トランプ大統領の政治リスク長期化でドル円市場は静かな動きか

トランプ大統領

トランプ米大統領の政治リスクは長期化の様相を呈しており、しばらくドル円市場の動きは限定的になりそうだ。との見方が市場に出ている。

一方で、米経済の勢いは強くドル高の勢いが市場にはあるため、円高に大きく振れる可能性は少ないだろうとの見通しです。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円市場は110.5~112.5円のレンジ相場を予想

ドル円レンジ相場

ドル安という基調そのものは継続しているものの、このまま円高進行との見方は少なく、しばらく、110.5円から112.5円ぐらいまでのレンジ相場になる可能性もあります。

市場では、円高に大きく振れる可能性は少ないだろうとの見通しです。 

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

トランプリスク円高再燃 ロシア政府関係者と18回接触の報道

トランプリスク円高

2016年の米大統領選挙前にトランプ陣営が少なくとも18回ロシア政府関係者と接触していたとのロイター通信の報道後、円高が再燃。

ただし、ドル安という基調そのものは継続しており今後はレンジ相場になるとの見方が有力です。
しばらく、110円から112円ぐらいまでのレンジ相場になる可能性が高いとの声が出ています。

今後の相場見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド円、豪ドル円などクロス円は今が買い時

ポンド円豪ドル円買い

昨晩急落したドル円が、本日の東京市場の17日午前7時頃に再度急落。一気に112円前半まで下落。
しかし、この動きは円高トレンドへの転換ではなく一時的なものと予想。

このドル円下落の影響で、クロス円は一時的に安値が出て来ていて 絶好の買い頃と言えます。

クロス円の今後の相場展開予想について詳しく解説します。

続きを読む

ドル円113.2円に接近 米長期金利低下受けて下落

ドル円米長期金利低下

ドル円市場では原油先物や株価が伸び悩み、米長期金利低下受けてドル売りが優勢となり、ドル円は113.20円前後に下値を広げ、前日安値の113.13円前後に接近。直近のレンジ幅113.00~114.50円の動きから、115円を狙う展開が予想されます。

今後113円もしくは112円台になる瞬間があれば絶好の買い場かもしれません。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む