキウキする気分になれるよ。

そして自分に自信が持てます。

早速今日、やってみましょう。

 

 

 

 

 

ブログで年収200万を稼ぐ子育てママ

 

 

昨日の夜7時、外はまだ小雨が降っていて少し寒い中 ポスティングをしている30代の女性を見て衝撃を受けた。

 

=== 参考までに… ======

ポスティングというのは、チラシを民家やマンションのポストに配る仕事です。

ポスティング

 ※写真はイメージです  ※転載 http://kita-pos.com/さまより

 

で、いくら稼げるの? という話ですが、1枚当たり3円の単価。

つまり、1000枚配っても3,000円。

==================

 

女性というのにびっくりしたのもあるが、それ以上に驚きだったのが、 その女性の脇に、3歳ぐらいの男の子が静か~に立っていた。

何もせず、脇にトートバックを大事そうに抱え込んで黙ってただただ立っている。

よ~く見ると、その大事そうに抱えているトートバックの中には チラシが入っているようだ。

お母さんに「大事なものだからね」と聞かされているのか、まるで宝物でも抱きしめるかのように本当に大事そうに抱えている。

そうやって親子で、この界隈のマンションを回っているのだろう。

声を出したらお母さんに迷惑がかかる。そう分かっているからだろう。男の子は本当に静かだ。

 

しかし、冷静になって考えてみると ・・・。

夜7時。しかも外にはまだ小雨が降っていて少し寒い中、 3歳ほどの子供を連れてポスティングをしている母親という光景に、 私は少なからずショックを受けた。

確かに、3歳ほどの子育てをしている親にとって 仕事を見つけるのは想像以上に難しい。

私にも知り合いがいるので、その辺の状況を少しは理解しているつもりだ。

ましてや、子連れOKの仕事など ほとんどないだろう。  (たぶん、本当はポスティングもOKではないだろうが…)

 

でも一方で、そんな時代にもかかわらず、こんな人もいる。

子供2人のママである私の知り合いは、 ネットでブログをはじめて、 今では毎月15万~20万の収入を得ている。

子供2人育てながら、自宅で年収200万以上だ。

もちろん、夜にポスティングなど子連れでする必要もない。

もちろん収入に差はあれ、 ネットで自宅に居ながら収入を得ている人は 結構まわりにはいるものだ。

これはあなたが知らないだけの話。

 

 

このように自宅で年収200万以上稼ぐ人もいれば、 その一方では、雨の中、夜に3歳の子供を連れてまわり収入は3,000円。

この差は何だと思う?

その答えは、情報量

つまり、知っているか、知っていないかの差だけ。

この情報量の差。すごく大きいと思わない?

 

「でも・・・

 俺は今サラリーマンだし、給料もそこそこ同年代より多いから関係ないかな・・・」

なんて言っているあなた。もったいないですよ。

 

 

 【今日のまとめ】

追い込まれてから慌ててももう遅い。

余裕のある今のうちから、将来を見据えて準備しておくことが大事なんです。

情報は多いほど良い。なぜならその情報をもとに、新しい情報の価値を判断できるから。

情報量の少ない人ほど情報に振り回されることが多いんです!実は…。

 

 

 【今日やってみよう!】

ネットでどんなことをしてみんな稼いでいるのか?今から1時間でもいい。 情報収集をしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 東京オリンピック招致 プレゼン動画が素晴らしくて感動しました!

 

今回の招致プレゼンの動画見ました!!

5分ぐらいの動画なのですが、なんか見終わったらジワーッと胸の奥から

熱いものが込みあがてくる感じでした。素晴らしい動画ですね!!

なんでしょうかね・・・言葉やメッセージは1つもないのに、映像だけで

見ている人間の心を動かす。万国共通の感動を動かす映像!実にすばらしいですね!

誰が考えたんだろう???素晴らしいですね、ホントに。見ていて勉強になります。

 

 

※この動画ですが、登場人物にかなり気を使っていたことがわかりますね。

この動画を見る方が日本や欧米の方だけなら、最初の日本人、白人、黒人だけでもOKなんでしょうが、この動画はオリンピック選考委員、つまりあらゆる世界中の地域の人が見るので、登場人物も、途中、アジア系、中東系の方など、あらゆる国の方々が出てきますね。

 

私が副業をはじめたきっかけ

私が副業をはじめたきっかけは、 友人のマンション購入の話を聞いた時でした。

それまで私は10年、20年先の生活設計など 考えたこともなく、日々を過ごしていました。

その友人は年収500万ぐらいありましたが、 結婚するときの貯金は夫婦で200万円ぐらい。

それでは頭金も少ないので、 いくらか両親に援助してもらい頭金を少し増やし、 25年のローンを組むと言っていました。

「それなら、毎月の返済額は10万円ほどなので、  今の賃貸より安いからいいね!」

なんてことを言っていたのを覚えています。

でも、その時ふと思ったのです。

ってことは、28歳(その友人は当時28歳)から25年。 つまり53歳までローンを返すことに人生を捧げるのか?と。

そう思った瞬間、なんか悲しくなりました。

夫婦だけなら、経済的に余裕かもしれませんが、 子供一人育てるのに、1000万円はかかると 一般的に言われている時代です。

話しを聞いている限り、 マンションの返済は何とかなるかもしれませんが、 家族が増えた後の経済的負担を考えると 決して楽な生活ではないことが想像つきます。

そして、ローンというのは、 将来自分の年収が右肩上がりに増えていくことを想定して プランしています。

でも、それって…。

ボーナスがカットされたり、 会社をクビになったり、 転職して年収が下がったり。。。したら。

そんなことを考えると、 いつか、こう思うのではないか。と思ったんです。

 

「俺の人生って、マンションを購入して、  その返済に縛られるだけの人生なのか?」

そう思ったら悲しくなり・・・

もうちょっと、将来のこと真剣に考えないといけないな と思ったのでした。

あの日が人生の転機だった気がします。

そして、その後私は変わっていくのですが、 その話はまた次回!!

 

 

■今日早速やってみよう!!

私の場合は、「お金」に関連することでビビッと脳内に 刺激が入って、今まで丸まっていた背中が、ビシッと伸びるような そんな感覚がありました。

あなたも、そんな「人生の転機」ともいえる瞬間が 今まであったのでは?

もし、その瞬間の背筋がビシッと伸びるような感触を 忘れていたのなら、もう1度思い出してみてくださいね!!