北朝鮮核ミサイル問題の緊迫に動じない4つの金融市場とは?

北朝鮮核問題

先週、投資家は北朝鮮の核ミサイル問題の緊迫にパニックに陥り、株を売った。だがそれ以外の4つの金融市場では多くの投資家が北朝鮮核ミサイル問題で予想する展開とは異なる反応をしめした。

北朝鮮核ミサイル問題の緊迫に動じない4つの金融市場とは?



北朝鮮の核ミサイル問題にも動じない4つの金融市場とは?

先週、投資家は米国と北朝鮮が交わした脅し文句の応酬を聞き、パニックに陥り、株を売った。だがそれ以外の4つの金融市場では多くの投資家が北朝鮮核ミサイル問題から予想する展開とは異なる反応をしめした。

08月14日 09時32分 DJ-【焦点】北朝鮮問題の緊迫に動じない4つの市場

先週、投資家は米国と北朝鮮が交わした脅し文句の応酬を聞き、由緒ある伝統に従った。パニックに陥り、株を売ったのだ。

 だがそれ以外では、金融市場は多くの投資家が予想する展開とは異なる反応をした。

 通常は有事に上昇するドルは弱いままだった。真っ先に国際資金が流出するはずの新興国市場は多くの先進国市場より堅調だった。先行き懸念から過去2年に海外相場下落の一因になってきた中国の人民元は強含んでいる。

 北朝鮮の威嚇とそれに対して武力をちらつかせるドナルド・トランプ米大統領に、予想通りの反応をした市場も多い。金やスイスフラン、円のような従来の安全資産の相場は上昇した。恐怖指数とも呼ばれるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)は10日、44%上昇し、昨年11月の米大統領選以降で最高の水準に達した。

 だが一部の投資家は米朝が交わすやりとりは大言壮語のみにとどまると見込んで、全面的な安全資産への逃避を控えている。

 スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアの調査部長クリスチャン・ガッティカー・エリクソン氏は「これが本格的な危機に転じた場合、金とドルの動きはずっと激しくなるだろう」と予想したうえで、「しかし、それに近い状況はまだ見られない」と述べた。

 戦争が近いという反応を示していない4つの市場について分析した。

<米ドル>

 世界で最も強力な軍を後ろ盾に持つ国際準備通貨。通常は地政学的な混乱の兆候が高まると上昇する。ただし、今年は違う。

 連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げを疑う声がくすぶるなか、ドルは今年の最安値近辺にとどまった。まちまちの経済指標と根強い低インフレに常に圧迫されている。

 投資家の見方は相変わらず弱気だ。商品先物取引委員会(CFTC)の先々週のデータによると、投資家はドル売り持ち額が約80億ドルと、2013年初め以降で最も弱気だった。

 今のところ、そうした傾向は北朝鮮の脅威にも揺らいでいない。

 メガトラスト・インベストメンツ(香港)の資産運用部門責任者は「危機が本当はどういうものか忘れられている」と述べた。「ボラティリティーが極めて低い時期が長期化してずいぶん経っている。大きな判断を下す前にもう少し様子見する必要があると思う」

<新興国市場>

 新興国市場株は今年、ドル安を一助に米株をアウトパフォームしてきたが、この傾向は先週も変わらなかった

 新興国株ファンドへの投資資金流入は年初から続いており、データ会社EPFRによると、3週を除く全週で流入額が流出額を上回っている。8月9日までの1週間には20億ドル近くがそうしたファンドに流れ込んだ。これは、今年の平均流入額を上回っている。

 投資家は他の主なリスク投資が金融政策や政治的緊張にどう反応するかを見極める材料として、新興国市場の動向を注視している。

 2013年にFRBが債券買い入れ計画を減速させる方針を示した時には、新興国市場は最大級の負け組になった。だが今回は、FRBのバランスシート縮小開始に対する態勢が当時より整っているとアナリストらは話す。

 キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、オリビエ・ジョーンズ氏は「米国と北朝鮮の緊張は高まっているが、われわれは(新興国株が)今後数四半期にさらに若干上昇すると予想している。ただ、目を見張る上昇になるとは期待しない方がいい」と述べた。また、戦争が回避されたと仮定した場合、新興国市場の良好な態勢は続くはずだと付け加えた。

<中国>

 米リンゼー・グループのチーフ市場アナリスト、ピーター・ブックバー氏は「人民元も北朝鮮関連の安全逃避先(通貨)か」と問う。確かに人民元はそのように動いている。

 人民元は2年前には意表を突いた切り下げで世界的な相場急落を引き起こしたが、このところ上昇している数少ないアジア通貨のひとつとなっている。

 これは、人民元基準値の算定に反景気循環的な要素を加えるとした5月の発表以来、中国人民銀行(中央銀行)が自国通貨を上方に誘導してきたためだ。しかも、ドル安で中国の外貨準備の価値は高まった。

 人民元の対ドル相場は過去1カ月で1.7%上昇している。
 金融機関向けリスク管理モデルの開発などを手掛けるアクシオマのオリビエ・ダシエ氏は「中国の市場リスクの多くがはがれ落ちているため、人民元でさえ安全逃避先のステータスに近づいている」と述べた。

<ビットコイン>

 仮想通貨ビットコインの相場は史上最高値に上昇している。

 ビットコインはこれまで実世界の動向と無関係だったが、先週も例外ではなかった。

 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリストらは先週、顧客に対し、「仮想通貨は分散投資の優れた手段だ。仮想通貨と他の金融資産のリターンにはほとんど相関関係がない」と記している。

出典:Dow Jones

ビットコイン関連記事

7月からはビットコイン購入時に消費税が免除されるようになり、ますます利用のハードルが低下し市場が活性化されることが予想されます。これからビットコイン相場に注目がさらに集まるでしょう。

 → ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中

 → ビットコイン相場急落 最高値3000ドル台から10%以上下落

 → ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

 → ビットコイン取引を一時停止 ビットコイン分裂のおそれ

 → ビットコイン分裂 新通貨「ビットコインキャッシュ」誕生

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → 米ナスダック指数が過去最高値を更新 その秘密とは

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*