北朝鮮発射の弾道ミサイルが日本上空を通過し太平洋上に落下

北朝鮮発射

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本上空を通過。安倍首相は会見で、「我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威」「断固たる抗議を北朝鮮に対して行うとともに、国連安保理に対して、緊急会合の開催を要請する」と述べた。



北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本上空を通過

日本政府は、今回のミサイル発射はこれまでになく深刻との見解を表明した。ミサイルの飛行距離は過去最長とみられる。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは2009年以来初めて。

「北朝鮮の行動について重要なのは、ドナルド・トランプ米大統領と日本に対し対応を求める圧力が高まることだ。もし両者が軍事的な対応に出れば、中国と真っ向から対立することになる可能性もある」との声も出ています。

08月29日 09時04分 DJ-為替市場、北朝鮮ミサイル発射で米対応を見極め

 北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本上空を通過したことを受け、世界の外国為替市場が米国の対応を見極めようとしていると、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の為替ストラテジスト、ダニエル・ビーン氏は述べた。

 日本政府は、今回のミサイル発射はこれまでになく深刻との見解を表明した。ミサイルの飛行距離は過去最長とみられる。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは2009年以来初めて。

 前回、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した際、日本は国連安全保障理事会で拘束力のある「決議」の採択を求めた。今回の発射については安保理決議に対する明白な違反だとしている。

出典:Dow Jones

08月29日 10時23分 DJ-【市場の声】北朝鮮ミサイル発射、トランプ大統領への圧力増大へ 

北朝鮮が日本の東北地方に向けて弾道ミサイルを発射したとの報道を受け、豪ドルが対米ドルで下落した。

 アクシトレーダーのチーフマーケットストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は「北朝鮮が発射したミサイルが日本上空を通過して太平洋上に落下したことを受け、為替市場は非常に不安定になっている」と指摘。その上で「為替市場の焦点は現在、米ドルの弱さから北朝鮮の行動を受けたリスクオフ基調にシフトしている」と述べた。

 「北朝鮮の行動について重要なのは、ドナルド・トランプ米大統領と日本に対し対応を求める圧力が高まることだ。もし両者が軍事的な対応に出れば、中国と真っ向から対立することになる可能性もある」と続けた。

 豪ドルは現在、下げをやや戻して0.7935米ドル付近で推移している。

出典:Dow Jones

安倍首相 国連安保理緊急会合の開催を要請

安倍首相は会見で、「我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威」「断固たる抗議を北朝鮮に対して行うとともに、国連安保理に対して、緊急会合の開催を要請する」と述べた。

08月29日 08時34分 安倍首相「北ミサイル発射について、国連安保理緊急会合の開催を要請」 

 安倍首相は会見で、「我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威」「断固たる抗議を北朝鮮に対して行うとともに、国連安保理に対して、緊急会合の開催を要請する」と述べた。

出典:FXニュースレター

08月29日 10時10分 安倍首相、トランプ大統領と電話会談を行った、40分間

安倍首相は、トランプ米大統領と電話会談を行った。40分間程度。

出典:FXニュースレター

08月29日 09時34分 韓国外相、ミサイル巡り米国務長官と電話協議=聯合

韓国の聯合ニュースによると、韓国外相は北朝鮮のミサイル発射を巡り、米国務長官と電話協議を行った。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017/8/30

08月30日 07時59分 北朝鮮ミサイル、意図的に飛距離抑えたか失敗か分析=NHK

NHKニュースによると、29日、北朝鮮から発射された弾道ミサイルは北海道の上空を通過して太平洋上に落下したと推定され、防衛省は新型の中距離弾道ミサイルの可能性が高いとしている。
飛行距離がこのミサイルの最大射程の半分ほどだったことから、防衛省は意図的に飛行距離を抑えたか失敗した可能性があると見てさらに分析を進めている。

出典:FXニュースレター

08月30日 07時13分 国連安保理前に米国連大使ら、北ミサイルを激しく非難  主要ニュース アジア通貨 

 日本時間30日朝の国連安保理の緊急会合を前に、各国の国連大使から北朝鮮のミサイル発射を厳しく非難する声が相次いでいる。
 米国のヘイリー国連大使からは、「1億3000万人が暮らす日本のように、いかなる国にとっても自国の上空をミサイルが飛ぶことがあってはならない。北朝鮮はあらゆる安保理決議に違反している」、英国のアレン国連次席大使は「無謀で違法な行為を強く非難する。緊急会合で北朝鮮に対するこれまでの対応と、今後の対応として何が適切か議論できるだろう」と発言した。また、日本の別所国連大使は、安保理が一致したメッセージを北朝鮮に送ることが大切だと述べて、安保理の結束に期待を示している。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017/9/1

08月31日 17時37分 北朝鮮 米韓演習後も挑発か、爆撃機に反発必至=時事

時事通信によると、29日に日本上空を通過する中距離弾道ミサイル「火星12」を発射した北朝鮮は、31日の米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」終了後も、挑発を続けるとみられる。

米軍は31日、B1戦略爆撃機などを朝鮮半島周辺に派遣し、韓国空軍と共同訓練を実施した。北朝鮮が猛反発するのは必至で、爆撃機の基地などがある米領グアム島沖を狙った弾道ミサイル発射計画の実行をちらつかせ、威嚇を強める可能性が高い。

韓国軍高官は31日の国会国防委員会で、火星12発射について、米韓演習への対抗措置という意味合いに加え、グアム沖へのミサイル発射計画を実行する「意志と能力」を誇示する狙いがあると分析。今後の北朝鮮の出方として、「米国の圧力への非難や威嚇を続け、弾道ミサイル発射や6回目の核実験などを行う可能性がある」と述べた。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017/9/5

09月05日 12時17分 北朝鮮がICBM移動開始、9日前に発射の可能性も=韓国紙

北朝鮮が4日、平壌の研究所で製造されたICBM級のミサイルの移動を開始した。韓国紙アジア経済が匿名の情報当局者を引用して伝えた。
情報源が韓国の当局者かどうかは明らかにしていない。北朝鮮が9月9日の建国記念日前にICBMを発射する可能性が高い。ブルームバーグが引用して伝えたもの。

出典:FXニュースレター

09月04日 22時18分 6-7日に日ロや日韓の首脳会談、北朝鮮問題の打開策にらむ

今週の為替相場で注目されるのは、3日の北朝鮮による核実験を受けた北朝鮮情勢だ。9日には北朝鮮の建国記念日が控えており、新たな威嚇行動やアクシデント的な軍事衝突リスクへの緊張感が、日本ではリスク回避の円高・株安要因として警戒されやすい。
4日の東京市場午後には、韓国当局が北朝鮮による新たなICBMミサイル発射の可能性に警告を発した。

一方で安倍晋三首相は6-7日にロシア・ウラジオストクで開催される東方経済フォーラムに出席し、ロシアのプーチン大統領、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談を行う予定だ。
安倍首相は北朝鮮が日本上空通過のミサイルを発射した8月29日以降、9月4日までに4回もトランプ米大統領と電話会談を行ってきた。6-7日の対ロシア、対韓国との首脳会談では米国の意向を踏まえたうえで北朝鮮問題を協議すると見られ、何らかの緊張緩和の糸口が見出せるようなら、日本では円安・株高への揺り戻し余地が残されている。

出典:FXニュースレター

北朝鮮弾道ミサイル発射 関連記事

 → 北朝鮮がグアムへミサイル発射か?トランプ大統領はどうする?

 → 北朝鮮核ミサイル問題の緊迫に動じない4つの金融市場とは?

 → ドル円相場 北朝鮮のミサイル発射に反応せず111.3円

 → 北朝鮮が弾道ミサイル発射も為替市場への影響は限定的

 → 北朝鮮発射の弾道ミサイルが日本上空を通過し太平洋上に落下

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*