NSA情報漏洩 ロシアハッカーがカスペルスキー利用か?

NSA

ロシア政府のハッカーが、米政府のサイバー防衛に関する情報を盗んでいたことが、関係筋の話で分かった。

米国家安全保障局(NSA)の契約先の社員が機密情報を自宅に持ち帰ったことが原因で、この社員が使用していた露カスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトを通じて、ハッカーが機密文書を発見したもようだ。事件は2015年に発生していたが、昨年春まで発覚しなかったという。



NSA情報漏洩 ロシアハッカーがカスペルスキー利用か?

盗まれた情報には、NSAによる海外のコンピューターネットワークへの侵入方法や、そのようなスパイ行為に用いるコード、米国内のネットワーク防御対策などが含まれるとしている。

ロシア政府はこうした情報を手にすることでサイバー防衛を強化することが可能になり、NSAの任務を一層困難にする恐れがある。またロシアが米国をはじめ、他国のネットワークへ侵入する手段を与えることにもなりかねない。

問題のNSA契約先社員の名前は明らかになっていない。
関係筋によると、この人物はNSA本部から意図的に多数の文書などを持ち出したとされる。

今回の事件では、
NSA契約先社員が職場に出入りする際に機密情報やリムーバブル記憶装置を持ち出していないかなどの検査が徹底されていなかったということが判明し、NSAが機密情報の保護に関して問題を抱えていることが浮き彫りになった。

カスペルスキーの使用を禁止に

カスペルスキーの創業者は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)が支援する専門学校で訓練を受けたコンピューター科学者で、米情報当局者は長らく、同社はロシア政府の影響下にあるとの懸念を示していた。

米国土安全保障省は先月、全ての連邦政府省庁や機関がカスペルスキーの製品やサービスを使用することを禁じる異例の措置に踏み切った。カスペルスキーの製品が市場に出回っていることから、政府高官の家族など、多数の米国人が標的になっているのではないかと情報当局者は危惧しているという。

10月06日 05時20分 DJ-NSAのサイバー防衛情報流出、露ハッカーがカスペルスキー利用か

 【ワシントン】ロシア政府のハッカーが、米政府のサイバー防衛に関する情報を盗んでいたことが、関係筋の話で分かった。米国家安全保障局(NSA)の契約先の社員が機密情報を自宅に持ち帰ったことが原因で、この社員が使用していた露カスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトを通じて、ハッカーが機密文書を発見したもようだ。

 事件は2015年に発生していたが、昨年春まで発覚しなかったという。

 盗まれた情報には、NSAによる海外のコンピューターネットワークへの侵入方法や、そのようなスパイ行為に用いるコード、米国内のネットワーク防御対策などが含まれるとしている。

 ロシア政府はこうした情報を手にすることでサイバー防衛を強化することが可能になり、NSAの任務を一層困難にする恐れがある。またロシアが米国をはじめ、他国のネットワークへ侵入する手段を与えることにもなりかねない。

 ロシアのハッカーがカスペルスキーのソフトウエアを乱用して米政府に対する諜報活動を行ったとみられる事件が表面化するのは、今回が初めて。インターナショナル・データ・コープによると、カスペルスキーは2016年、西欧・米州で5億ドル(約560億円)以上の売上高を稼いでいる。カスペルスキーは、世界で4億人以上のユーザーを抱えるとしている。

 問題のNSA契約先社員の名前は明らかになっていない。関係筋によると、この人物はNSA本部から意図的に多数の文書などを持ち出したとされる。

 カスペルスキーの創業者は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)が支援する専門学校で訓練を受けたコンピューター科学者で、米情報当局者は長らく、同社はロシア政府の影響下にあるとの懸念を示していた。

米国土安全保障省は先月、全ての連邦政府省庁や機関がカスペルスキーの製品やサービスを使用することを禁じる異例の措置に踏み切った。

 カスペルスキーの製品が市場に出回っていることから、政府高官の家族など、多数の米国人が標的になっているのではないかと情報当局者は危惧しているという。

 今回の事件は、NSAが機密情報の保護で、慢性的な問題を抱えていることも浮き彫りにした、と元情報当局者らは指摘する。職場に出入りする際にも、機密情報やリムーバブル記憶装置を持ち出していないかなどの検査が徹底されていないという。

 NSAは今回の情報流出事件に関するコメントを控えた。カスペルスキーは疑惑を裏付ける証拠はないとして関与を否定。ロシア政府の報道官は事件についてはコメントせず、米政府によるカスペルスキー製品の使用禁止の決定を批判した。

出典:Dow Jones

10月06日 23時47分 DJ-ウイルス対策のカスペルスキー「米露対立の駒に利用された」

 【モスクワ】ウイルス対策ソフトを手掛けるロシアのカスペルスキーは6日、自社が米国・ロシア間の「地政学的対立の駒」に利用されたとの考えを示した。前日にはロシア政府のハッカーが米国家安全保障局(NSA)の機密情報を盗むのに同社のソフトを使っていたと報じられていた。

 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は5日、事情を知る関係者の話として、ハッカーらがカスペルスキーの開発したウイルス対策ソフトを使い機密情報を標的にしたと伝えていた。

 カスペルスキーはインタファクス通信に宛てた文書で、サイバースパイ活動への関与を否定した。「カスペルスキーは民間企業で、ロシアを含む世界のどの政府とも政治的なつながりはない」と説明。「現在の状況について当社が下せる唯一の結論は、われわれが地政学的対立の駒に利用されたということだ」と述べた。

出典:Dow Jones

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*