2018年11月のアメリカ中間選挙どうなる?予想は民主党有利で共和党厳しい?

アメリカ中間選挙

2018年11月のアメリカ中間選挙を控え、予想では民主党有利、共和党が厳しい…?との声が出ています。



■2018年11月のアメリカ中間選挙どうなる?予想は民主党有利で共和党厳しい?

アメリカ中間選挙では例年、現職大統領の党が議席を減らすことが多いという傾向があります。

2018年現在のアメリカ中間選挙の予想では、上院はトランプ大統領の「共和党」が優勢ですが、下院は「民主党」優勢と言われています。

現在、下院は過半数が218議席で「共和党」が19議席上回っていますが「反トランプ」機運の流れが強く「民主党」議席を逆転するのでは?との予想が多いようです。

 

 

【追記】2018年9月26日

■アメリカ中間選挙の情勢…民主党リードがトランプ就任後で最大

アメリカ中間選挙の情勢は、民主党のリードが拡がりトランプ就任後で最大となっています。

現状の情勢では共和党が厳しい…?との声が出ています。

 → 【最新】アメリカ中間選挙の情勢…民主党リードがトランプ就任後で最大

【最新】アメリカ中間選挙の情勢…民主党リードがトランプ就任後で最大

 

【追記】2018年8月23日

■ 2018年11月のアメリカ中間選挙の予想は共和党が不利…?

過去のアメリカ中間選挙では「与党に不利」という歴史があります。そこでトランプ大統領は共和党による議会の過半数維持を目指し、9月にも最大でアメリカ15州を訪問する計画です。

 → 2018年11月のアメリカ中間選挙の予想は共和党が不利…?

2018年11月のアメリカ中間選挙の予想は共和党が不利…?

 

■2018年11月のアメリカ中間選挙どうなる?民主党有利で共和党厳しい…?

インターネットメディアのクック・ポリティカル・リポートによる予想では、アメリカ中間選挙でトランプ支持州の民主党上院議員10人のうち「接戦」は4人。共和党議員については3人が接戦との予想。

落選の恐れのある多くの民主党上院議員は、国民皆保険制度のような進歩的な政策目標を声高に主張したり、トランプ大統領への「抵抗」を公約したりすることは控え、地元利益の擁護者という立場を前面に押し出しています。

トランプ勝利州の民主候補、アメリカ中間選挙どうなる 

 モンタナ州の山あいの州都に住む米陸軍の退役軍人ジェリー・スウィックさんは、今秋の中間選挙で民主党現職のジョン・テスター上院議員に投票するつもりだ。ただ、それをドナルド・トランプ大統領にどう伝えたらいいのかは分からない。スウィックさんは2016年の大統領選でトランプ氏に投票した。

 トランプ大統領は5日、この州で自身の支持者を集め、テスター議員の対立候補である共和党のマット・ローゼンデール州監査役のために選挙集会を開く予定だ。

 スウィックさんは「もしトランプ大統領が私のところへ来てローゼンデール氏に投票するよう頼んだら、私は『もちろん』と返事するだろう。でも投票日にはやっぱりテスター氏に入れる」と語った。

 16年の大統領選でトランプ氏が勝利した州では今秋、同氏と州選出の民主党上院議員がスウィックさんのような有権者を巡って争うことになる。トランプ大統領を今も熱烈に支持しながらも民主党現職議員の続投を望みそうな有権者だ。トランプ氏がヒラリー・クリントン民主党候補に勝った州から選出され、今年再選を目指す民主党上院議員は10人おり、テスター氏もその1人である。

 上院での共和党の議席数は51で、対する民主党の議席数は49。共和党は11月の中間選挙でトランプ支持州の民主党議員数人に勝利することで、よそでの議席減を埋め合わせ、勢力を維持・拡大させることを狙っている。

 インターネットメディアのクック・ポリティカル・リポートによると、トランプ支持州の民主党上院議員10人のうち「接戦」は4人。共和党議員については3人が接戦とされている。テスター氏は再選される可能性が「高い」と分類されている。

 落選の恐れのある多くの民主党上院議員は、国民皆保険制度のような進歩的な政策目標を声高に主張したり、トランプ大統領への「抵抗」を公約したりすることは控え、地元利益の擁護者という立場を前面に押し出している。

 テスター議員の場合は、公有地政策を重視しているほか、退役軍人層の共感を得ることに力点を置いている。また同氏最大の資産とされる「真のモンタナ人」との評価を誇示することにも努めている。昔、自分の農場でひき肉処理機の作業中に3本の指を失ったからだ。

 農家の3代目であるテスター氏は3日、豆畑を耕していた。普段はワシントンでの議員活動や広大な州に住む選挙区民との会合の合間に、1日12時間農作業をしている。

 共和党は、現職の民主党上院議員が地元州にいかにアピールしようとも、モンタナのような州ではトランプ氏のほうが強力な資産となると主張する。モンタナ州ではトランプ氏がクリントン氏に20ポイントの大差で勝利した。デブラ・ラム州共和党委員長は「テスター氏は大統領をまったく支持していない」とし、「彼の形勢は不利だと思う」と話す。

 テスター氏は、共和党提出の税制改革法案や医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃・代替法案など、ホワイトハウスが推進する法案にことごとく反対してきた。トランプ氏が最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチ氏の承認にも反対票を投じ、退役軍人長官に指名されたロニー・ジャクソン氏に関する疑惑を公表して指名辞退に追い込むことにも一役買った。

 トランプ氏は5日、遊説でモンタナ州グレートフォールズを訪れる。その際にローゼンデール氏を舞台に上げて、「米国再生」のための政策課題を推進するには同氏の存在が不可欠だと訴える見通しだ。

 民主党は、メリーランド州ボルティモア出身のローゼンデール氏を攻撃する広告で同氏を「メリーランド・マット」と呼ぶ。地元モンタナ州出身のテスター氏と対比させるのが狙いだ。ローゼンデール氏はこの戦略について、トランプ大統領の政策の多くに反対するテスター議員の姿勢から人々の注意をそらせるものだと述べた。

 ローゼンデール氏はインタビューで「(モンタナ州の)人々がトランプ大統領の提示したアジェンダを好んでいるなら、ジョン・テスターよりマット・ローゼンデールが上院議員になったほうが現実化の公算がずっと大きい」と述べた。

 冒頭に紹介した退役軍人のスウィックさんは、テスター議員に投票することがトランプ氏への批判票だとは考えていない。むしろトランプ氏には大統領を2期務めてほしいと思っている。「テスター議員には実績がある」と話し、議員が退役軍人の味方として行動していることを挙げた。「私は決心している」

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

アメリカ中間選挙 事前予想では民主党が有利でトランプ共和党ピンチ

有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、2018年11月のアメリカ中間選挙予想において、民主党が共和党から議会の主導権を奪うことを有権者は期待しているようです。

民主党の世論調査専門家フレッド・ヤン氏は、今回の調査は「ドナルド・トランプ氏に対する拒絶を指し示した。民主党に有利だ」と述べた。

アメリカ中間選挙まで残り5カ月になった現時点で、民主党員の方が選挙を意識しています。中間選挙に非常に関心を持っているとした民主党員は約63%に上った一方、共和党員では47%。

中間選挙の結果次第では、トランプ政権は軌道修正を余儀なくされる。仮に議会の勢力が逆転して民主党が主導権を握れば、「国境の壁」建設や保守派判事の起用といったトランプ氏の計画への抵抗が増すだろう。

アメリカ中間選挙への関心度、民主が共和を圧倒

 有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、NBCニュースと共同で行った調査の結果として、11月の米議会中間選挙に、民主党員は共和党員よりかなり大きな関心を寄せている、と報じている。また総合的に見ると、民主党が共和党から議会の主導権を奪うことを有権者は期待しているようだ。

出典:FXニュースレター

アメリカ中間選挙への関心度、民主が共和を圧倒=WSJ/NBC調査

11月の米議会中間選挙に、民主党員は共和党員よりかなり大きな関心を寄せている。また総合的に見ると、民主党が共和党から議会の主導権を奪うことを有権者は期待しているようだ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCニュースの共同調査で明らかにった。

 ドナルド・トランプ大統領の支持率は就任以降で最高水準の44%に改善した。一方で、不支持の回答も約53%に上った。支持率は1回目の中間選挙を控えた時期のバラク・オバマ前大統領(民主)、ロナルド・レーガン元大統領(共和)と同水準だ。

 民主党の世論調査専門家フレッド・ヤン氏は、今回の調査は「ドナルド・トランプ氏に対する拒絶を指し示した。民主党に有利だ」と述べた。

 トランプ氏と共和党に前向きな材料もあった。調査対象者の3分の2近くが、トランプ政権下で景気が上向いたとの見方を示した。それをトランプ氏の功績だとしたのは44%で、1年前より6ポイント上がった。

 トランプ氏は共和党内での人気も引き続き高い。党内での支持率は84%と、就任以降で最高水準だ。

 それでも民主党に議会を掌握して欲しいとの回答は50%あった。共和党の議会支配を望んだのは40%だった。

 中間選挙まで残り5カ月になった現時点で、民主党員の方が選挙を意識している。中間選挙に非常に関心を持っているとした民主党員は約63%に上った一方、共和党員では47%だった。

 2016年の米大統領選へのロシア干渉疑惑を巡っては、ロバート・モラー特別検察官が公平に捜査するとの見方が半分超を占めた。モラー氏の捜査の継続を希望したのは約46%、終結を希望したのは36%だった。

 中間選挙の結果次第では、トランプ政権は軌道修正を余儀なくされる。仮に議会の勢力が逆転して民主党が主導権を握れば、「国境の壁」建設や保守派判事の起用といったトランプ氏の計画への抵抗が増すだろう。

 調査対象者の48%は、トランプ氏の抑制を掲げる候補に投票する可能性の方が高いとした。逆にその可能性の方が低いとしたのは23%だった。政策課題についてトランプ氏の姿勢をほぼ全面的に支持すると約束する候補については、支持する可能性の方が高いとしたのは31%、支持しない可能性の方が高いとしたのは53%だった。

 民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務を支持する人は少なかった。ペロシ氏を下院議長に推す候補を支持しない可能性の方が高いとする回答と、支持する可能性の方が高いとする回答は2対1で前者の方が多かった。

 この調査は今月1~4日、登録有権者900人を対象に実施したもの。誤差の範囲はプラスマイナス3.27ポイント

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

アメリカ中間選挙 カリフォルニア州で共和党厳しい?

 カリフォルニア州では過去20年にわたり共和党は勢いを失ってきたが、その傾向は強まっているかもしれない。米議会で最近可決された減税法案は、州や地方税および住宅ローンへの税額控除を制限している。高額な不動産物件が多く税金の高いカリフォルニア州などをピンポイントで狙ったような内容だ。

またドナルド・トランプ米大統領の移民政策は、ヒスパニック系やアジア系の人口が多い同州で極めて不評だ。さらにトランプ氏は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を決め、地球温暖化の危険性を否定する傾向がある。これは米国内でも環境保護意識が高い人が多く住むカリフォルニア州では反感を買っている。

そして、共和党は医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃を目指しているが、同法への支持が強かったカリフォルニア州ではこれも不評だ。

これらすべてが重なれば、すでに苦しい立場にある共和党議員はさらなる苦境に簡単に陥るだろう。

 カリフォルニア州の連邦上院議席は既に民主党が独占し、州知事の座も民主党が獲得した。また州のほぼ全ての公職やカリフォルニア州に割り振られた連邦下院53議席中39議席も民主党が占めている。

 それに加え、共和党が保持する残り14の下院議席も今年の中間選挙で危機にさらされ、連邦議会の過半数をどちらの党が取るのか分からない状況だ。

 選挙予測サイト「クック・ポリティカル・リポート」は、アメリカ中間選挙予想では14人の共和党下院議員を選出したカリフォルニア州選挙区のうち8つでは激戦が展開されると予測。3選挙区は五分五分、つまり民主党に奪われる可能性と共和党が維持する可能性が同じ程度だと予測している。仮に共和党が今年の中間選挙で健闘を見せたとしても、大統領選ではカリフォルニア州は共和党にとって厳しい場所になるだろう。

アメリカ中間選挙、共和党に立ちはだかる加州

 米国で最も人口が多い州であるカリフォルニア州は下院で53議席が割り振られ、選挙人も55人が配分されている。中間選挙が実施される2018年が始まった今、同州は共和党の政治的課題となりつつある。

 同州では過去20年にわたり共和党は勢いを失ってきたが、その傾向は強まっているかもしれない。米議会で最近可決された減税法案は、州や地方税および住宅ローンへの税額控除を制限している。高額な不動産物件が多く税金の高いカリフォルニア州などをピンポイントで狙ったような内容だ。

 法案には共和党の下院議員12人が反対票を投じたが、そのうち2票はカリフォルニア州選出の議員だ。法案に賛成したカリフォルニア州選出議員の中には、疑念を示しつつ票を投じた人もいた。

 またドナルド・トランプ米大統領の移民政策は、ヒスパニック系やアジア系の人口が多い同州で極めて不評だ。

 不法移民に寛容な「聖域都市」では連邦移民当局による取り締まりへの協力や不法移民を見つけ出して国外へ退去させることを拒んでいるが、トランプ政権はこれら都市への補助金交付を停止しようとした。これに対抗し、カリフォルニア州とサンフランシスコ市は政府を訴えている。

 トランプ氏は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を決め、地球温暖化の危険性を否定する傾向がある。これは米国内でも環境保護意識が高い人が多く住むカリフォルニア州では反感を買っている。

 共和党は医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃を目指しているが、同法への支持が強かったカリフォルニア州ではこれも不評だ。

 これらすべてが重なれば、すでに苦しい立場にある共和党議員はさらなる苦境に簡単に陥るだろう。

 カリフォルニア州の連邦上院議席は既に民主党が独占し、州知事の座も民主党が獲得した。また州のほぼ全ての公職やカリフォルニア州に割り振られた連邦下院53議席中39議席も民主党が占めている。

 それに加え、共和党が保持する残り14の下院議席も今年の中間選挙で危機にさらされ、連邦議会の過半数をどちらの党が取るのか分からない状況だ。カリフォルニア州選出の現職共和党議員の半数は、2016年の米大統領選で民主党ヒラリー・クリントン氏が勝利した選挙区から選出されている。

 選挙予測サイト「クック・ポリティカル・リポート」は、この14人の共和党下院議員を選出したカリフォルニア州選挙区のうち8つでは激戦が展開されると予測。3選挙区は五分五分、つまり民主党に奪われる可能性と共和党が維持する可能性が同じ程度だと予測している。

 これはつまり、下院の過半数獲得のため24議席を獲得したい民主党にとって、カリフォルニア州がまず第一のターゲットになるということだ。

 共和党の元政治コンサルタントで今は南カリフォルニア大学教授のダン・シュヌール氏は、「現職の共和党議員は今もかなり厳しい立場にいる」と話す。

 シュヌール氏はロサンゼルス・タイムズへの寄稿で、「党指導部がより保守的な地域の要望に集中する中、(カリフォルニア州の共和党議員は)放置されている状況だ」とした。

 新たな減税はカリフォルニア州で問題になるような条項が含まれているものの、シュヌール氏は州選出の共和党議員にとって、これがわずかながら有利に働くかもしれないと指摘する。共和党支持層を奮起させる他、共和党とカリフォルニア州の住民を分断する社会問題ではなく経済問題が論争の的になるかもしれないからだ。

 それでもシュヌール氏は、「郊外の選挙区から選出された共和党議員にとっての最大の課題は、立法議会どうこうではなく文化的な面だ。これら地域の有権者はトランプ氏の政策アジェンダよりも彼の態度の方をよほど不快に思っているからだ」と指摘。移民政策は「現職共和党議員にとって最大のチャレンジ」に浮上するだろうと語った。

 仮に共和党が今年の中間選挙で健闘を見せたとしても、大統領選ではカリフォルニア州は共和党にとって厳しい場所になるだろう。

 今となっては信じがたいがカリフォルニア州はそう遠くない昔、大統領選への野心を見せる共和党にとって大きな支持基盤だった。同州に大量の選挙人が配分されていることで「1970年代と1980年代は共和党がほぼ確実に大統領の座を奪ってきた」とアルマナック・オブ・アメリカン・ポリティクスは記している。

 潮目が変わったのは1990年代だ。いくつか理由はあるが、不法移民に対して州の支援を打ち切る住民提案187号を支持したピート・ウィルソン知事が再選したのを受けてヒスパニック系住民の間では共和党人気に陰りが見え始め、党全体の勢いもそれに続いて衰えていった。

 2012年の大統領選ではバラク・オバマ氏がカリフォルニア州で60%の票を獲得。2016年にはクリントン氏が62%の票を集め、4年前のオバマ氏の獲得投票数にさらに90万票ほど上乗せした。

 2016年の大統領選では、カリフォルニア州の4つの郡が共和党支持から民主党支持に変わった。その中には共和党保守派のとりでとして長年知られてきたオレンジ郡も含まれている。

 民主党候補がオレンジ郡で勝利を収めたのは、フランクリン・ルーズベルト大統領の時代以来だ。同郡から選出された共和党のダナ・ローラバッカー、ダレル・アイサ両下院議員が、議席維持が最も危惧される現職として取りざたされる。両氏こそ、税制法案に反対票を投じた2人のカリフォルニア州選出議員だ。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

■アメリカ中間選挙 関連記事

アメリカ中間選挙の年は、ダウ下落のアノマリー。株価暴落に要注意!

トランプ大統領の最低の支持率が急回復した、ある出来事とは…?

2018年11月のアメリカ中間選挙予想 共和党が厳しいとの声…

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*