金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見に注目 ドル円為替相場

金融政策決定会合

本日は金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見に注目です。

黒田日銀総裁の会見で出口政策に関して新たな話が出れば、円高に振れる可能性がありますが、それよりも、 黒田日銀総裁は2%の目標接近に執念を燃やしており、円安ドル高の流れが後押しされる可能性の方が高いと思われます。

本日の金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見の注目点と、今後のドル円相場の見通しについて詳しく解説します。

ドル円為替相場は黒田日銀総裁会見に注目

日銀は金融政策は現状維持を決定するとみられるが、最近、緩和政策からの出口に関して日銀がこれまでの「時期尚早」から「対話重視」に路線変更するとの一部報道があったため、にわかに黒田総裁の会見に注目が集まっている。

報道の通り出口政策に関して新たな話が出れば、円高に振れる可能性がある。

06月16日 10時08分 [フォーカス] 最近の「出口論」で黒田日銀総裁会見に注目集まるも具体的な話はなしか

日銀は16日、金融政策決定会合後の当面の方針を発表する。マーケットでは黒田総裁会見に注目している。

日銀は金融政策は現状維持を決定するとみられるが、最近、緩和政策からの出口に関して日銀がこれまでの「時期尚早」から「対話重視」に路線変更するとの一部報道があったため、にわかに黒田総裁の会見に注目が集まっている。報道の通り出口政策に関して新たな話が出れば、円高に振れる可能性がある。

しかし、物価について日銀の目標である+2%は遠い。これまでの黒田総裁の言動を考えても出口を急ぐとは考えにくい。また、円高につながると判断されることを現時点で行うともないだろう。黒田総裁は会見でサプライズ発言をしたことがない。何かあれば、発表する日銀声明で明らかにする可能性がある。

出典:FXニュースレター

金融政策決定会合では緩和継続から円安ドル高に反応か

本日の金融政策決定会合では景気判断の上方修正が見込まれており、会合にかけては当座の緩和後退や先行き出口戦略への警戒感が円高要因として警戒されやすい。

しかしながら、黒田氏は来年4月の任期にかけて2%の目標接近に執念を燃やしており、16日の日銀会合後には改めて円の戻り売り(ドルなどの外貨押し目買い)地合いが後押しされる可能性がある。

06月14日 23時48分 日銀会合、出口警戒などの円高と緩和持続の円安にらむ=15-16日

今週は日銀が15-16日に金融政策決定会合を開催する。

前週は8日にブルームバーグが「日銀が異次元緩和の出口をめぐる議論について、時期尚早としていた姿勢を改め、より丁寧な説明を行う必要があるとの認識を強めている」と報じ、出口地ならしの思惑が円高材料となる場面があった。

 今週の会合では景気判断の上方修正が見込まれており、会合にかけては当座の緩和後退や先行き出口戦略への警戒感が円高要因として警戒されやすい。

もっとも日銀の黒田東彦総裁は8日、英国での講演で「物価安定の目標である2%の達成にはなお距離がある」と語り、「われわれの intellectual journey(知性の探究)はまだ終わっていない」と緩和工夫努力の継続姿勢を示した。

 黒田氏は来年4月の任期にかけて2%の目標接近に執念を燃やしており、16日の日銀会合後には改めて円の戻り売り(ドルなどの外貨押し目買い)地合いが後押しされる可能性がある。

出典:FXニュースレター

 

【まとめ】金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見に注目 ドル円為替相場

日銀は、金融政策は現状維持を決定するとみられるが、最近、緩和政策からの出口に関して、日銀がこれまでの「時期尚早」から「対話重視」に路線変更するとの一部報道があったため、にわかに黒田総裁の会見に注目が集まっています。報道の通り出口政策に関して新たな話が出れば、円高に振れる可能性があります。

しかしながら、過去にも黒田日銀総裁が、会見でサプライズ発言をしたことは無いため、このような予想は現実的ではないでしょう。

それよりも、日銀の黒田東彦総裁は8日、英国での講演で「物価安定の目標である2%の達成にはなお距離がある」と語り、「われわれの intellectual journey(知性の探究)はまだ終わっていない」と緩和工夫努力の継続姿勢を示していたばかり。

 黒田氏は来年4月の任期にかけて2%の目標接近に執念を燃やしており、16日の日銀会合後には改めて円の戻り売り(ドルなどの外貨押し目買い)による、円安ドル高の流れが後押しされる可能性の方が高いと思われます。

本日の金融政策決定会合後の黒田日銀総裁会見に注目して下さい。

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 夏の円高、通貨危機に注意。7月後半から8月は「夏枯れ相場」

 → ドル円為替相場 キャリー取引で円安か?先行き波乱警戒

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*