ニュースネタをもとにブログ記事を書いてアクセスを集める方法

トルコリラ利上げ

先日、「ニュースネタをもとにブログ記事を書いてアクセスを集める事なんてできるんですか?」という質問をいただきました。

この方が言うには、「ニュースネタを記事にしても、上位には新聞社や週刊誌などのサイトが並ぶので上位表示は無理」という事でしたが…。

実は、やり方次第で凄くアクセスが集められるので参考にして下さいね!



■ニュースネタをもとにブログ記事を書いてアクセスを集める方法

ブログ記事

今回は、ブログ中級者以上向けの内容ですが、ブログ初心者の方にも勉強になる内容なので是非読んでおいてください。

それでは早速…、

「ニュースネタをもとにブログ記事を書いてアクセスを集める方法」について紹介しますね。

■例)「スルガ銀行」のニュース

最近話題の「スルガ銀行」のニュースを例に話しますね。

「スルガ銀行」といえば『シェアハウス投資』問題で最近話題ですが、先日、8月末に「スルガ銀行の岡野会長、融資を私的流用か?十数億円規模…」というようなニュースが飛び来んできましたね?

当然このニュースは一気に記事になります。

Googleでは、
「スルガ銀行 私的流用」とか
「スルガ銀行 会長 流用」などで検索する人が多いでしょう。
 
このとき、あなたが
同じネタ、同じキーワードで記事を書いたらどうでしょう?
 
アクセスはあると思いますか?

■ニュース記事でアクセスを集めるには…

アクセスを集めるには、頭をひねってライバルの少ないキーワードを選びましょう。

「ニュース」をネタに個人ブログで記事を書いて、ニュースサイトより上位表示されることはありません。

既に起きたニュースをそのまま記事にしても意味が無いんです。

では、どうするのか?

こういう場合は
『未来』を想像して書くんです。

このニュースの後に何が起こるのか…? 未来を想像して記事にするのです。

特に意識するのは「キーワード」と「タイトル」。

この「スルガ銀行の岡野会長、融資を私的流用か?十数億円規模…」というニュースを見た人が、1日後、2日後…に、どんな情報を知りたがるだろうか…?

それを想像して「キーワード」を決めて「タイトル」に入れて下さい。

■「未来」を想像して記事にする

ブログアクセス増やす

例えば、こんな感じ。

  • 「スルガ銀行会長の私的流用で今後、●●はどうなる…?」
  • 「スルガ銀行会長への融資の私的流用は▲▲に使われた…疑惑…?」

 ※「●●」や「▲▲」にはある「キーワード」が入ります…

このように、ニュースの切り口を変えて検索するユーザーの「知りたい事」を先回りして記事にして下さい。

とにかく「競合するサイト」が書いていない事をあなたの記事の内容に付け加えて、あなたの記事の価値を上げることが重要です。

「●●」には、どのような「キーワード」候補があるのか…?についてはこの記事の最後の『追伸』でお話しします。

■過去の類似情報を加える

また、もう1つの記事作成テクニックとしては『過去の類似情報』を記事に付け加えるという方法があります。

例えば、

  • 他の銀行での過去の類似事件
  • 某企業の会長の私的流用事件

など、そのニュースと似たような類似の情報を記事に追加して紹介することで、記事の内容価値が高まります。

■記事を書いたら…

そして、記事を書いたら素早くサーチコンソールでインデックスさせましょう。

これを忘れると上位表示を逃してしまいますので、忘れずに!

 → Googleに1秒でも早くインデックス登録される方法

Googleに1秒でも早くインデックス登録される方法

■Amazonアフィリエイトで収益アップ

記事を書くのに慣れてきたら、ちょっと練習のつもりで「Amazonアフィリエイト」に挑戦してみて下さい。

挑戦と言っても、難しい事はありません。

記事に関連した「書籍」や「DVD」などを紹介するだけです。

例えば、先ほどの例にあげた『スルガ銀行』の記事なら、

  • 銀行や不正融資などの経済事件をテーマにしたノンフィクション
  • 銀行をモデルにした小説・漫画

などを紹介して「Amazonのアフィリエイトリンク」を貼るだけです。

銀行を題材にした小説なら、昨年話題になった

  • 「住友銀行秘史」
  • 「マネーロンダリング」(橘 玲さん)

などは面白くておすすめですね!

池井戸潤さん原作のドラマ「半沢直樹」のブルーレイ(or DVD)ボックスを紹介してもいいですね!

あと、銀行とはちょっとズレますが、漫画だったら

  • 「ミナミの帝王」
  • 「ナニワ金融道」

など…。

「Amazonアフィリエイト」は紹介料率は低いですが記事の下の方に「記事とジャンルがあったもの」を紹介してあげると意外に購入されます。ぜひお試しを!

「これ面白いんで、紹介します」

友達におすすめする感じで感想を書いてリンクを貼る。そんなイメージで書くのがコツです。

そうすると、読み手も「商品を売り込まれている」感じがしないしストレスがありません。

そしてそして…、

そういう記事が増えてきたら、将来的には、

  • 「銀行をテーマにした面白い小説ベスト10」
  • 「『お金』をテーマにした就職前に読んでおきたい漫画ベスト10」

などのような「まとめ記事」を作りましょう!

労力をかけずに記事が作成できますし、こういう記事って結構PVが稼げる人気記事になる場合が多いです!

みんな、まとめ記事って好きですからねぇ~…。

それで、それらの記事に内部リンク貼りあえば…、SEO効果もバッチリです!

■少し視点を変えると…『収益アップ』の種が見つかる…

ブログ記事

「Amazonアフィリエイト」というと、
一般的には「本」や「DVD」というイメージだと思いますが、

ちょっと視点を変えると『収益アップ』の種が見つかることがあります。

例えば、

●「台風上陸予想のニュース記事」

ならば、もし停電になった時にあったら便利なものとして

  • クーラーボックス+保冷剤(冷蔵庫の代わり)
  • カセットコンロ(ガスコンロの代わり)

などを紹介すると売れます。

●「東京で大雪予報のニュース記事」

ならば、

  • 雪かき用の「スコップ」
  • 長靴

などを紹介すると売れます。

あと、サラリーマンには革靴の靴底にスパイク状の滑り止めを着けられる『コロバンド』が売れますよ!

このように、「ニュース」という情報から、その後に何が起こるか…?という未来をちょっと想像してみる。

その未来に「こんなものがあったら便利だよ!」というものを『友達』に教えてあげる!

そのイメージが凄く大切なので忘れないで下さい。

頭の中で「何か売りたい!」と考えると上手くいきません。

『友達』が喜ぶ顔を想像しながら「お得な情報」を教えてあげる!

そんな気持ちで想像すると、こういう商品を紹介したら喜ばれるなぁ…という良いアイディアが浮かぶと思いますよ!

ぜひ、やってみて下さい!

■Amazonの管理画面に収益増のヒントが!

ブログ記事

あと、もう1つノウハウを紹介します。

「Amazonアフィリエイト」の管理画面を見て、売れている商品をチェックしてみると「意外…?」なものが売れている時があります。

全く無関係なものが売れている場合も多いのですが、「なぞなぞ」を解くような感覚で、なんでこの商品が売れたんだ…?ってのを想像してみると、

「意外…!」

な真実に気づくことがあるので、たまに「Amazonアフィリエイト」の管理画面をチェックして、どんな商品が売れているか?見て下さい。

「あぁ~、この記事を読むと、これが欲しくなるんだ…」

なんて意外な発見が…。

実際に私はそれで「スゴイ発見」をしたので、これっ凄くおすすめです!

【まとめ】ニュースネタをもとにブログ記事を書いてアクセスを集める方法

「ニュース」をそのまま記事にしてもアクセスは集まりません。ニュースサイトの方が上位表示されますからね…。

なのでニュースの切り口を変えて検索するユーザーの「知りたい事」を先回りして「キーワード」と「タイトル」を決めて下さい。もちろん、本文はその「キーワード」と「タイトル」を関連した内容にします。

そこがポイントです!

このやり方は、コツをつかむといろいろな記事に応用できるので、ニュース記事を使ってアクセスが「バンバン」集められるようになりますよ!

そして、その記事を読んだ人に役立つような商品があれば「Amazonアフィリエイト」で紹介する。

「こんなものがあったら便利だよ!」

というものを『友達』に教えてあげる! そのイメージが凄く大切なので忘れないで下さい。

頭の中で「何か売りたい!」と考えるのではなく『友達』が喜ぶ顔を想像しながら「お得な情報」を『友達』に教えてあげる!

そんな気持ちでイメージすると、こういう商品を紹介したら喜ばれるなぁ…という良いアイディアが浮かぶと思いますよ!

ぜひ、やってみて下さい。

■追伸

それにしても「スルガ銀行」のニュースには驚きました…。

いろいろ「スルガ銀行」について調べると

  • 「かぼちゃの馬車」のCMはベッキーが起用されていた
  • 「お前の家族皆殺しにしてやる」などの上司からのパワハラ
  • 「岡野家という華麗なる一族」
  • 「岡野家への数百億円の融資」
  • 「岡野家と天皇家の関係」

など興味深い「ネタ」の数々に気づきます。

特に一族の歴史などは、まるでどこかの小説の世界のようです。

さてさて、このようにちょっと調べてみると

「はて?数百億円の融資ってどこに行った…?」

というように今後に展開されそうなニュースが想像できるわけです。

それを記事にしましょう!というのが『今回のお話』でした…!

 

最後に…。

これはあくまでも個人的な予想ですが、そのうち「岡野会長の私的流用」の件は報道される事も無く忘れ去られるような気がします。いわゆる、どこか上の方で庶民には見えない力が働くような…。「相棒」とか刑事ドラマでたまに見るアレです…アレ…。

あくまでも予想ですが…

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*