Google確認コードを入力してもログインできない時…の解決策

google確認コード

もし、あなたがGoogle確認コードを入力してもログインできない場合…の解決策をまとめました。



■Google確認コードを入力してもログインできない…

下図のような、Google確認コードの入力画面で、
空欄ボックスの「G-    」のGの後に、「Google確認コード」という「6桁の数字」(ワンタイムパスワード)を、
入力してもログインできない場合は…

「別の方法でログインする」をクリックします

google確認コード

「バックアップオプション」でログインできます

一応、もしもの時のために「バックアップオプション」を用意しておけば、ログインができます。

例えば、
「バックアップコード」を用意してる場合は…。

「8桁のバックアップコードのいずれかを入力する」

をクリックして次の画面で入力すればログインできます。

google確認コード1

「バックアップコード」とは?

「バックアップオプション」の中で、
私が実際に使って便利だった「バックアップコード」の 設定と使い方について説明します。

Googleアカウントにログイン後、画面左にある、
「ログインとセキュリティ」をクリックします

Gmailセキュリティ設定画面2

画面を下にスクロールして「2段階認証プロセス」をクリックします

Gmailセキュリティ設定画面3

 

「バックアップコード」をクリックします

google確認コード2

 

「ダウンロード」をクリックします

google確認コード3

これを、デスクトップにダウンロードして大切に保管しておきましょう。
(ファイルはテキストファイルです)

■「バックアップコード」の使い方

次に「バックアップコード」の使い方を説明します。 先程ダウンロードした、

「バックアップコード」のファイルを開いてみて下さい

google確認コード4

すると、
枠で囲んだ箇所のモザイクの部分に 「8桁のバックアップコード」が10個記載されています。
10個のうち、どれでも良いので1つだけコピーしてください。

「8桁のバックアップコードのいずれかを入力する」をクリックします

google確認コード1

この次の入力画面で、
先程コピーした「8桁のバックアップコード」を入力すればログインできます。

【まとめ】 Google確認コードを入力してもログインできない時…の解決策

もし、あなたがGoogle確認コードを入力してもログインできない時のために、 他のログイン手段を準備しておきましょう。

2段階認証の設定時に「バックアップコード」のようなGoogleで用意されている「バックアップオプション」を 準備しておくと、「ログインできない!」という時にとても便利です。

■Googleアカウントの2段階認証の設定方法

Googleアカウントの2段階認証の設定方法については、こちらの記事に詳しくまとめています

 → これで安心!Googleアカウント2段階認証の設定手順

超簡単!Googleアカウント2段階認証の設定手順

こちらも参考になるので是非、読んでおいてくださいね。
 → Googleバックアップコード(8桁)の取得とログイン方法

 → 【解決!】Google2段階認証の確認コードが届かない時

 → Google確認コードってSMS(メール)届いたけど、何これ?

■ Google 関連記事

 → 【恐怖!】Googleアカウント不正アクセス乗っ取り事件

 → 【図解】Googleアカウントのパスワードを変更する方法

 → Googleアカウントのパスワード忘れた時どうすればいい?

 → 「Googleアカウントが変更されました」と出たら先ず再ログインを試そう

 → 【解決方法】本人確認ができませんでした。現在このアカウントにログインできません。と出た時

 → 「覚えている最後のパスワードを入力してください」の対処法

■ Gmail 関連記事

 → Gmailのパスワード忘れた…でも大丈夫!ログインできますよ!

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*